基本情報

写真b

朝野 仁裕

ASANO Yoshihiro


キーワード

ゲノム医学、臨床遺伝学、循環器内科学、分子生物学、病態生理学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3472

FAX番号

06-6879-3473

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年06月01日 ~ 2008年12月31日,医学系研究科,特任研究員,専任

  • 2009年07月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,寄附講座助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 2012年01月31日,医学系研究科,寄附講座助教,専任

  • 2012年02月01日 ~ 2017年02月28日,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2017年03月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1996年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 医学博士 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院・臨床研修補助 1996年04月 ~ 1996年05月
大阪府立急性期・総合医療センター・医員   (心臓内科) 1997年06月 ~ 2001年03月
日本学術振興会特別研究員 2005年04月 ~ 2008年03月
国立循環器病センター・リサーチレジデント  (心臓血管内科) 2008年04月
大阪大学大学院医学系研究科・特任研究員  (分子心血管医学) 2008年05月 ~ 2008年12月
大阪大学医学部附属病院    ・医員      (循環器内科) 2009年01月 ~ 2009年06月
大阪大学大学院医学系研究科・寄付講座助教(先進心血管治療学) 2009年07月 ~ 2012年01月
大阪大学大学院医学系研究科・助教      (循環器内科学) 2012年02月 ~ 2012年03月
大阪大学大学院医学系研究科・助教(医学部講師)      (循環器内科学) 2012年04月 ~ 2017年02月
大阪大学大学院医学系研究科・講師(循環器内科学) 2017年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ゲノム医学・ゲノム創薬・臨床遺伝学

    (次世代ゲノム解析・網羅的エピゲノム/遺伝子発現解析・インフォマティクス解析による病態分子探索とそれに基づく創薬研究)
    医化学関連,病態医化学関連,薬系化学および創薬科学関連,医療薬学関連

  • 分子循環器病学、分子病態学
    循環器内科学関連,病態医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本人類遺伝学会

  • 米国心臓協会

  • 日本循環器学会

  • 日本心不全学会

  • 日本心臓病学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A Development of Nucleic Chromatin Measurements as a New Prognostic Marker for Severe Chronic Heart Failure.,Kanzaki M, Asano Y, et al.,PLoS One,11(2) e0148209,2016年01月,学術論文

  • Higd1a is a positive regulator of cytochrome c oxidase.,Hayashi T, Asano Y, Shintani Y, Aoyama H, Kioka H, Tsukamoto O, Hikita M, Shinzawa-Itoh K, Takafuji K, Higo S, Kato H, Yamazaki S, Matsuoka K, Nakano A, Asanuma H, Asakura M, Minamino T, Goto Y, Ogura T, Kitakaze M, Komuro I, Sakata Y, Tsukihara T, Yoshikawa S, Takashima S,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,2015 Feb 3;112(5):1553-8,2015年02月,http://www.pnas.org/cgi/doi/10.1073/pnas.1419767112,学術論文

  • Augmented AMPK activity inhibits cell migration by phosphorylating the novel substrate Pdlim5.,Yan Y, Tsukamoto O, Nakano A, Kato H, Kioka H, Ito N, Higo S, Yamazaki S, Shintani Y, Matsuoka K, Liao Y, Asanuma H, Asakura M, Takafuji K, Minamino T, Asano Y, Kitakaze M, Takashima S.,2015年01月,学術論文

  • Noninvasive and quantitative live imaging reveals a potential stress-responsive enhancer in the failing heart.,Matsuoka K, Asano Y* (corresponding author), Higo S, Tsukamoto O, Yan Y, Yamazaki S, Matsuzaki T, Kioka H, Kato H, Uno Y, Asakura M, Asanuma H, Minamino T, Aburatani H, Kitakaze M, Komuro I, Takashima S. ,FASEB J.,2014 Apr;28(4):1870-9.,2014年04月,学術論文

  • Evaluation of intra-mitochondrial ATP levels identifies G0/G1 switch gene 2 as a positive regulator of oxidative phosphorylation.,Kioka A, Kato A, Makoto Fujikawa M, Tsukamoto O, Suzuki T, Imamura H, Nakano A, Higo S, Yamazaki S, Matsuzaki T, Takafuji K, Asanuma H, Asakura M, Minamino T, Shintani Y, Yoshida M, Noji H, Kitakaze M, Komuro I, Asano Y* (corresponding author), Takashima S*.,Proc. Natl. Acad. Sci. USA.,2014 Jan 7;111(1):273-8.,2014年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,IRUD解析センターにおけるゲノム解析の臨床応用,朝野仁裕,宮下洋平,最新医学社,2019年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年 日本心不全学会 第6回学術賞,朝野仁裕,日本心不全学会,2018年10月

  • 2008年 米国心臓協会(AHA)Louis N. and Arnold M. Katz Basic Science Young Investigator Award Finalist,朝野仁裕,American Heart Association,2008年11月

  • 2008年 日本循環器病学会学術集会 Young Investigator Award Finalist,朝野仁裕,日本循環器病学会,2008年03月

  • 2007年 第11回 日本心臓財団 心血管病研究助成 最優秀賞,朝野仁裕,日本心臓財団,2007年02月

  • 2004年 第30回 日本心臓財団 研究奨励,朝野仁裕,日本心臓財団,2004年12月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 突然死「偽遺伝子」も関与? 心筋症新規遺伝子の同定,読売新聞,2004年02月

  • 心突然死を起こす病原遺伝子発見 阪大など研究グループ,朝日新聞,2004年01月

  • 突然死の原因遺伝子を特定 阪大,日本経済新聞,2004年01月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学国際シンポジウム~次世代医学アカデミア・データセンター情報基盤構築を目指して~,「ゲノム疫学研究」,2015年02月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本循環器学会近畿地方会,評議員,2014年12月 ~ 継続中

  • 学会,国際心臓研究会日本部会,評議員,2014年12月 ~ 継続中

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学医学部附属病院 遺伝子診療部運営部会 運営委員 ,2012年04月 ~ 継続中

  • 日本内科学会 内科指導医,2011年09月 ~ 継続中

  • 大阪大学医学部附属病院 睡眠医療センター運営部会 運営委員,2011年04月 ~ 継続中

  • 大阪大学医学部附属病院 感染制御部運営部会 運営委員,2010年01月 ~ 2012年03月

  • 循環器内科病棟主任,2009年04月 ~ 2010年03月

全件表示 >>