基本情報

写真b

猪阪 善隆

ISAKA Yoshitaka


キーワード

腎臓、移植、免疫、遺伝子治療

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3857

FAX番号

06-6879-3230

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年10月01日 ~ 2005年01月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助手,専任

  • 2005年02月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,寄附講座助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年09月30日,医学系研究科,寄附講座准教授,専任

  • 2009年10月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2015年09月30日,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

  • 2015年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学系研究科  修了 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学系研究科 腎臓内科学・教授 2015年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 腎臓疾患、遺伝子治療
    腎臓内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会日本移植学会、日本遺伝子治療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Incidence of remission and relapse of proteinuria, end-stage kidney disease, mortality, and major outcomes in primary nephrotic syndrome: the Japan Nephrotic Syndrome Cohort Study (JNSCS).,Yamamoto R, Imai E, Maruyama S, Yokoyama H, Sugiyama H, Nitta K, Tsukamoto T, Uchida S, Takeda A, Sato T, Wada T, Hayashi H, Akai Y, Fukunaga M, Tsuruya K, Masutani K, Konta T, Shoji T, Hiramatsu T, Goto S, Tamai H, Nishio S, Shirasaki A, Nagai K, Yamagata K, Hasegawa H, Yasuda H, Ichida S, Naruse T, Nishino T, Sobajima H, Tanaka S, Akahori T, Ito T, Terada Y, Katafuchi R, Fujimoto S, Okada H, Ishimura E, Kazama JJ, Hiromura K, Mimura T, Suzuki S, Saka Y, Sofue T, Suzuki Y, Shibagaki Y, Kitagawa K, Morozumi K, Fujita Y, Mizutani M, Shigematsu T, Kashihara N, Sato H, Matsuo S, Narita I, Isaka Y,Clinical and experimental nephrology,2020年03月,学術論文

  • Hidden Hypocalcemia as a Risk Factor for Cardiovascular Events and All-Cause Mortality among Patients Undergoing Incident Hemodialysis.,Yamaguchi S, Hamano T, Doi Y, Oka T, Kajimoto S, Kubota K, Yasuda S, Shimada K, Matsumoto A, Hashimoto N, Sakaguchi Y, Matsui I, Isaka Y,Scientific reports,10(1) 4418,2020年03月,学術論文

  • Drinking frequency modifies an association between salt intake and blood pressure: A cohort study.,Yoshimura R, Yamamoto R, Shinzawa M, Tomi R, Ozaki S, Fujii Y, Ito T, Tanabe K, Moriguchi Y, Isaka Y, Moriyama T,Journal of clinical hypertension (Greenwich, Conn.),2020年03月,学術論文

  • Autophagy protects kidney from phosphate-induced mitochondrial injury.,Fujimura R, Yamamoto T, Takabatake Y, Takahashi A, Namba-Hamano T, Minami S, Sakai S, Matsuda J, Hesaka A, Yonishi H, Nakamura J, Matsui I, Matsusaka T, Niimura F, Yanagita M, Isaka Y,Biochemical and biophysical research communications,524(3) 636-642,2020年02月,学術論文

  • D-Amino acids and kidney diseases.,Kimura T, Hesaka A, Isaka Y,Clinical and experimental nephrology,2020年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,薬剤性腎障害(DKI)診療Q&A,猪阪 善隆,診断と治療社,ISBN,978-4-7878-2250-5,2017年02月

  • 専門著書,医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,猪阪 善隆,医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団,2016年12月

  • 専門著書,腎と透析,猪阪 善隆、他,東京医学社,2016年11月

  • 専門著書,THE BONE,松井 功、他,メディカルレビュー社,ISBN,978-4-7792-1834-7,2016年11月

  • 専門著書,臨牀透析,猪阪 善隆,日本メディカルセンター,2016年09月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本腎臓学会大島賞,猪阪善隆,日本腎臓学会,1998年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • A New Angle on CKD,The Pathologist,2016年10月

  • 腎臓病予後推定 血中D-アミノ酸で,化学工業日報,2016年05月

  • 慢性腎臓病 悪化を予測 阪大チーム,読売新聞,2016年05月

  • 腎臓病の悪化予測 阪大など 新規物質発見,日本経済新聞,2016年05月

  • 細胞内物質分解のリソソーム、オートファジーで修復 − 阪大 ,日刊工業新聞,2013年08月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人日本臨床栄養学会 2015年度認定臨床栄養医研修会プログラム(大阪,「慢性腎臓病患者の栄養指導」,2015年07月