基本情報

写真b

仲野 和彦

NAKANO Kazuhiko


生年月

1971年11月

キーワード

小児歯科学,う蝕,感染性心内膜炎,ミュータンスレンサ球菌,口腔レンサ球菌,歯周疾患,歯周病原性細菌,循環器疾患,消化器疾患,獣歯科医学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2962

FAX番号

06-6879-2965

URL

http://web.dent.osaka-u.ac.jp/~pedo/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年01月01日 ~ 2007年03月31日,歯学部附属病院,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年05月31日,歯学部附属病院,助教,専任

  • 2007年06月01日 ~ 2011年09月30日,歯学部附属病院,講師,専任

  • 2011年10月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 分子病態口腔科学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2014年07月31日,歯学研究科 口腔科学専攻,准教授,専任

  • 2014年08月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 歯学部  卒業 学士 1996年03月
大阪大学    修了 博士(歯学) 2002年11月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学歯学部研究生 1996年04月 ~ 1996年05月
大阪大学歯学部附属病院研修医 1996年06月 ~ 1997年03月
大阪大学歯学部附属病院医員 1997年04月 ~ 2003年12月
大阪大学助手歯学部附属病院 2003年12月 ~ 2007年03月
大阪大学助教歯学部附属病院 2007年04月 ~ 2007年05月
大阪大学講師歯学部附属病院 2007年05月 ~ 2011年09月
大阪大学准教授大学院歯学研究科 2011年10月 ~ 2014年07月
大阪大学教授大学院歯学研究科 2014年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 感染性心内膜炎患者血液より分離したS. mutansの性状の検討
    細菌学関連,心臓血管外科学関連,循環器内科学関連,膠原病およびアレルギー内科学関連

  • S. mutans新規血清型の確立と臨床的意義の検索
    細菌学関連

  • 唾液・歯垢中に含まれる歯周病原性細菌の検出と歯周炎発症リスク患者予知への応用
    保存治療系歯学関連,成長および発育系歯学関連

  • S. mutans の血液中での病原性の検討
    細菌学関連,膠原病およびアレルギー内科学関連

  • 分子疫学的手法を用いたS. mutansビルレンスの識別
    細菌学関連,成長および発育系歯学関連,保存治療系歯学関連

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学歯学会

  • 国際歯科研究学会日本部会

  • 国際歯科研究学会

  • 日本小児歯科学会

  • ヨーロッパう蝕学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of oral flora before and after triple therapy for Helicobacter pylori eradication in patient with gastric disease., Kadota T, Ogaya Y, Hatakeyama R, Nomura R, Nakano K.,Odontology,2018年10月,学術論文

  • A potential new risk factor for stroke: Streptococcus mutans with collagen-binding protein. ,Inenaga C, Hokamura K, Nakano K, Nomura R, Naka S, Ohashi T, Ooshima T, Kuriyama N, Hamasaki T, Wada K, Umemura K, Tanaka T.,World Neurosurgery,113:e77-e81.,2018年05月,学術論文

  • Molecular and clinical analyses of Helicobacter pylori colonization in inflamed pulp. ,Nomura R, Ogaya Y, Matayoshi S, Morita Y, Nakano K.,BMC Oral Health,18: 64.,2018年04月,学術論文

  • Inhibitory effect of surface pre-reacted glass-ionomer (S-PRG) elute against adhesion and colonization by Streptococcus mutans. ,Nomura R, Morita Y, Matayoshi S, Nakano K.,8: 5056.,2018年03月,学術論文

  • Campylobacter rectus in the oral cavity correlates with proteinuria in IgA nephropathy patients. ,Misaki T, Naka S, Wato K, Hatakeyama R, Nagasawa Y, Ito S, Inaba H, Nomura R, Matsumoto-Nakano M, Nakano K.,Nephron,139:143-149.,2018年02月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成23年度大阪大学総長顕彰,仲野和彦,大阪大学,2012年08月

  • Best Original Article Award (Oral Diseases 2011),Nakano K, Wada K, Nomura R, Nemoto H, Inaba H, Kojima A, Naka S, Hokamura K, Mukai T, Nakajima A, Umemura K, Kamisaki Y, Yoshioka H, Taniguchi K, Amano A, Ooshima T.,Oral Diseases,2011年12月

  • 平成19年度大阪大学教育・研究功績賞,仲野和彦,大阪大学,2008年02月

  • 平成18年度日本小児歯科学会学術賞,仲野和彦,日本小児歯科学会,2007年07月

  • 第7回大阪大学歯学部弓倉学術奨励賞,仲野和彦,大阪大学歯学部弓倉奨学会,2004年12月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • イオン飲料 飲み方注意,読売新聞,2018年08月

  • 妊娠中の歯のケア,朝日新聞,2016年09月

  • どうしました 過剰歯が見つかった,朝日新聞,2014年12月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • Joint scientific syposium -Current and future challenges in dentistry,Novel guideline for prevention of infective endocarditis in Japan,2019年03月

  • 福島区歯科医師会学術講演会,小児に対するう蝕治療の基本と最近のトピックス,2019年03月

  • 第27回茨城県歯科医学会セミナー,歯科医師が早期発見できる全身疾患ー低ホスファターゼ症ー,2019年02月

  • 兵庫県保険医協会 2019年2月歯科定例研究会,小児に対するう蝕治療と小児歯科領域における最近のトピックス,2019年02月

  • 狭山美原歯科医師会学術講習会,小児に対するう蝕治療の基本と最近のトピックス,2019年02月

全件表示 >>