基本情報

写真b

中村 昇太

NAKAMURA Syouta


キーワード

結晶構造解析・バイオインフォマティクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8318

FAX番号

06-6879-2047

URL

http://nkmr.biken.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,微生物病研究所,特任助手(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,微生物病研究所,特任助教(常勤),専任

  • 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,特任准教授(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学研究科  修了 博士(薬学) 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学微生物病研究所・特任助教 2006年04月 ~ 2011年03月
大阪大学微生物病研究所・助教 2011年04月 ~ 2016年03月
大阪大学微生物病研究所・特任准教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • メタゲノミクスによる感染症診断
    医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本結晶学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本細菌学会

  • 日本ウイルス学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • characterization of virulent plasmid in Providencia rustigianii isolated from a child with diarrhea in Japan,J. Hassan1, S. P. Awasthi1, N. Hatanaka, P. H. Hoang1, S. Nakamura2, D. Motooka2, A. Shima1, G.,日米医学協力研究会、コレラ及び腸管感染症部会,2019年02月,会議報告/口頭発表

  • Characterization of Vibrio cholerae isolates from two distinct Kenyan cholera outbreaks in 2007 and 2009,S. P. Awasthi1, S. M. Saidi1,2, N. Chowdhury1, M. Asakura1, P. H. Hoang1, A. Hinenoya1, D. Motooka3, S. Nakamura3, Y. Iijima4 and S. Yamasaki1,日米医学協力研究会、コレラ及び腸管感染症部会,2019年02月,国際会議(proceedingsあり)

  • BATF2 prevents T cell-mediated intestinal inflammation through regulation of the IL-23/IL-17 pathway.,Kayama H, Tani H, Kitada S, Opasawatchai A, Okumura R, Motooka D, Nakamura S, Takeda K,International immunology,2019年02月,学術論文

  • Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging. ,Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T.,Nat Commun,10(1) 847,2019年02月,学術論文

  • Diffusely adherent Escherichia coli strains isolated from healthy carriers suppress cytokine secretions of epithelial cells stimulated by inflammatory substances.,Tanimoto Y, Tamai S, Matsuzaki T, Takeuchi N, Noju T, Yanagida S, Kage-Nakadai E, Yamaguchi Y, Kodama T, Nakamura S, Motooka D, Iida T, Nishikawa Y.,infection and immunity,87(1),2019年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ウイルス検出のためのNGS解析のデザインと運用,中村昇太,PHARM TECH JAPAN,2018年06月

  • 一般著書,化学療法の領域 メタゲノム解析による病原体検出ー現状と課題ー,中村 昇太、飯田 哲也,医薬ジャーナル社,ISBN,978-4-7532-8127-5,2017年07月

  • 専門著書,今すぐ始める!メタゲノム解析 実験プロトコール,元岡大祐、中村昇太、飯田哲也、堀井俊宏,羊土社,ISBN,978-4-7581-0197-4,2016年12月

  • 一般著書,次世代シーケンサー活用術:トップランナーの最新研究事例に学ぶ,中村 昇太、飯田 哲也、中屋 隆明、堀井 俊宏,化学同人,ISBN,978-4-7598-1590-0,2015年02月

  • 専門著書,次世代シークエンス解析スタンダード  NGSのポテンシャルを活かしきるWET&DRY,中村 昇太 他,羊土社,ISBN,978-4-7581-0191-2,2014年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞,中村 昇太,大阪大学,2014年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 腸管定着に「接着剤」,日本経済新聞,2018年07月

  • 病原性大腸菌がヒト腸管に付着する仕組みを解明,Science Codex (2018/7/11) USA (2 tweets),2018年07月

  • 病原性大腸菌がヒト腸管に付着する仕組みを解明,BrightSurf.com (2018/7/10) UK,2018年07月

  • 病原性大腸菌がヒト腸管に付着する仕組みを解明,The Medical News (2018/7/11) AUS,2018年07月

  • 病原性大腸菌がヒト腸管に付着する仕組みを解明,Phys.org (2018/7/11) USA (5 tweets, 1 Like, 2 shares),2018年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第92回 日本細菌学会 ランチョンセミナー,17S解析からショットガンメタゲノミクスへ,2019年04月

  • 富士通次世代クラウドシンポジウム,DNA Sequence Analysis with DLU,2019年02月

  • 雲雀丘学園高校見学対応,微生物と共に生きる人生を知ろう,2018年12月

  • 第15回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム【第385回生存圏シンポジウム】,ヒト常在細菌叢と病原細菌,2018年11月

  • 第41回日本分子生物学会年会(展示ブース),遺伝情報実験センター・ゲノム解析室の活動について,2018年11月

全件表示 >>