基本情報

写真b

中村 昇太

NAKAMURA Syouta


キーワード

結晶構造解析・バイオインフォマティクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8318

FAX番号

06-6879-2047

URL

http://nkmr.biken.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月01日 ~ 2007年03月31日,微生物病研究所,特任助手(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,微生物病研究所,特任助教(常勤),専任

  • 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,特任准教授(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 薬学研究科  修了 博士(薬学) 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学微生物病研究所・特任助教 2006年04月 ~ 2011年03月
大阪大学微生物病研究所・助教 2011年04月 ~ 2016年03月
大阪大学微生物病研究所・特任准教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • メタゲノミクスによる感染症診断
    医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本結晶学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本細菌学会

  • 日本ウイルス学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High Prevalence of Colistin-Resistant Escherichia coli with Chromosomally Carried <i>mcr-1</i> in Healthy Residents in Vietnam.,Yamaguchi T, Kawahara R, Hamamoto K, Hirai I, Khong DT, Nguyen TN, Tran HT, Motooka D, Nakamura S, Yamamoto Y,mSphere,5(2),2020年03月,学術論文

  • Whole-genome sequencing and comparative analysis of the genomes of Bacteroides thetaiotaomicron and Escherichia coli isolated from a healthy resident in Vietnam.,Mohsin M, Tanaka K, Kawahara R, Kondo S, Noguchi H, Motooka D, Nakamura S, Khong DT, Nguyen TN, Hoang TN, Yamamoto Y,Journal of global antimicrobial resistance,2020年03月,学術論文

  • <i>Bordetella</i> Dermonecrotic Toxin Is a Neurotropic Virulence Factor That Uses Ca<sub>V</sub>3.1 as the Cell Surface Receptor.,Teruya S, Hiramatsu Y, Nakamura K, Fukui-Miyazaki A, Tsukamoto K, Shinoda N, Motooka D, Nakamura S, Ishigaki K, Shinzawa N, Nishida T, Sugihara F, Maeda Y, Horiguchi Y,mBio,11(2),2020年03月,学術論文

  • Expression of small RNAs of Bordetella pertussis colonizing murine tracheas.,Hiramatsu Y, Suzuki K, Motooka D, Nakamura S, Horiguchi Y,Microbiology and immunology,2020年03月,学術論文

  • Dysregulated Expression of the Nuclear Exosome Targeting Complex Component Rbm7 in Nonhematopoietic Cells Licenses the Development of Fibrosis.,Fukushima K, Satoh T, Sugihara F, Sato Y, Okamoto T, Mitsui Y, Yoshio S, Li S, Nojima S, Motooka D, Nakamura S, Kida H, Standley DM, Morii E, Kanto T, Yanagita M, Matsuura Y, Nagasawa T, Kumanogoh A, Akira S,Immunity,52(3) 542-556.e13,2020年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Structual basis of type IVb pilus-mediated bacterial adhesion to the intestinal epithelium,中村昇太、沖大也,Spring-8 SACLA Research Frontiers,ISSN,2433-5126,2019年08月

  • 一般著書,抗生物質の「先」の薬を目指す,中村昇太,神戸新聞総合出版センター,ISBN,978-4-343-01001-8,2018年12月

  • 専門著書,ウイルス検出のためのNGS解析のデザインと運用,中村昇太,PHARM TECH JAPAN,2018年06月

  • 一般著書,化学療法の領域 メタゲノム解析による病原体検出ー現状と課題ー,中村 昇太、飯田 哲也,医薬ジャーナル社,ISBN,978-4-7532-8127-5,2017年07月

  • 専門著書,今すぐ始める!メタゲノム解析 実験プロトコール,元岡大祐、中村昇太、飯田哲也、堀井俊宏,羊土社,ISBN,978-4-7581-0197-4,2016年12月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長奨励賞,中村 昇太,大阪大学,2014年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発,Phys.org/US,2019年07月

  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発,産経新聞,2019年07月

  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発,日経新聞,2019年07月

  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発,朝日新聞,2019年07月

  • 非結核性抗酸菌症に対する迅速・正確な病原体同定手法を開発,nfection Control Today/US,2019年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • バイオ計測技術勉強会 (日本プロテオーム学会in宮崎),次世代シークエンス ,2019年07月

  • 第33回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム,感染症発症時の超個体解析や網羅的病原体検出,2019年06月

  • 微生物病研究所×医学部Python会 合同ワークショップ プログラミングを用いた医学研究への取り組み,NANOPORE及びニューラルネットワーク,2019年06月

  • 第92回 日本細菌学会 ランチョンセミナー,17S解析からショットガンメタゲノミクスへ,2019年04月

  • 富士通次世代クラウドシンポジウム,DNA Sequence Analysis with DLU,2019年02月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,Single–Cell 2019_OSAKAセミナー,オーガナイザー,2019年07月