基本情報

写真b

谷田 純

TANIDA Jun


キーワード

情報フォトニクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7851

FAX番号

06-6879-7295

URL

http://www-lip.ist.osaka-u.ac.jp/~tanida/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2002年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 継続中,情報科学研究科 情報数理学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用物理学科 卒業 工学学士 1981年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 修了 工学修士 1983年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 修了 工学博士 1986年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員 1986年04月 ~ 1986年10月
大阪大学・助手 1986年11月 ~ 1993年09月
大阪大学・講師 1993年10月 ~ 1996年03月
大阪大学・助教授 1996年04月 ~ 2002年03月
大阪大学・教授 2002年04月 ~ 継続中
大阪大学・情報科学研究科 副研究科長 2005年04月 ~ 2007年08月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 情報フォトニクス
    光工学および光量子科学関連,計算機システム関連

  • 計算イメージング
    電子デバイスおよび電子機器関連,光工学および光量子科学関連

  • フォトニックDNAコンピューティング
    生命、健康および医療情報学関連,光工学および光量子科学関連

  • 光コンピューティング
    光工学および光量子科学関連,計算機システム関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本光学会

  • The Optical Society

  • 応用物理学会

  • The International Society for Optical Engineering

  • レーザー学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Learning-based signal retrieval from scattering media,Jun Tanida, Ryoichi Horisaki,7th International Conference on Speckle Metrology,2018年09月,国際会議(proceedingsあり)

  • Novel imaging based on mathematical tools: from compressive imaging to machine-learning sensing/imaging,Jun Tanida,Optics and Photonics Congress 2018,2018年08月,国際会議(proceedingsなし)

  • Computational imaging demands a redefinition of optical computing,Jun Tanida,Japan Journal of Applied Physics,57 09SA01,2018年08月,学術論文

  • Experimental assessment and analysis of super-resolution in fluorescence microscopy based on multiple-point spread function fitting of spectrally demultiplexed images,Takahiro Nishimura, Hitoshi Kimura, Yusuke Ogura, Jun Tanida,Optical Review,Volume 25, Issue 3, pp 384-390,2018年06月,学術論文

  • Lateral spatial resolution improvement in laser scanning fluorescence microscopy using a subdiffraction limit optical spot,Takahiro Nishimura, Daiki Shinkawa, Yusuke Ogura, Yosuke Tamada, Jun Tanida,The 4th Biomedical Imaging and Sensing Conference 2018 (BISC2018),BISC1-5,2018年04月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,光計算,谷田 純,近代科学社,ISBN,978-4-7649-0401-9,2011年03月

  • 専門著書,Nanoscale Information Technology Based on Photonic DNA Computing, in VLSI micro- and Nanophotonics: Science, Technology, and Applications, Part X,Yusuke Ogura and Jun Tanida,CRC Press,2010年10月

  • 専門著書,Photonic DNA Computing: Concept and Implementing Methods, in Sequence and Genome Analysis: Methods and Applications, Chapter 7,Yusuke Ogura, Takahiro Nishimura, Hiroto Sakai, Jun Tanida,iConcept Press Ltd.,2010年09月

  • 専門著書,CMOSイメージセンサの最新動向,谷田 純,シーエムシー出版,2007年04月

  • 専門著書,Optical and Digital Techniques for Information Security,Bahram Javidi, Jun Tanida, Toru Sasaki, et al.,Springer,2005年08月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,物体の距離導出装置,谷田 純、豊田 孝、中尾良純、政木康生,特開2008-241355(公開),2007年03月

  • 日本,立体物体の撮影装置,谷田 純、豊田 孝、中尾良純、政木康生,特開2008-242658(公開),2007年03月

  • 日本,微小物体のマニピュレーション方法とその装置,谷田純,小倉裕介,特許公開2002-219700(登録),2001年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会フェロー表彰,谷田 純,応用物理学会,2015年09月

  • 2015 OSA Fellow Member,Jun Tanida,The Optical Society,2014年11月

  • 第14回光設計奨励賞,香川景一郎(静岡大学)、田中 映治氏(パナソニックエレクトロデバイス)、山田憲嗣、谷田 純,日本光学会(応用物理学会)光設計研究グループ,2011年11月

  • 第19回日本光学会奨励賞,堀崎遼一,日本光学会,2010年11月

  • 応用物理学会光学論文賞 ,谷田 純,,1985年

報道 【 表示 / 非表示

  • DNAで論理演算 阪大、光で制御,日経産業新聞,2015年04月

  • カード型カメラ実現へ,日本経済新聞,2004年09月

  • トンボの複眼を応用してカメラを作った,テレビ朝日,2004年07月

  • 薄型の画像センサー,日経産業新聞,2002年12月

  • 「複眼」思考で極薄デジカメ,毎日新聞,2002年12月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 新・世界の昆虫展,虫の眼で見るカメラ,2016年07月

  • ビジネスシヨウKANSAI 2007,複眼カメラとその応用,2007年11月

  • ビジネスシヨウKANSAI 2006,複眼カメラとその応用,2006年12月

  • IT分野-大学マッチングカンファレンス大阪,複眼光学系の応用によるフォトニック情報技術の開発,2006年03月

  • バイオインスパイア情報フォトニクスWG第8回研究会,ビジョンチップと応用,2006年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Information Photonics 2019,International Advisory Committee Chair,2019年04月

  • 国際会議,11th International Conference on Optics-photonics Design & Fabrication,Organizing Committee,2018年11月

  • 国際会議,Nanoengineering: Fabrication, Properties, Optics, and Devices XV,Program Committee,2018年08月

  • 国際会議,Optics and Photonics for Information Processing XII,Program Committee,2018年08月

  • 国際会議,The 7th Korea-Japan Workshop on Digital Holography and Information Photonics,Advisory Committee,2017年12月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,一般社団法人 日本光学会,会長,2017年04月 ~ 継続中

  • その他,IT連携フォーラム OACIS,幹事,2012年07月 ~ 継続中

  • 学会,日本光学会(応用物理学会),副幹事長,2010年04月 ~ 2012年03月

  • その他,(財)大阪科学技術センター,光情報技術研究会委員長,2008年04月 ~ 継続中

  • 学会,応用光学懇談会,幹事,2008年04月 ~ 継続中

全件表示 >>