基本情報

写真b

谷池 雅子

TANIIKE Masako


キーワード

小児科学,小児神経学,神経病理学,神経科学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2002年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2004年10月31日,医学系研究科,講師,専任

  • 2004年11月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2006年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教授,専任

  • 2006年04月01日 ~ 2009年03月31日,医学系研究科 附属子どものこころの分子統御機構研究センター,特任教授(常勤),専任

  • 2009年04月01日 ~ 2012年06月30日,連合小児発達学研究科,教授,専任

  • 2012年07月01日 ~ 継続中,連合小児発達学研究科 小児発達学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1983年03月
大阪大学    修了 医学博士 1997年01月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 小児の睡眠の発達に及ぼす影響に関する研究

  • 脱髄疾患の病態解明と治療
    神経変性疾患における抗炎症治療
    神経変性疾患の診断と治療

  • 広汎性発達障害の病態発生機構の解明

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児神経学会

  • 日本神経化学学会

  • World Association of Sleep Medicine

  • The Movement Disorder Society

  • 日本公衆衛生学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Inhibition of prostaglandin D synthase suppresses muscular necrosis.,Mohri I, Aritake K, Taniguchi H, Sato Y, Kamauchi S, Nagata N, Maruyama T, Taniike M, Urade Y.,174,2009年04月,学術論文

  • Hematopoietic prostaglandin D synthase and DP1 receptor are selectively upregulated in microglia and astrocytes within senile plaques from human patients and in a mouse model of Alzheimer disease.,Mohri I, Kadoyama K, Kanekiyo T, Sato Y, Kagitani-Shimono K, Saito Y, Suzuki K, Kudo T, Takeda M, Urade Y, Murayama S, Taniike M.,J Neuropathol Exp Neurol.,66(6):469-80.,2007年06月,学術論文

  • Early induction of neuronal lipocalin-type prostaglandin D synthase after hypoxic-ischemic injury in developing brains.,Taniguchi H, Mohri I, Okabe-Arahori H, Kanekiyo T, Kagitani-Shimono K, Wada K, Urade Y, Nakayama M, Ozono K, Taniike M.,Neurosci Lett.,420(1):39-44,2007年06月,学術論文

  • Prostaglandin D2 protects neonatal mouse brain from hypoxic ischemic injury.,Taniguchi H, Mohri I, Okabe-Arahori H, Aritake K, Wada K, Kanekiyo T, Narumiya S, Nakayama M, Ozono K, Urade Y, Taniike M.,J Neurosci.,27(16):4303-12.,2007年04月,学術論文

  • Lipocalin-type prostaglandin D synthase/beta-trace is a major amyloid beta-chaperone in human cerebrospinal fluid.,Kanekiyo T, Ban T, Aritake K, Huang ZL, Qu WM, Okazaki I, Mohri I, Murayama S, Ozono K, Taniike M, Goto Y, Urade Y.,Proc Natl Acad Sci U S A.,04(15):6412-7.,2007年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Pathophysiological role of L-PGDS in neurological disorders.,Taniike M, Mohri I,Research Signpost,2008年01月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,アミロイド蛋白質の凝集を抑制する物質とその応用,谷池雅子,特願2004-218952(登録),2004年07月

  • 日本,脳損傷の予後改善薬とそのスクリーニング法,谷池雅子,特願2002-204725(登録),2002年07月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀演題賞,難波範行,日本小児内分泌学会,2006年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • 病気に克つ!小児編~睡眠障害,産經新聞,2005年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第181回大阪小児科学会,小児科医から見た広汎性発達障害,2009年04月

  • 第18回 自閉症診療セミナー,広汎性発達障害の神経発達,2009年02月

  • 保育園保健師看護師連絡会,子どもの発達と睡眠,2009年01月

  • 平成20年度大阪大学医学部保健学科現代GP発達障害シンポジウム 『地域連携の中での発達障害支援(日本、韓国、米国)』,発達障害研究の潮流,2008年08月

  • 長岡京市教育講演会,子どもの睡眠とその影響,2008年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,日本小児神経学会近畿地方会学術集会,会長,2005年11月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • Sleep Symposium in Kansai,2006年01月 ~ 継続中

  • NPO法人OSHNet,2004年07月 ~ 継続中

  • 大阪睡眠を考える会,2002年04月 ~ 継続中