基本情報

写真b

瀧口 剛

TAKIGUCHI Tsuyoshi


キーワード

近代日本政治史

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2003年02月28日,法学研究科 法学・政治学専攻,助教授,専任

  • 2003年03月01日 ~ 継続中,法学研究科 法学・政治学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 法学部 法律学科 卒業 1983年03月
大阪大学 法学研究科  修了 1988年03月
大阪大学 法学研究科  単位取得満期退学 1991年12月

職歴 【 表示 / 非表示

筑波大学社会工学系準研究員 1991年12月 ~ 継続中
近畿大学法学部専任講師 1993年04月 ~ 継続中
近畿大学法学部助教授 1996年04月 ~ 継続中
大阪大学法学部助教授 1997年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院法学研究科助教授 1999年04月 ~ 継続中
大阪大学法学研究科 教授 2003年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 昭和戦前期政治史に関する研究
    政治学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本比較政治学会

  • 日本国際政治学会

  • 日本政治学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 「書評と紹介 萩原淳著『平沼騏一郎と近代日本―官僚の国家主義と太平洋戦争への道』」,瀧口 剛,日本歴史,第839号、109-112頁,2018年04月,書評

  • 戦後日本のアジア主義論,瀧口 剛,21世紀の東アジアと歴史問題,2017年04月,学術論文

  • 満州事変後における自由通商運動の軌跡 ーー「大東亜共栄圏」への道ーー,瀧口剛,甲南法学,第57巻第3・4号、83ー131頁,2017年03月,学術論文

  • 「日満経済ブロック」政策の展開(一九三二年~一九三七年),瀧口剛,ヒストリア,第二五四号,2016年02月,学術論文

  • 自由通商運動と満州事変,瀧口剛,阪大法学,第64巻第3・4号,2014年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 翻訳作品,21세기동아시아와역사문제:사색과대화를위한강의,다나카히토시・유용태 엮음,HanulMPlus,ISBN,978-89-460-7094-3,2018年08月

  • 教科書,21世紀の東アジアと歴史問題,田中仁,法律文化社,2017年04月

  • 専門著書,21世紀の東アジアと歴史問題:思索と対話のための政治史論,田中仁他,法律文化社,ISBN,978-4-589-03840-1 ,2017年04月

  • 一般著書,『加西市史 第二巻 本編2 (近世・近現代)』,滝口剛,加西市,2011年03月

  • 一般著書,ナショナリズムの時代精神,米原謙,長妻三佐雄編,萌書房,ISBN,9784860650520,2009年11月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 法学会研究セミナー「21世紀の東アジアと日本:歴史学の可能性」,宋志勇「中日共同歴史研究と九一八事変後日本の対中政策再認識」コメント,2019年02月

  • 大阪大学政治史研究会,栗本勇之助と大東亜共栄圏への道ー大阪財界と戦時体制ー,2018年12月

  • グローバルガバナンス学会,「東アジアの「危機の20 年」―戦間期国際制度の再検証―」について,2017年05月