基本情報

写真b

大野 ゆう子

OHNO Yuko


キーワード

数理保健学,medical decision making,保健医療システム論

URL

http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~fnmet/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1995年04月01日 ~ 2003年03月31日,医学部,教授,専任

  • 2003年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 医学部 保健学科 卒業 1979年03月
東京大学 医学系研究科 保健学専攻 修了 1981年03月
東京大学 医学系研究科 医学 修了 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

国立がんセンター・連携大学院Catalyst教授 2017年04月 ~ 継続中
日本学術振興会奨励研究員 (東京大学) 1985年04月 ~ 1985年09月
日本学術振興会特別研究員 (文部省統計数理研究所) 1985年10月 ~ 1987年03月
国立がんセンター研究所疫学部非常勤研究員 1987年04月 ~ 1992年03月
東京都神経科学総合研究所主任研究員 1992年04月 ~ 1995年03月
大阪大学教授 1995年04月 ~ 継続中
文部科学省統計数理研究所・客員教授 2003年04月 ~ 2005年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 国民総長期療養時代における医療資源の効率的配置問題, 視覚認知過程および概念理解過程の解析

所属学会 【 表示 / 非表示

  • IEEE

  • 日本行動計量学会

  • 日本生体医工学会

  • 日本看護科学学会

  • 日本生活支援工学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A cross-sectional study on the difference among the age group in independence for stoma management in Japan,Yoshiko Ando, Toshie Tsuchida, Hitomi Kataoka, Yukie Sakai, Yasumi Matsubara, Mitsuko Watanabe, Yoko Mitomi, Makoto Fujii, Michiko Kido, Yuko Ohno,Journal of Japanese Society of Wound, Ostomy, and Continence Management,23(3) in press,2019年09月,学術論文

  • Proposal of a Useful Surrogate Endpoint of the Overall Survival in Patients Undergoing Pulmonary Metastasectomy: The Time to Local Therapy Failure.,Kanzaki R, Kanou T, Ose N, Funaki S, Minami M, Tajima T, Fujii M, Ohno Y, Shintani Y,World journal of surgery,2019年06月,学術論文

  • 日本における年齢群別ストーマ管理の自立の違いに関する横断的研究,安藤嘉子, 土田敏恵, 片岡ひとみ, 酒井透江, 松原康美, 渡邊光子, 三富陽子, 藤井誠, 木戸倫子, 大野ゆう子,大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集,32 19‐26,2019年06月,大学・研究所等の報告

  • Cause of death among 688,474 cancer patients: NANDE study linking vital statistics data and population-based cancer registry data.,Makoto Fujii, Takafumi Shinagawa, Mayumi Nagayasu, Haruka Kudo, Toshitaka Morishima, Yuko Ohno, Tomotaka Sobue, Isao Miyashiro and Group NANDE,2019 Vancouver: NAACCR / IACR Combined Annual Conference,2019年06月,国際会議(proceedingsなし)

  • Features of the cause of death by age in breast cancer patients and by years after diagnosis: NANDE study linking vital statistics data and population-based cancer registry data,Mayumi Nagayasu, Makoto Fujii, Takafumi Shinagawa, Haruka Kudo, Toshitaka Morishima, Yuko Ohno, Tomotaka Sobue, Isao Miyashiro and Group NANDE,2019 Vancouver: NAACCR / IACR Combined Annual Conference,2019年06月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,第I章総論6節 がんの疫学 がん放射線治療と看護の実践 部位別でわかりやすい!,大野ゆう子,森本明子,歌田真依,堀芽久美,最新治療と有害事象ケア(第1版) 金原出版,2011年11月

  • 専門著書,最新 医学大辞典第3版,大野ゆう子 他,医歯薬出版株式会社,2005年04月

  • 専門著書,がん・統計白書―罹患/死亡/予後―2004,大島明、黒石哲生、田島和雄 編,篠原出版新社,2004年06月

  • 教科書,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「看護基礎医学1」,文部科学省 編,文部科学省,2003年04月

  • 教科書,文部科学省著作高等学校職業教育教科書「基礎看護」,文部科学省 編,文部科学省,2003年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 協会活動助成 研究助成(最優秀論文賞),村田絵美,日本小児保健協会,2015年06月

  • Chikio Hayashi Travel Award,Numasaki H., Harauchi H., Ohno Y., Inamura K., Kasahara S., Monden M., Sakon M.,The 2004 Meeting of the International Federation of Classification Societies,2004年07月

  • ベストリサーチアワード,Numasaki H., Harauchi H., Ohno Y., Inamura K., Kasahara S., Monden M., Sakon M., Ishii A., Kitamura Y., Nakamura A., Kou H., and Iinuma M.,生体医工学シンポジウム2003,2003年04月

  • Best Poster Award,Sugiyama H., Ohno Y., Saika K., Ajiki W., Tsukuma H., and Oshima A.,25th Annual meeting of IACR,2003年04月

  • Best Poster Award,Ohno Y, Nakamura T, Oshima A, et al.,24th Annual meeting of IACR,2002年04月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 国際会議特需をつかめ,読売新聞,2012年10月

  • 問診 外国人も安心,産経新聞,2012年10月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 阪大保健学科第2回公開講座 予防が第一 一緒に「健康づくり」を考えましょう!,効く?効かない?がんの予防情報,2018年03月

  • 第47回大阪大学公開講座,「ロボティクスと看護学」,2015年11月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • Associate Business Continuity Professional(Disaster Recovery Institute International),2017年11月 ~ 継続中