基本情報

写真b

大竹 文雄

OHTAKE Fumio


キーワード

労働経済学、行動経済学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5254

FAX番号

06-6850-5205

URL

http://www2.econ.osaka-u.ac.jp/~ohtake/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年06月01日 ~ 2013年08月25日,社会経済研究所,教授,専任

  • 2013年08月26日 ~ 2015年08月25日,大阪大学,理事,専任

  • 2015年08月26日 ~ 2018年03月31日,社会経済研究所,教授,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,経済学研究科 経済学専攻,教授,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2011年08月25日,大阪大学,大阪大学総長補佐,兼任

  • 2012年04月01日 ~ 2013年03月31日,大阪大学,大阪大学理事補佐,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 経済学部  卒業 1983年03月
大阪大学 経済学研究科  修了 1985年03月
大阪大学 経済学研究科  中退 1985年06月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学経済学部助手 1985年07月 ~ 1988年03月
大阪府立大学経済学部講師 1988年04月 ~ 1990年03月
大阪大学社会経済研究所助教授 1990年04月 ~ 2001年04月
大阪大学社会経済研究所教授 2001年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 労働経済学、所得分配
    経済政策関連,公共経済および労働経済関連,経済政策関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本経済学会

  • 行動経済学会

  • 法と経済学会

  • American Economic Association

  • 都市住宅学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Is Being Agreeable a Key to Success or Failure in the Labor Market?,SunYoun Lee , Fumio Ohtake,Journal of the Japanese and International Economies,forthcoming,2018年05月,学術論文

  • Preliminary evidence of altered neural response during intertemporal choice of losses in adult attention-deficit hyperactivity disorder,Saori C. Tanaka, Noriaki Yahata, Ayako Todokoro, Yuki Kawakubo, Yukiko Kano, Yukika Nishimura, Ayaka Ishii-Takahashi, Fumio Ohtake, Kiyoto Kasai,Scientific Reports,8, Article number: 6703,2018年04月,https://www.nature.com/articles/s41598-018-24944-5,学術論文

  • 『長時間労働者の特性と働き方改革効果』,黒川博文、佐々木周作、大竹文雄,『行動経済学』,forthcoming,2018年12月,学術論文

  • 「CSRと従業員採用」,大竹文雄,日本経済研究センターWebコラム/大竹文雄の経済脳を鍛える,2018年3月1日,2018年03月,https://www.jcer.or.jp/column/otake/index.html,解説・総説

  • 「インタビュー記事/遊休資産に「潜在力」」,大竹文雄,『関西よみうり懇話会』,Vol.5, pp.71-72,2018年02月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,日本の不平等-格差社会の幻想と未来-,大竹文雄,日本経済新聞社,2005年05月

  • 専門著書,Behavioral Economics of Preferences, Choices, and Happiness,S. Ikeda, H. Kato, F. Ohtake and Y. Tsutsui Eds.,Springer,ISBN,978-4-431-55401-1,2016年02月

  • 一般著書,競争と公平感 市場経済の本当のメリット,大竹文雄,中央公論新社,2010年03月

  • 一般著書,格差と希望,大竹文雄,筑摩書房,2008年06月

  • 一般著書,経済学的思考のセンス―お金がない人を助けるには,大竹文雄,中央公論新社,2005年12月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度日本学士院賞,大竹文雄,日本学士院,2008年06月

  • 日本経済学会石川賞,大竹文雄,日本経済学会,2006年10月

  • 2010年都市住宅学会賞著作賞,大竹文雄,社団法人 都市住宅学会,2010年05月

  • 平成17年度日本不動産学会賞 論説賞,大竹文雄,社団法人 日本不動産学会,2006年05月

  • 第48回日経・経済図書文化賞,大竹文雄,日本経済新聞社、日本経済研究センター共催,2005年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 社会のしくみを簡潔に表現する,毎日新聞,2018年03月

  • 「10代に伝えたい経済学」,NHKEテレ,2018年03月

  • 「どうなる?日本のサービス」,NHKEテレ,2018年03月

  • 「経済学で知ってびっくり!肥満の正体」,NHKEテレ,2018年02月

  • 「所得や地域によって異なる健康水準」,毎日新聞,2018年01月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成29年度ダイバーシティ教育研究環境実現シンポジウム,ロールモデルの多様化と理工系女性研究者の育成,2017年09月

  • 大阪大学社会経済研究所第12回行動経済学研究センターシンポジウム 『小説の中の経済学』,「経済学で小説を読む」,2015年08月

  • 大阪大学ウイスキー開発プロジェクト 製品完成記念イベント,ファシリテーター,2015年03月

  • 平成26年度兵庫県教育委員会及び連携各校との連携協定に基づく講演,宝塚市宝塚北高等学校(1、2年生対象),2015年03月

  • 平成26年度大阪府教育委員会及びGLHS各校との連携協定に基づく講演,大阪市高津高等学校(2年生対象),2014年11月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,大阪大学グローバルCOE国際ワークショップ,プログラム委員,2009年03月

  • 国内重要会議,第1回行動経済学会,プログラム委員,2007年12月

  • 国際会議,Osaka University Forum 2007 in Groningen,実行委員、報告者,2007年06月

  • 国内重要会議,第6回行動経済学ワークショップ,運営委員,2007年02月

  • 国内重要会議,労働政策研究会議,準備委員長,2006年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,国立社会保障・人口問題研究所,研究評価委員会委員,2007年11月 ~ 2009年10月

  • 国・地方公共団体,総務省,政策評価・独立行政法人評価委員会専門委員,2007年09月 ~ 2009年09月

  • 国・地方公共団体,大阪労働局,「大阪府成長力底上げ戦略推進円卓会議」地元有識者,2007年05月 ~ 2008年03月

  • 国・地方公共団体,東京大学空間情報科学研究センター,客員研究員,2007年05月 ~ 2008年03月

  • 国・地方公共団体,内閣府,税制調査会専門委員,2007年04月 ~ 2009年11月

全件表示 >>