基本情報

写真b

大沢 直樹

OHSAWA Naoki


キーワード

船舶海洋工学

URL

http://www.naoe.eng.osaka-u.ac.jp/naoe/naoe2/naoe2.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科 地球総合工学専攻,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 地球総合工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 造船学科 卒業 1984年03月
大阪大学 工学研究科 造船学専攻 修了 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

運輸省船舶技術研究所研究官 1988年04月 ~ 継続中
大阪大学助手 1993年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1997年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 造船工作法に関する研究,船体構造材料の疲労強度に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本船舶海洋工学会

  • 日本鋼構造協会

  • 日本溶接協会

  • 溶接学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • セルオートマトンによる塗膜下腐食シミュレーション手法に関する研究(第2報:バラストタンク内エッジ腐食の解析),大沢 直樹 , 塩谷 和彦(JFEスチール) , 高田 篤志(海上技術安全研究所) , 竹野 成流 , 片山 志乃, 織田拓哉,日本船舶海洋工学会論文集,25, pp. 123-131,2017年06月,学術論文

  • Study on under-film corrosion simulation of free edges in water ballast tanks,Naoki Osawa, Seiru Takeno, Shino Katayama, Takuya Oda, Azhan Bin Abdul Halim, Kazuhiko Shiotani (JFE Steel), Atsushi Takada (National Maritime Research Inst.),Progress in the Analysis and Design of Marine Structures,pp. 667-677,2017年05月,学術論文

  • Evaluation of crack propagation behaviors in a T-shaped tubular joint employing tetrahedral FE modeling,Kazuhisa Yagia (Sanoyasu Shipbuilding), Satoyuki Tanak (Hiroshima Univ.), Takahiro Kawahara (Hiroshima Univ.), Kanta Nihei (Kawasaki Technology), Hiroshi Okada (Tokyo University of Science), NaokiOsawa,International Journal of Fatigue,96, pp. 270-282,2017年03月,学術論文

  • Evaluation of stress intensity factor for a surface cracked butt welded joint based on real welding residual stress,Ramy Gadallah; Naoki Osawa; Satoyuki Tanaka (Hiroshima Univ.),Ocean Engineering,138, 1, pp. 123-139,2017年01月,学術論文

  • Fundamental study on under-film corrosion simulation method based on cellular automaton,Naoki Osawa, Yasuhide Kanou (Yokohama National Univ.), Yasumi Kawamura (Yokohama National Univ.), Atsushi Takada (National Maritime Research Inst.), Kazuhiko Shiotani (JFE Steel), Seiru Takeno, Shino Katayama,Proc. 13th International Symposium on Practical Design of Ships and Other Floating Structures (PRADS'2016),paper ID140,2016年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,船体構造(強度編),藤久保昌彦,吉川孝男,深沢塔一,大沢直樹,後藤浩二,成山堂書店,ISBN,978-4-425-71491-9,2012年10月

  • 教科書,造船工作法,奥本泰久, 大沢直樹, 青山和浩, 後藤浩二, 尾田逸人, 田崎泰博, 津川博光, 中山祐蔵, 野口千年, 濱田雄二,成山堂書店,ISBN,978-4-425-71511-4,2012年10月

  • 教科書,船体構造(構造編),藤久保昌彦,吉川孝男,深沢塔一,大沢直樹,鈴木英之,成山堂書店,ISBN,978-4-425-71481-0,2012年03月

  • 専門著書,溶接冶金研究の進歩と今後の展望,溶接学会溶接冶金研究委員会,溶接学会,2003年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,温度分布履歴推定方法,丹後義彦,石山隆庸,大沢直樹,橋本聖史,澤村淳司,特願2007-302082(出願),2007年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本造船学会賞,大沢直樹,日本造船学会,2002年05月

  • 関西造船協会賞,大沢 直樹,関西造船協会,1999年01月

  • 溶接学会FS賞,大沢直樹,溶接学会,2008年04月

  • 関西造船協会賞,大沢 直樹,関西造船協会,1996年01月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本溶接協会,ガス溶断部会溶断小委員会主査,2007年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,(財)日本船舶技術研究協会,船体防食総合対策委員会委員,2007年04月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,国土交通省,FRP船リサイクル事業評価委員会委員,2007年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本船舶海洋工学会,塗装品質と船殻工作品質の関係に関する研究委員会委員長,2007年04月 ~ 2009年05月

  • 公益法人,日本溶接協会,ガス溶断部会溶断小委員会幹事,2006年04月 ~ 2008年03月

全件表示 >>