基本情報

写真b

大森 文子

OMORI Ayako


キーワード

認知言語学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月01日 ~ 2005年03月31日,言語文化部,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,言語文化研究科 言語文化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,言語文化研究科 言語文化学専攻,准教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語文化専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 文学研究科 英文学専攻 中退 博士(文学) 2012年09月
大阪大学 文学研究科 英文学専攻 修了 文学修士 1988年03月
大阪大学 文学部 文学科 卒業 1986年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1989年04月 ~ 1991年03月
大阪大学講師 1991年04月 ~ 1996年03月
大阪大学助教授 1996年04月 ~ 2007年03月
大阪大学准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 詩的言語の意味に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本英文学会

  • 日本英語学会

  • 日本認知言語学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Conventional Metaphors for Antonymous Emotion Concepts,Ayako Omori,Dynamicity in Emotion Concepts (Łódź Studies in Language 27),183-204,2012年04月,学術論文

  • Emotion as a Huge Mass of Moving Water,Ayako Omori,Metaphor and Symbol,vol.23, no.2. pp. 130-146,2008年04月,学術論文

  • 束縛と孤独:イメージスキーマで読み解くOwenの "S. I. W.",大森文子,交差するレトリック―精神と身体、メタファーと認知(言語文化共同研究プロジェクト2016),19-28,2017年05月,大学・研究所等の報告

  • 犬の寓意詩The Council of Dogsにおける擬人化と寓意のメタファー,大森文子,越境するレトリック―意味・認識・間テクスト性 言語文化共同プロジェクト2015,19-34,2016年05月,大学・研究所等の報告

  • メタファーのデザイン,大森文子,『英語のデザインを読む』, 106-118,2015年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Metaphor of Emotions in English: With Special Reference to the Natural World and the Animal Kingdom as Their Source Domains,Ayako Omori,ひつじ書房,ISBN,978-4-89476-740-9,2015年02月

  • 翻訳作品,英語コーパスを活用した言語研究,渡辺秀樹,大森文子,加野まきみ,小塚良孝,大修館書店,ISBN,9784469246001,2016年03月

  • 翻訳作品,コーパスを活用した認知言語学,渡辺秀樹・大森文子・加野まきみ・小塚良孝,大修館書店,2010年09月

  • 教科書,言語文化学への招待,木村健治・金崎春幸(編),大阪大学出版会,ISBN,4872591623,2008年03月

  • 教科書,Eco-Friendly Japan,Paul A. S. Harvey, 玉井暲, 大森文子,英宝社,ISBN,978-4-269-17000-1,2008年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Annual Report of Osaka University Academic Achievement 2008-2009: 100 Papers Selection,Ayako Omori,Osaka University,2009年10月

  • 大阪大学共通教育賞(平成20年度第1学期),Paul A.S. Harvey、玉井?、大森文子,大阪大学,2008年11月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本認知言語学会,開催校委員,2017年04月 ~ 2018年03月

  • 学会,日本英文学会,編集委員,2013年04月 ~ 2016年03月

  • 学会,日本認知言語学会,監事,2010年10月 ~ 2013年09月

  • 学会,日本英語学会,開催校委員,2009年04月 ~ 2010年03月