基本情報

写真b

大山 浩

OHYAMA Hiroshi


キーワード

反応動力学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 1982年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1984年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

岡崎国立共同研究機構分子科学研究所IMSフェロー 1987年04月 ~ 継続中
大阪大学助手 1989年06月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1995年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 化学反応の立体動力学(分子配向・原子配向効果)に関する研究、化学反応の並進速度依存性に関する研究、光誘起クラスター内反応の研究、ラジカル-ラジカル反応の配向・回転相関、二重配向立体ダイナミクス

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 分子科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Resonant tunneling via a Ru–dye complex using a nanoparticle bridge junction,Satoshi Nishijima , Yoichi Otsuka, Hiroshi Ohoyama, Kentaro Kajimoto, Kento Araki, Takuya Matsumoto,Nanotechnology,29(24) 245205-245205 (6pp),2018年04月,学術論文

  • Initial dissolution of D2O at the gas–liquid interface of the ionic liquid [C4min][NTf2] associated with hydrogen-bond network formation ,H. Ohoyama, T. Teramoto,Phys. Chem. Chem. Phys. ,18, 28061-28068,2016年09月,学術論文

  • Intra-grain conduction of self-doped polyaniline,Yuki Usami, Kentaro Imamura, Tomoki Akai, Dock-Chil Che, Hiroshi Ohoyama, Hikaru Kobayashi and Takuya Matsumoto ,Journal of Applied Physics,120,8,084308,2016年08月,学術論文

  • AFMによるリゾチーム単一分子の電気伝導測定,角田 早、大山 浩、松本 卓也,表面科学, Vol. 37, No. 7 p. 294-298,2016年07月,学術論文

  • Nonlinear electric transport in macromolecular system for stochastic computing,Takuya Matsumotoa*, Haruka Matsuoa, Saki Sumidaa, Yoshiaki Hiranoa, Dock-Chil Chea & Hiroshi Ohyamaa,International Journal of Parallel, Emergent and Distributed Systems ,2016年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,物理化学実験法 第4版,千原秀昭,徂徠道夫編大山 浩(分担),東京化学同人,2001年10月