基本情報

写真b

大原 智

OHARA Satoshi


キーワード

ナノテクノロジー

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月01日 ~ 2010年03月31日,接合科学研究所,寄附研究部門准教授,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2016年03月31日,接合科学研究所,特任准教授(常勤),専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,接合科学研究所,特任教授,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Emergence of ferromagnetism due to charge transfer in compressed ilmenite powder using super-high-energy ball milling,S. Ohara, T. Naka, K. Sunakawa, S. Kubuki, M. Senna and T. Hashishin,Scientific Reports,10, (2020) 5293-1-7.,2020年04月,学術論文

  • Enhanced Antibacterial Property of Facet-Engineered TiO2 Nanosheet in Presence and Absence of Ultraviolet Irradiation,Kenichiro Hayashi, Kosuke Nozaki, Zhenquan Tan, Kazuhisa Fujita, Reina Nemoto, Kimihiro Yamashita, Hiroyuki Miura, Keiji Itaka and Satoshi Ohara,Materials,13, 1 (2020) 78(13pages).,2020年01月,学術論文

  • Plasmon enhanced luminescence in hierarchically structured Ag@ (Y0.95Eu0.05)2O3 nanocomposites synthesized by ultrasonic spray pyrolysis,G. Alkan, L. Mancic, S. Tamura, K. Tomita, Z. Tan, F. Sun, R. Rudolf, S. Ohara, B. Friedrich, and O. Milosevic,Advanced Powder Technology,(2019) 1409-1419.,2019年05月,学術論文

  • Controlled synthesis of TiO2 nanosheets with exposed (001) facets for enhanced photocatalytic activity,Z D Dai, X Z Song, X L Kang, J K Cao,Abe Hiroya, Satoshi Ohara and Z Q Tan,IOP Conference Series: Materials Science and Engineering,479, 1 (2019) ,2019年03月,学術論文

  • Effect of NiO-Loading on n-Type GaN Photoanode for Photoelectrochemical Water Splitting using Different Aqueous Electrolytes,K. Koike, K. Yamamoto, S. Ohara, T. Kikitsu, K. Ozasa, S. Nakamura, M. Sugiyama, Y. Nakano, and K. Fujii,International Journal of Hydrogen Energy,42, 15 (2017) 9493-9499.,2017年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Nanoparticle Technology Handbook 3rd edtion:Supercritical Hydrothermal Synthesis of Nanoparticles,A. Yoko, T. Aida, N. Aoki, D. Hojo, M. Kishimizu, S. Ohara G. Seong, S. Takami, T. Togashi, T. Tomai, T. Tsukada, and T. Adchiri,Elsevier,ISBN,13: 978-0444641106,2018年05月

  • 一般著書,Minakata Kumagusu: L'émergence d'une pensée écologique entre Orient et Occident, Golden Nihon Collection,S. Ohara and J.-C. Valmalette,Animaviva Multilinguee,ISBN,13: 978-9992068212,2016年03月

  • 専門著書,Справочник по технологии наночастиц ( Nanoparticle Technology Handbook ),T. Adschiri and S. Ohara,Научный мир ( Scientific World Publishing House ),ISBN,978-5-91522-231-0,2013年05月

  • 専門著書,究極のかたちをつくる 粉が織り成す次世代モノづくり,内藤牧男(編), 節原裕一, 大原智, 佐藤和好, 桐原聡秀, 茅原弘毅, 近藤勝義, 他,日刊工業新聞社,ISBN,978-4-526-06277-3,2009年05月

  • 専門著書,究極の粉をつくる -次世代モノづくり発展の鍵(かぎ)-,神谷秀博, Wuled Lenggoro, 大原智,(株)日刊工業新聞社,ISBN,978-4526060106,2008年02月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,遷移金属酸化物の格子圧縮方法及びこれにより得られる遷移金属酸化物材料,大原 智,特願2019-40468(出願),2019年03月

  • 日本,固体酸化物形燃料電池用セルの製造方法および固体酸化物形燃料電池,大原 智,山本 和広,橋新 剛,特願2013-173441(出願),2013年08月

  • 日本,アナターゼ型酸化チタン粒子の製造方法およびアナターゼ型酸化チタン粒子,大原 智,譚 振権,特願2013-126006(出願),2013年06月

  • 日本,ナノ複合材料の製造方法およびナノ複合材料,大原 智,阿部 浩也,譚 振権,特願2010-110431(出願),2010年05月

  • 日本,金属酸化物分散液およびその製造方法,佐藤 和好,阿部 浩也,大原 智,他1名,特願2008-284815(出願),2008年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 粉体粉末冶金協会平成26年度研究進歩賞,大原 智,山本 和広,(一社)粉体粉末冶金協会,2015年05月

  • Best Poster Presentation,S. Ohara, Z. Tan, K. Yamamoto, H. Hashishin,The 3rd International Symposium on Advanced Materials Development and Integration of Novel Structural Metallic and Inorganic Materials (AMDI-3),2012年11月

  • 第6回PM研究促進展奨励賞,大原 智,日本粉末冶金工業会,2008年11月

  • Best Poster Award, Fuel Cells Science & Technology Conference 2008,S. Ohara, K. Sato, M. Umetsu, and T. Adcshiri,Fuel Cell Focus,2008年10月

  • Best Poster Awards,M. Umetsu, S. Ohara, T. Naka, and T. Adcshiri,Materials Research Society,2008年04月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 15th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS 2019),Synthesis of Tailor-Made Ceramic Nanocrystals by Organic Ligand-Assisted Hydrothermal Method towards Energy and Environmental Applications,2019年09月

  • いちいがしの会例会,熊楠が現在の熊野の森を見たら-国の植林の問題と本当の森の機能-,2019年09月

  • 14th IUPAC International Conference on Novel Materials and their Synthesis (NMS 2018),Collision Synthesis of Nanocarbons and Ilmenite Nanoparticles using Super-High-Energy Ball Milling,2018年10月

  • 和歌山工業高等専門学校後援会御坊支部平成30年度夏季研修会,材料研究の面白さ,2018年09月

  • 和歌山高専オープンキャンパス,和歌山高専の魅力と材料研究の面白さ,2018年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Visual-JW2016,Program Committee,2016年10月

  • 国際会議,2nd Japan-France Symposium on Green-Materials and Advanced Characterization (GMAC 2015),Organizing Committee,2015年08月

  • 国際会議,Workshop of Advanced Nanocrystals and Processing towards Low Carbon Society (WANP-LCS 2014),Organizing Committee,2014年02月

  • 国際会議,1st France-Japan Symposium on Green-Materials and Advanced Characterization (GMAC 2013),Organizing Committee,2013年06月

  • 国際会議,Visual-JW2010,Program Committee,2010年11月

全件表示 >>