基本情報

写真b

大垣 隆一

OHGAKI Ryuichi


生年月

1980年03月

キーワード

膜輸送体、生体膜機能学、表皮バリア、脂質代謝

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3521

FAX番号

06-6879-3529

URL

http://www.pharma1.med.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2007年11月30日,理学研究科 生物科学専攻,特任研究員,専任

  • 2009年03月01日 ~ 2009年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,特任研究員,専任

  • 2009年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,助教,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科 生物科学専攻 修了 博士(理学) 2007年10月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院理学系研究科・博士研究員 2007年11月 ~ 2009年02月
オランダ国立フローニンゲン大学医学部付属病院・客員研究員 2008年02月 ~ 2009年02月
大阪大学大学院医学系研究科・博士研究員 2009年03月
大阪大学大学院医学系研究科・助教 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • トランスポーターの機能解析
    細胞生物学関連,発生生物学関連,機能生物化学関連

  • 表皮バリアに必須の脂質代謝過程の解明
    医化学関連

  • アミノ酸感知機構と下流のシグナル伝達経路の解析
    細胞生物学関連,機能生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本研究皮膚科学会

  • 日本薬理学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本アミノ酸学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cryo-EM structure of the human L-type amino acid transporter 1 in complex with glycoprotein CD98hc.,Lee Y, Wiriyasermkul P, Jin C, Quan L, Ohgaki R, Okuda S, Kusakizako T, Nishizawa T, Oda K, Ishitani R, Yokoyama T, Nakane T, Shirouzu M, Endou H, Nagamori S, Kanai Y, Nureki O,Nature structural & molecular biology,26(6) 510-517,2019年06月,その他

  • Boron delivery for boron neutron capture therapy targeting a cancer-upregulated oligopeptide transporter.,Miyabe J, Ohgaki R, Saito K, Wei L, Quan L, Jin C, Liu X, Okuda S, Nagamori S, Ohki H, Yoshino K, Inohara H, Kanai Y,Journal of pharmacological sciences,139(3) 215-222,2019年03月,その他

  • Nicotine induces dendritic spine remodeling in cultured hippocampal neurons.,Oda A, Yamagata K, Nakagomi S, Uejima H, Wiriyasermkul P, Ohgaki R, Nagamori S, Kanai Y, Tanaka H.,Journal of Neurochemistry,128(2) 246-255,2014年01月,学術論文

  • Differential effects of TNF (TNFSF2) and IFN-γ on intestinal epithelial cell morphogenesis and barrier function in three-dimensional culture.,Juuti-Uusitalo K, Klunder LJ, Sjollema KA, Mackovicova K, Ohgaki R, Hoekstra D, Dekker J, van Ijzendoorn SC.,PLoS One,6・8・e22967,2011年08月,学術論文

  • Organellar Na+/H+ exchangers: novel players in organelle pH regulation and their emerging functions.,Ohgaki R, van IJzendoorn SC, Matsushita M, Hoekstra D, Kanazawa H.,Biochemistry.,50(4):443-50.,2011年02月,解説・総説

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第3回分子腎臓フォーラム 優秀賞,大垣隆一,アステラス製薬,2012年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • International Training Program (ITP) Symposium 2009 at Groningen“Toward Brain Circulation through Research-Based Educational Collaboration and Exchange with EU”,Experience of ITP -Studying ion exchanger in exchange program-,2009年12月

  • ITP/ICI ECP symposium2009,Reflections by ITP students -Life and Research-,2009年03月