基本情報

写真b

大薗 惠一

OHZONO Keiichi


キーワード

小児科学,骨代謝学,内分泌学

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/inst-mch/info.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年02月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 医学博士 1982年03月

職歴 【 表示 / 非表示

ベイラー医科大学リサーチアソシエイト 1989年07月 ~ 継続中
大阪府立母子保健総合医療センター検査科診療主任 1992年04月 ~ 継続中
大阪府立母子保健総合医療センター研究所環境影響部門部長 1994年04月 ~ 継続中
大阪大学医学部客員教授 1999年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 骨カルシウム代謝に関する研究、骨系統疾患の診断と病態解明、腎機能と骨代謝

所属学会 【 表示 / 非表示

  • European Society for Paediatric Endocrinology

  • International Bone and Mineral Society

  • 大阪小児科学会

  • 日本小児神経学会

  • 日本ビタミン学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Parental somatogonadal COL2A1 mosaicism contributes to intrafamilial recurrence in a family with type 2 collagenopathy,Yamamoto K, Kubota T, Takeyari S, Kitaoka T, Miyata K, Nakano Y, Nakayama H, Ohata Y, Yanagi K, Kaname T, Okada Y, Ozono K,Am J Med Genet A,182 454-460,2020年03月,学術論文

  • Genetic and phenotypic landscape of the mitochondrial genome in the Japanese population,Yamamoto K, Sakaue S, Matsuda K, Murakami Y, Kamatani Y, Ozono K, Momozawa Y, Okada Y,Commun Biol ,3(1) 104--,2020年03月,学術論文

  • Effect of Asfotase Alfa on Muscle Weakness in a Japanese Adult Patient of Hypophosphatasia with Low ALP Levels,Koyama H, Yasuda S, Kakoi S, Ohata Y, Shimizu Y, Hasegawa C, Hayakawa A, Akiyama T, Yagi T, Aotani D, Imaeda K, Ozono K, Kataoka H, Tanaka T,Intern Med,2019年12月,学術論文

  • Comprehensive genetic analyses using targeted next-generation sequencing and genotype-phenotype correlations in 53 Japanese patients with osteogenesis imperfecta,Yasuhisa Ohata,30 2333-2342,2019年11月,学術論文

  • 抗MOG抗体陽性 tumefactive CIS の一症例,島 盛雅, 青天目 信, 中井理恵, 桒山良子, 谷河純平, 岩谷祥子, 富永康仁, 下野九理子, 大薗恵一,日本小児神経学会近畿地方会,2019年10月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,【副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル】副甲状腺機能低下症 病型分類,大幡 泰久, 窪田 拓生, 大薗 恵一,診断と治療社,ISBN,978-4-7878-2374-8,2019年05月

  • 専門著書,【副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル】低ホスファターゼ症,大幡 泰久, 窪田 拓生, 大薗 恵一,診断と治療社,ISBN,9784-7878-2374-8,2019年05月

  • 専門著書,【副甲状腺・骨代謝疾患診療マニュアル】くる病の疫学・病態・診断,大幡 泰久, 窪田 拓生, 大薗 恵一,診断と治療社,ISBN,9784787823748,2019年05月

  • 専門著書,ステロイド療法の効果的な使い方 小児科疾患,大薗恵一,臨牀と研究,2017年07月

  • 専門著書,大阪市南部基本保健医療圏における大阪府市共同住吉母子医療センター(仮称)への期待,大薗恵一,メディカルほっとライン,2017年06月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,リソソーム病治療用医薬組成物,大薗恵一,酒井規夫,大友孝信,特願2011-101560(出願),2011年04月

  • 日本,変異型ナトリウム利尿ペプチドB受容体,当該受容体をコードする遺伝子およびその利用,大薗恵一,難波範行,三浦弘司,2011-062193(出願),2010年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第19回小児分子内分泌研究会 優秀演題賞 ,藤原 誠,小児分子内分泌研究会,2015年07月

  • Young Investigator Full Bursary in European Association for the Study of the Liver 2014,Yasuhiro Hasegawa,European Association for the Study of the Liver,2014年05月

  • ASPR Best Research Award in Pediatric Academic Societies and Asian Society of Pediatric Research Joint meeting 2014,Yasuhiro Hasegawa,Asian Society of Pediatric Research,2014年04月

  • 最優秀学術発表賞,長谷川泰浩,大阪小児先進医療研究会,2013年01月

  • ESPGHAN Young Investigator International Award in World Congress Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition 2012,Yasuhiro Hasegawa,ESPGHAN,2012年10月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 九州小児内分泌談話会プログラム【設立30周年記念講演会】,小児内分泌学の進歩‐30周年記念‐,2017年02月

  • 第29回 京小児内分泌代謝カンファレンス,骨系統疾患 Update 2017,2017年02月

  • 第34回 小児代謝性骨疾患研究会,ビタミンD欠乏性くる病における25水酸化ビタミンD測定の重要性,2016年12月

  • nordiscience Ach workshop,Achondroplasia:What determines size and shape?,2016年10月

  • 2016年度 スプリングセミナー,遺伝性原発性副腎機能低下症:教科書が書き換わる時,2016年06月

全件表示 >>