基本情報

写真b

多根 正和

TANE Masakazu


キーワード

力学特性, 結晶弾性論, マイクロメカニックス, 相変態, チタン合金, 生体材料, ポーラス金属

URL

http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/~mtane/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,産業科学研究所,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年03月31日,産業科学研究所,助教,専任

  • 2010年04月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部  卒業 学士 2000年03月
大阪大学 基礎工学研究科 システム人間系専攻 修了 修士 2002年03月
大阪大学 基礎工学研究科 システム人間系専攻 修了 博士(工学) 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 産業科学研究所 助手 2004年04月 ~ 2007年03月
大阪大学 産業科学研究所 助教 2007年04月 ~ 2010年03月
大阪大学 産業科学研究所 准教授 2010年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 弾性不均質材料に対するマイクロメカニックス理論の構築および単結晶弾性率決定手法の開発
    複合材料および界面関連

  • 過冷却液体からの結晶化挙動
    金属材料物性関連,構造材料および機能材料関連

  • 生体用チタン合金の低ヤング率化メカニズムおよびチタン合金の相変態
    構造材料および機能材料関連,金属材料物性関連

  • ミクロ形態制御によって発現する優れた力学機能性(弾性、強度、疲労、破壊挙動および衝撃変形特性)の解明
    金属材料物性関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 日本鉄鋼協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Self-activated surface dynamics in gold catalysts under reaction environments,N. Kamiuchi, K. Sun, R. Aso, M. Tane, T. Tamaoka, H. Yoshida, S. Takeda,Nature Communications, Vol. 9 (2018), 2060.,2018年05月,https://doi.org/10.1038/s41467-018-04412-4,学術論文

  • Impact of grain shape on the micromechanics-based extraction of single-crystalline elastic constants from polycrystalline samples with crystallographic texture,*M. Tane, K. Yamori, T. Sekino, T. Mayama,Acta Materialia,Vol. 122 (2017), 236–251.,2017年01月,http://dx.doi.org/10.1016/j.actamat.2016.09.040,学術論文

  • Two distinct crystallization processes in supercooled liquid,*M. Tane, H. Kimizuka, T. Ichitsubo,The Journal of Chemical Physics,Vol. 144 (2016), 194505.,2016年05月,http://dx.doi.org/10.1063/1.4949329,学術論文

  • Elastic-modulus enhancement during room-temperature aging and its suppression in metastable Ti-Nb-based alloys with low body-centered cubic phase stability,*M. Tane, K. Hagihara, M. Ueda, T. Nakano, Y. Okuda,Acta Materialia,Vol. 102 (2016), 373-384.,2016年01月,http://dx.doi.org/10.1016/j.actamat.2015.09.030,学術論文

  • Effects of stacking sequence and short-range ordering of solute atoms on elastic properties of Mg-Zn-Y alloys with long-period stacking ordered structures,M. Tane, H. Kimizuka, K. Hagihara , S. Suzuki, T. Mayama , T. Sekino, Y. Nagai,Acta Materialia,Vol. 96 (2015), 170–188.,2015年09月,http://dx.doi.org/10.1016/j.actamat.2015.06.005,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ロータス型ポーラス金属の機械的性質(II)(マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線, 監修:中嶋英雄),多根正和,シーエムシー出版,2011年07月

  • 専門著書,ロータス型ポーラス金属の機械的性質(I)(マクロおよびナノポーラス金属の開発最前線, 監修:中嶋英雄),多根正和,シーエムシー出版,2011年07月

  • 専門著書,Cellular and Porous Materials: Thermal Properties Simulation and Prediction, edited by Andreas Ochsner, Graeme E. Murch, Marcelo J. S. de Lemos,T. Ogushi, H. Chiba, M. Tane and H. Nakajima,WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA,2008年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第38回 本多記念研究奨励賞,多根 正和,公益財団法人 本多記念会,2017年05月

  • 第13回 村上奨励賞,多根 正和,日本金属学会,2016年09月

  • 第16回 日本金属学会奨励賞,多根 正和,日本金属学会,2006年09月

  • 第2回 Joint JIM/TMS Young Leader International Scholar,多根 正和,JIM/TMS,2008年03月

  • 大阪大学賞(若手教員部門),多根正和,大阪大学,2017年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 強くてしなやか酸素添加で兼備、チタン合金 インプラント材に活用,日刊工業新聞,2012年10月

  • 阪大、実際の骨により近いインプラント材を開発-骨折治療、患者の負担軽減,日刊工業新聞,2012年05月