基本情報

写真b

村田 道雄

MURATA Michio


キーワード

生体分子化学、 天然物有機化学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/murata/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 農学部  卒業 1981年03月
東北大学 農学研究科  修了 1983年03月

職歴 【 表示 / 非表示

財団法人サントリー生物有機科学研究所研究員 1983年04月 ~ 1985年10月
東北大学農学部食糧化学科助手(内1989.10-1991.3米国国立衛生研究所(NIH)にて博士客員研究員) 1985年11月 ~ 1993年02月
東京大学大学院理学系研究科助教授 1993年02月 ~ 1999年03月
大阪大学大学院理学研究科教授 1999年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生理活性物質の作用機構に関する研究
    生体低分子の形成する超分子の化学的研究
    生物分子化学関連,構造有機化学および物理有機化学関連,生物有機化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本核磁気共鳴学会

  • 日本生化学会

  • 日本ケミカルバイオロジー研究会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Side-chain deuterated cholesterol as a molecular probe to determine membrane order and cholesterol partitioning.,Shinya Hanashima, Yuki Ibata, Hirofumi Watanabe, Tomokazu Yasuda, Hiroshi Tsuchikawa, Michio Murata.,Org. Biomol. Chem.,17 8601-8610,2019年09月,学術論文

  • Average Conformation of Branched Chain Lipid PGP-Me That Accounts for the Thermal Stability and High-Salinity Resistance of Archaeal Membranes.,Masaki Yamagami, Hiroshi Tsuchikawa, Jin Cui, Yuichi Umegawa, Yusuke Miyazaki, Sangjae Seo, Wataru Shinoda, Michio Murata.,Biochemistry,58(37) 3869-3879,2019年08月,学術論文

  • Cholesterol-induced Conformational Change in the Sphingomyelin Headgroup. , Shinya Hanashima, Kazuhiro Murakami, Michihiro Yura, Yo Yano, Yuichi Umegawa, Hiroshi Tsuchikawa, Nobuaki Matsumori, Sangjae Seo, Wataru Shinoda, Michio Murata., Biophysical Journal ,117(2) 307-318,2019年07月,学術論文

  • The Perpendicular Orientation of Amphotericin B Methyl Ester in Hydrated Lipid Bilayers Supports the Barrel-Stave Model,Tomoya Yamamoto, Yuichi Umegawa, Masaki Yamagami, Taiga Suzuki, Hiroshi Tsuchikawa, Shinya Hanashima, Nobuaki Matsumori, Michio Murata,Biochemistry,2019年04月,http://orcid.org/0000-0002-1600-145X,その他

  • Small structural alterations greatly influence the membrane affinity of lipophilic ligands: Membrane interactions of bafilomycin A<sub>1</sub> and its desmethyl derivative bearing <sup>19</sup>F-labeling.,Hayashi T, Tsuchikawa H, Umegawa Y, Murata M,Bioorganic & medicinal chemistry,27(8) 1677-1682,2019年04月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,大学院講義有機化学Ⅱ,村田道雄,東京化学同人,ISBN,9784807908219,2015年10月

  • 教科書,有機機器分析 ―構造解析の達人を目指して―,村田道雄,化学の要点シリーズ 10(共立出版),ISBN,4320044150,2014年02月

  • 専門著書,Structural Studies of Small Bioactive Compounds Interacting with Membranes and Proteins ,Shigeru Matsuoka, Michio Murata,in Advances in Biological Solid-State NMR: Proteins and Membrane-Active Peptides, Frances Separovic and,ISBN,978-1-84973-910-8,2014年02月

  • 一般著書,生体有機化学,村田道雄,東京化学同人,ISBN,978-4807907656 ,2012年10月

  • 教科書,特論NMR立体化学,岩下孝、楠見武徳、村田道雄,講談社,ISBN,978-4-06-154302-7,2012年08月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ポリエンマクロライド系抗生物質の多量体,村田道雄、 松森信明,特許公開2002-69091(登録),2000年08月,2002年03月

  • アメリカ,Amino acid hysiherbaine,Keiko Shimamoto, Ryuichi Sakai, Hisao Kamiya, Michio Murata,6,147,230 (US patent)(登録),1997年09月,2000年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会学術賞,村田道雄,日本化学会,2007年03月

  • 日本農芸化学会奨励賞受賞,村田道雄,日本農芸化学会,1991年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • 膜タンパク質の立体構造 阪大など迅速解明 「世界初」技術開発,科学新聞(1面),2016年11月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • タンパク質と脂質の分子認識 ~標的物質とリガンドとの結合親和性測定法~

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院理学研究科公開講座サイエンスナイト2019, 細胞膜はすごく薄くて柔らかい,2019年07月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,IUPAC天然物化学・生物多様性科学国際会議,2006年07月

  • 国内重要会議,天然物化学談話会,世話人代表,2003年07月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本化学会,ディビジョン幹事,2006年04月 ~ 継続中

  • 学会,天然有機化合物討論会,世話人,2005年10月 ~ 継続中

  • 公益法人,財団法人サントリー生物有機科学研究所,評議員,2000年04月 ~ 2008年03月