論文

分割表示  181 件中 121 - 140 件目  /  全件表示 >>
  1. 沈黙の聴取 ~ 『存在と時間』を不安と回復の現象学として読む,村上靖彦,科研費報告書「いのち・からだ・こころ」をめぐる現代的問題への応用現象学からの貢献の試み(18320003),pp. 275-288,2009年03月,学術論文

  2. Decouverte d'autrui chez les autistes et la structuration du sujet ; Pour une phenomenologie genealogique,Yasuhiko Murakami,no.8, pp. 163-180,2009年02月,学術論文

  3. 主体変容 - 現実受容の装置としての夢と物語,村上靖彦,創文,515, pp. 15-19,2008年12月,学術論文

  4. 沈黙と回復~メルロ=ポンティの主体変容論,村上靖彦,現代思想,36(16), 168-181,2008年12月,学術論文

  5. 現実触発への還元~非超越論的現象学へのプロレゴメナ,村上靖彦,日本現象学会,2008年11月,会議報告/口頭発表

  6. The Phase of affection, the Sphere of Apparition ; Fundament for the phenomenological psychopathology,Yasuhiko Murakami,Colloque "Ontology and Phenomenology", Keio University. 7.5,2008年07月,国際会議(proceedingsなし)

  7. We did not know what happened to us" - A Phenomenology of Reality,Yasuhiko Murakami,Nordic Society for Phenomenology, Annual Meeting,2008年04月,国際会議(proceedingsなし)

  8. L'espace bidimensionnel chez les autistes,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Annales de Phenomenologie, vol.7, Association pour la promotion de la phenomenologie (France),2008年02月,学術論文

  9. De la subjectivite chez les autistes et la subjectivite chez les normaux,Yasuhiko Murakami,Une journee d'etudes phenomenologiques, Universite de Toulouse, Association pour la promotion de la phenomenologie,2008年02月,国際会議(proceedingsなし)

  10. La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Studia Phenomenologica, Special Issue, Romania Association of the Phenomenology,2007年11月,学術論文

  11. 自閉症児の自我形成仮説,村上靖彦,日本自閉症スペクトラム学会、第6回研究大会/帝京大学,2007年08月,会議報告/口頭発表

  12. 二次元空間論 自閉症児の描画と知覚,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現代思想』、第35巻7号、青土社, pp. 212-223,2007年05月,学術論文

  13. 現実の現象学 デカルトの懐疑とレヴィナスの「ある」,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『哲学の探究』、第34号、哲学若手研究者フォーラム, pp. 21-40,2007年03月,学術論文

  14. Autism and the Phenomenology of Time-consciousness,Yasuhiko Murakami,The 2nd Bridge conference on "The Future of Applied Phenomenology" (Korean Society of Phenomenology, at Seoul University, 2/11-13/2007),2007年02月,国際会議(proceedingsあり)

  15. 視線と身体感覚 自閉症の現象学的分析,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『自閉症スペクトラム研究』、第5号、日本自閉症スペクトラム学会, pp. 31-37,2006年12月,学術論文

  16. De la resurrection des morts; L'eschatologie et l'hermeneutique chez Levinas et la metaphysique phenomenologique,Yasuhiko Murakami,国際会議"Levinas et la question des livres" (IMEC, Caen, France),2006年12月,国際会議(proceedingsなし)

  17. 身体表面論 三重の動的均衡と感情 フッサールと自閉症を基点として,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現象学年報』、第22巻、日本現象学会, pp.17-27,2006年11月,学術論文

  18. 心理療法のオルガノンとしての空想身体,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『イメージ心理学研究』、第3巻第1号、日本イメージ心理学会、校正中,4(1) 1-12,2006年11月,学術論文

  19. 「ミニカー並べ」の現象学 自閉症児にとって「私」とは何か,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現代思想』、第34巻12号、青土社, pp.218-230,2006年10月,学術論文

  20. La demeure comme un autre ≪autrement qu'etre≫,Yasuhiko Murakami,国際会議"Emmanuel Levinas: philosophie et responsabilite" (Bucarest University, Romanie),2006年09月,国際会議(proceedingsなし)

このページの先頭へ▲