論文

分割表示  187 件中 81 - 100 件目  /  全件表示 >>
  1. 【翻訳】『パーソナリティ障害:診断と治療のハンドブック』第4章「境界性人格障害」担当,レン・スペリー,98-131,2012年01月,その他

  2. 「生と死の境目における対人関係=看護師へのインタビューから」,村上靖彦,第11回 河合臨床哲学シンポジウム(2011.12.11),2011年12月,http://www.kawai-juku.ac.jp/event/e_detail.php?event_num=0000020089,会議報告/口頭発表

  3. がんの緩和医療を専門とする看護師Cさんへのインタビューから,村上靖彦,日本現象学会研究大会2011年11月5日立命館大学シンポジウム,2011年11月,会議報告/口頭発表

  4. Cadavre et Femme,yasuhiko murakami,エマニュエル・レヴィナス『全体性と無限』公刊50周年記念国際シンポジウム(2011.11.12-13明治大学),2011年11月,国際会議(proceedingsなし)

  5. Le fantome et les femmes. Levinas et les soins palliatifs,yasuhiko murakami,Colloque - Totalite et infini d'Emmanuel Levinas (2011. 11. 18-19),2011年11月,http://www.umr8547.ens.fr/spip.php?article347,国際会議(proceedingsなし)

  6. メルロ=ポンティの制度論と看護の時間性,村上靖彦,メルロ=ポンティ・サークル第17回大会シンポジウム,2011年09月,会議報告/口頭発表

  7. Phenomenologie de l'action – en partant des soins du patient atteint de la maladie grave,yasuhiko murakami,2011年07月,http://www.europhilosophie.eu/recherche/spip.php?article563,国際会議(proceedingsなし)

  8. リズムの破れ・メトニミーとメタファー 心的外傷と主体形成,村上靖彦,現代思想,39-11(2011.8),2011年07月,学術論文

  9. Gravity and Water – Dialog with ALS Patient’s Body,yasuhiko murakami,Bridges Conference, Saint Louis University, 2011. 5. 24,2011年05月,国際会議(proceedingsなし)

  10. « Phenomenologie de l’Eros » et le soin du patient atteint de maladie grave,yasuhiko murakami,Totalité et Infini, une oeuvre de ruptures; Colloque International, 11 mai 2011, Paris,2011年05月,http://www.sirel-levinas.org/dotclear/index.php?post/2010/12/10/COLLOQUE-INTERNATIONAL-TOTALIT%C3%89-ET-INFINI%2C-UNE-%C5%92UVRE-DE-RUPTURES-9-au-11-mai-2011%2C-Paris,国際会議(proceedingsなし)

  11. "La communication avec les patients en état végétatif - l'affection d'appel potentielle et la télépathie transcendantale pure" ,yasuhiko murakami,presentation at the University of Louvain-la-Neuve, Centre de la phenomenologie du sujet et de la theorie de l'action,2011年05月,大学・研究所等の報告

  12. どうして生き物を殺しちゃいけないの?,村上靖彦,チャイルドヘルス,14(4), pp. 26-27,2011年04月,その他

  13. 重力と水 ――ALS介護におけるゆっくりとしたコミュニケーション,村上靖彦,日本質的心理学会研究会(@キャンパスプラザ京都),2011年03月,会議報告/口頭発表

  14. 書評加藤敏著『人の絆の病理と再生 臨床哲学の展開』,村上靖彦,図書新聞,3005号, p. 5,2011年03月,書評

  15. 秘密とその未来--ウィニコット・ラプランシュ・ドルトとコミュニケーションのねじれ,村上靖彦,37, pp.117-134,2011年03月,学術論文

  16. 固有名とその病理,村上靖彦,現代思想,39(2), pp. 126-137,2011年02月,学術論文

  17. Affection of contact and transcendental telepathy in schizophrenia and autism,yasuhiko murakami,Phenomenology and the Cognitive Sciences,10(1), pp.@@,2011年02月,http://www.springerlink.com/content/k641821w551560m5/,学術論文

  18. 潜在的な視線触発と超越論的テレパシー,村上靖彦,看護研究,44(1), 76-84,2011年02月,http://ej.islib.jp/ejournal/top-00228370.html,学術論文

  19. Affection d’appel et prenom. Pour une phenomenologie de l’acquisition de la langue et de la communication,Yasuhiko Murakami,Annales de phenomenologie,10. pp. 163-176,2011年02月,学術論文

  20. 看護行為の時間 西村ユミとハイデガー行為論の拡張,村上靖彦,UTCP Booklet,18, pp. 141-158,2011年02月,http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/publications/2011/02/utcp_booklet_18/,学術論文

このページの先頭へ▲