論文

分割表示  213 件中 181 - 200 件目  /  全件表示 >>
  1. 身体表面論Ⅰ,三重の動的均衡と感情 フッサールと自閉症を基点として,村上靖彦,日本現象学会、第27回研究対会/京都大学,2005年11月,会議報告/口頭発表

  2. 視線と身体構成 自閉症の精神病理学,村上靖彦,日本神経精神医学会、第10回研究大会/京王プラザホテル,2005年11月,会議報告/口頭発表

  3. 空想身体と心理療法,村上靖彦,日本イメージ心理学会、第6回研究大会/静岡大学,2005年11月,会議報告/口頭発表

  4. 共同体倫理の創設と視線 アクタイオン神話をめぐる現象学的人間学,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第26巻2号, 日本大学国際関係学部、pp163-180,2005年09月,学術論文

  5. 視線と身体感覚 自閉症の現象学的分析,村上靖彦,日本自閉症スペクトラム学会、第4回研究大会/白百合女子大学,2005年08月,会議報告/口頭発表

  6. L'origine de l'expression - la 1ere Recherche logique et la langue chez les autistes,Yasuhiko Murakami,Association pour la promotion de la phenomenologie, Universite de Poitiers,2005年05月,国際会議(proceedingsなし)

  7. 視線の構造 自閉症児の対人恐怖と情動的間主観性の現象学,村上靖彦,日本哲学会、第64回研究大会、一橋大学,2005年05月,会議報告/口頭発表

  8. 外傷体験時の解離について,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『フッサール研究』、第三号, pp.189-198,2005年03月,学術論文

  9. 表現の構造 『論理学研究』第一研究」と自閉症児の言語障害,村上靖彦,第4回フッサール研究会、八王子大学セミナーハウス,2005年03月,会議報告/口頭発表

  10. De la dissociation au moment de l'epreuve traumatique,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Annales de Phenomenologie, vol. 4, Association pour la promotion de la phenomenologie (France), pp.49-70,2005年02月,学術論文

  11. Dans une culture sans Dieu - Levinas au Japon,村上靖彦Yasuhiko Murakami,Cahiers d'etudes levinassiennes, vol.4, Institut d'etudes levinassiennes (Israel/France), pp.409-438,2005年02月,学術論文

  12. 方法としてのレヴィナス 情動性の現象学における自己の地平構造,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『現象学年報』、第20巻、pp.29-39,2004年11月,学術論文

  13. 自閉症者のシェルターと安心感の起源としての間身体性,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第25巻第1号、pp.77-98,25(1) 77-98,2004年07月,学術論文

  14. 超越論的主観性を支える間身体性についてー自閉症を手がかりに,村上靖彦,日本哲学会、第63回研究大会、南山大学,2004年05月,会議報告/口頭発表

  15. 心的外傷における解離現象と超越論的な自己統覚,村上靖彦,第3回フッサール研究会、八王子大学セミナーハウス,2004年03月,会議報告/口頭発表

  16. レヴィナスと心的外傷 - 情動性の現象学のための草案,村上靖彦,日本大学哲学会、第54回学術研究発表会(日本大学文理学部),24(4) 111-129,2003年12月,会議報告/口頭発表

  17. メルロ=ポンティ『眼と精神』におけるPhantasieleibの問題,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『メルロ=ポンティ研究』第7/8合併号、メルロ=ポンティ/サークル、pp.34-49,2003年09月,学術論文

  18. 原感情としての身体のゆらぎ フッサール『論理学研究』第五研究と『受動的総合の分析』をもとにして,村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係学部研究年報』第24集、日本大学国際関係学部、pp.1-12,2003年02月,学術論文

  19. 外傷体験における身体(フッサールを導きとして),村上靖彦Yasuhiko Murakami,『国際関係研究』、第23巻第3号、日本大学, pp. 211-227,2002年12月,学術論文

  20. 心的外傷のフラッシュバックの現象学的分析」(「PTSDにおける想起の現象学的分析」改題),村上靖彦,日本現象学会第24回研究大会(同志社大学),2002年11月,会議報告/口頭発表

このページの先頭へ▲