論文

分割表示  204 件中 1 - 20 件目  /  全件表示 >>
  1. 想像を超えたところからやってくる出来事がもつ力をうけとめる 急性・重症患者看護専門看護師 比田井理恵さん,村上靖彦,看護研究,51, 3, 269-274,2018年06月,学術論文

  2. 場と変化を支えるーーにしなり☆こども食堂における母親支援を例にして,村上靖彦,精神療法,44,3,329-334,2018年06月,学術論文

  3. システム改革の黒子としてのCNS がん看護専門看護師春木さん,村上靖彦,看護研究,51, 2, 167-172,2018年04月,学術論文

  4. 出来事と出会うための場を開く,村上靖彦,異境の現象学 <現象学の異境的展開>の軌跡2015-2017,165-188,2018年03月,学術論文

  5. Désir et force - un cas de soin à domicile,yasuhiko murakami,Soin et Autonomie - Journée d'étude Phisciviさん、Master éthique du soin et recherche (Univ. Toulouse),2018年02月,国際会議(proceedingsなし)

  6. methode de la recherche qualitative phenomenologique,yasuhiko murakami,Conference au Master éthique du soin et recherche (Univ. Toulouse),2018年02月,会議報告/口頭発表

  7. Soutien collectif et métamorphose individuelle,yasuhiko murakami,Conference de la Philosophie à l'UCL - ISP EFIL,2018年02月,会議報告/口頭発表

  8. 看護における願いと力 在宅看護専門看護師 佐藤直子さん,村上靖彦,看護研究,51-1, 79-84,2018年02月,http://medicalfinder.jp/doi/pdf/10.11477/mf.1681201479,学術論文

  9. 日常生活のなかで死んでいく――在宅での看取りによってハイデガーを少しだけずらす,村上靖彦,現代思想,46-3, 316-325,2018年02月,学術論文

  10. すき間にケアを届かせる 精神看護専門看護師大橋明子さん,村上靖彦,看護研究,50, 7, 699-705,2017年12月,学術論文

  11. 現象学的な質的研究の考え方 こども食堂でのインタビューを例にして,村上靖彦,日本子ども虐待防止学会,2017年12月,会議報告/口頭発表

  12. MY TREEにおけるポリフォニーとつながりの問題,村上靖彦,子ども虐待防止学会,2017年12月,会議報告/口頭発表

  13. La spatialisation de la vie dans l'hopital psychiatrique au Japon,yasuhiko murakami,L'espace, les phenomenes, l'existence,163-180,2017年10月,学術論文

  14. 見えなくなる看護とスイッチをつくるナース,村上靖彦,看護研究,50(6), 607-612,2017年09月,学術論文

  15. 1.5人称の看護 患者に踏み込む人としての専門看護師,村上靖彦,看護研究,50, 5, 493-498,2017年08月,学術論文

  16. 当事者研究と現象学,村上靖彦,臨床心理学,増刊9、61-65,2017年08月,学術論文

  17. 医療実践の現象学的分析,村上靖彦,全国自治体病院協議会精神科特別部会,2017年08月,会議報告/口頭発表

  18. Pour une bioéthique phénoménologique – ce que j’ai appris des infirmières,yasuhiko murakami,Colloque international: La vie entre ethique et science,2017年07月,http://calenda.org/402736,国際会議(proceedingsなし)

  19. 経験の流れを内側から捉える知 現象学と他の方法はいかにして補い合うのか,村上靖彦,看護研究,50-4, 325-329,2017年07月,http://medicalfinder.jp/doi/pdf/10.11477/mf.1681201395,学術論文

  20. De l'intersubjectivite a la limite, phenomenologie de l'eros et l'etat vegetatif,yasuhiko murakami,Totalite et Infini - Une oeuvre de ruptures,147-156,2017年07月,学術論文

このページの先頭へ▲