基本情報

写真b

村上 博成

MURAKAMI Hironaru


キーワード

超伝導物性,表面物性,超伝導テラヘルツ物性、磁束物理

URL

http://www.ile.osaka-u.ac.jp/research/THP/murakami/index_en.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年09月01日 ~ 2004年06月30日,超伝導フォトニクス研究センター,助教授,専任

  • 2004年07月01日 ~ 2007年03月31日,レーザーエネルギー学研究センター,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2017年04月30日,レーザーエネルギー学研究センター,准教授,専任

  • 2017年05月01日 ~ 継続中,レーザー科学研究所,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

九州大学 理学部 物理学科 卒業 理学士 1984年03月
九州大学 理学研究科 物理学専攻 修了 理学修士 1986年03月
九州大学 理学研究科 物理学専攻 中退 1988年12月
大阪大学 工学系研究科  博士(工学) 1995年05月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 助手 1988年12月 ~ 1998年04月
大阪大学 学内講師 1998年05月 ~ 2000年08月
大阪大学 助教授(准教授) 2000年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高温超伝導体の超高速キャリアダイナミクス
    走査型トンネル顕微鏡による電子材料の研究
    レーザー磁気光学法による磁束量子状態に関する研究
    各種電子材料における超高速キャリアダイナミクスに関する研究
    高分解レーザーテラヘルツ放射顕微鏡の開発
    近接場レーザー・テラヘルツイメージング


    光工学および光量子科学関連,電子デバイスおよび電子機器関連,ナノ構造物理関連,電気電子材料工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Plasmonic enhancement effects on terahertz detection sensitivity of LT-GaAs photoconductive antenna deposited with gold nanoparticles,H.Murakami, T.Takarada, M.Tonouchi,OptoX-Nano2019,2019年12月,国際会議(proceedingsあり)

  • Scanning laser terahertz near-field reflection imaging system,Kosuke Okada, Kazunori Serita, Zirui Zang, Hironaru Murakami, Iwao KAWAYAMA, Quentin Cassar, Gaëtan Macgrogan, Jean Paul Guillet, Patrick Mounaix and Masayoshi TONOUCHI,Applied Physics Express,12(12) 122005,2019年10月,学術論文

  • An ultrasensitive terahertz microfluidic chip based on Fano resonance of a few arrays of meta-atoms,K. Serita, H. Murakami, I. Kawayama, and M. Tonouchi,44th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves,2019年09月,国際会議(proceedingsなし)

  • Laser terahertz emission microscopy as an investigative tool for low-dimensional materials,Filchito Renee G. Bagsican, Iwao Kawayama, Hironaru Murakami, Masayoshi Tonouchi,1st International Conference in Science and Mathematics (ICSM 2019),2019年04月,国際会議(proceedingsなし)

  • High-sensitivity photoconductive detectors with wide dipole electrodes for low frequency THz wave detection,Hironaru Murakami, Kenta Mizui, and Masayoshi Tonouchi,Journal of Applied Physics,Vol.125, 151610-(1-6),2019年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Terahertz optics in strongly correlated electron systems,Kida N, Murakami H, Tonouchi M,SPRINGER-VERLAG BERLIN,2005年05月

  • 専門著書,高温超伝導体の研究 -トンネル分光-,青木亮三、村上博成,ノバサイエンス,1996年04月

  • 専門著書,テラヘルツ技術総覧,村上博成,エヌジーティー,ISBN,978-4990371302,2007年11月

  • 専門著書,テラヘルツオプトエレクトロニクス,村上博成,シュプリンガー,2005年04月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,半導体検査装置及び検査方法,村上博成、金鮮美、斗内政吉、山下将嗣、大谷知行、松本徹、青木芳光,2008-223612(出願),2008年08月

  • ヨーロッパ,測定用デバイス、及びそれを用いた測定装置,芹田和則、斗内 政吉、村上博成、川山巌、北岸恵子,2016/075065(出願),2016年08月

  • 日本,測定用デバイス、及びそれを用いた測定装置,芹田和則、斗内 政吉、村上博成、川山巌、北岸恵子,2015-169826(出願),2015年08月

  • 日本,光磁束変換素子,画像検出装置,画像記録装置,画像検出方法および画像記録方法,斗内 政吉、小林 猛、村上 博成,特願2001-270997(登録),2001年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • 高強度レーザーが拓く光科学新産業,オプトロニクス,2015年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会関西支部2004年度セミナー,超伝導の新奇物性と応用,2004年12月

  • 応用物理学会関西支部2003年度セミナー,超伝導の新奇物性と応用,2004年01月

  • 応用物理学会関西支部2003年度セミナー,超伝導の新奇物性と応用,2003年11月

  • 応用物理学会関西支部2002年度セミナー,「新奇超伝導物性と応用」,2002年12月

  • 応用物理学会関西支部2001年度第2回セミナー,「超伝導物性の新展開」,2002年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,MTSA2017/8th International Symposium on Terahertz Nanoscience (MTSA2017/TeraNano8),TeraNano8実行委員長/MTSA2017実行委員,2017年11月

  • 国際会議,MTSA2015/6th International Symposium on Terahertz Nanoscience (MTSA/TeraNano-6),実行委員長,2015年06月

  • 国際会議,テラヘルツ技術国際ワークショップ2009,プログラム委員、実行委員、会計,2009年11月

  • 国際会議,テラヘルツ技術国際ワークショップ2005,プログラム委員、実行委員、会計,2005年11月

  • 国際会議,第8回超伝導エレクトロニクス国際会議(ISEC'01),プログラム委員,2001年06月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,電子情報通信学会,IEICE論文誌(Vol.E85-C, No.3)編集幹事,2001年06月 ~ 2002年03月

  • 学会,低温工学協会,超伝導データベース評価委員,1998年01月 ~ 2000年03月