基本情報

写真b

倉智 嘉久

KURACHI Yoshihisa


キーワード

薬理学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/pharma2/www/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 医学部 医学科 卒業 医学博士 1978年03月

職歴 【 表示 / 非表示

生物化学総合研究機構 生理学研究所・助手 1980年04月 ~ 1981年04月
岡崎国立共同研究機構 生理学研究所・助手 1981年05月 ~ 1984年12月
東京大学医学部第2内科医員 1985年01月 ~ 1985年04月
東京大学助手 1985年05月 ~ 1990年07月
Mayo Medical School Assistant Professor 1990年07月 ~ 継続中
Mayo Medical School Associate professor 1992年07月 ~ 1993年08月
山形大学客員教授 (併任) 1993年04月 ~ 1998年03月
大阪大学医学部薬理学第2講座・教授 1993年09月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学系研究科情報伝達医学系情報薬理学講座・教授(改組) 1998年04月 ~ 継続中
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター・センター長(併任) 2004年11月 ~ 2010年06月
大阪大学大学院医学系研究科病態制御医学専攻薬理学 分子・細胞薬理学講座・教授 2005年05月 ~ 継続中
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター・地域連携部門長(併任) 2012年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • イオンチャネルの分子薬理に関する研究

    in silico technologyによる異分野融合領域の創成

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本薬理学会

  • 日本循環器学会

  • 日本生理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Reflected conduction attributed to sodium channel distribution within cardiomyocytes: a possible mechanism of ventricular fibrillation induction in Brugada syndrome.,Kunichika Tsumoto, Yoshihisa Kurachi.,the Biophysical Society 62nd Annual Meeting (BPS2018),2018年02月,会議報告/口頭発表

  • Facilitation by hERG channel blockers suppresses early afterdepolarization of simulated cardiac action potentials.,Kazuharu Furutani, Kunichika Tsumoto, Jon T. Sack, Yoshihisa Kurachi.,2018年02月,会議報告/口頭発表

  • 多重安定な心筋トリガードアクティビティーの発生:不整脈誘発との関連において,津元国親, 倉田康孝, 古谷和春, 倉智嘉久,第27回日本循環薬理学会年会,2017年12月,会議報告/口頭発表

  • hERGチャネル阻害薬の心室筋活動電位への影響:心室性不整脈のトリガードアクティビティーとの関連において,津元国親, 倉田康孝, 古谷和春, 倉智嘉久,第132回日本薬理学会近畿部会,2017年11月,会議報告/口頭発表

  • 心筋細胞モデルにみられた早期後脱分極の多重安定状態:不整脈トリガーとの関連において,津元国親, 倉田康孝, 古谷和春, 倉智嘉久,生理学研究所研究会,2017年10月,大学・研究所等の報告

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Patch Clamp Techniques: From Beginning to Advanced Protocols,Furutani K, Kurachi Y.,Springer ,ISBN,4431539921,2012年04月

  • 専門著書,Direct regulation of ion channels by G proteins.,Inanobe A, Kurachi Y,Academic Press,ISBN,9780123877383,2011年12月

  • 専門著書,最新パッチクランプ実験技術法,古谷和春, 倉智嘉久,吉岡書店,ISBN,484270358X,2011年06月

  • 教科書,NEW薬理学6版,古谷和春, 倉智嘉久,南江堂,ISBN,4524260889,2011年04月

  • 教科書,ギャノング生理学23版,古谷和春, 倉智嘉久,丸善株式会社,ISBN,4621083198,2011年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞 [心臓・循環分野],津元国親,日本生理学会,2017年03月

  • Young Investigator's Award (Finalist) in the Japanese Society of Electrocardiology,Kuncihika Tsumoto, Takashi Ashihara, Ryo Haraguchi, Kazuo Nakazawa, Yoshihisa Kurachi.,日本心電学会,2011年09月

  • 循環器学研究振興財団第一回内田賞 ,倉智 嘉久,,1991年

  • 日本循環器学会第4回Young Investigator Award最優秀賞 ,倉智 嘉久,,1987年

  • 日本心電学会第一回木村栄一賞最優秀賞 ,倉智 嘉久,,1985年

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 実験-数理科学の融合により環境感知分子TRPチャネルの電気応答の仕組みの一端を解明,福岡大学,2017年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第32回大阪大学医工情報連携シンポジウム,閉会の挨拶,2015年09月

  • 山形国際シンポジウム,Multi-level Simulation for Assessing the Risk of Drug-induced Cardiac Arrhythmia,2008年05月