基本情報

写真b

倉智 嘉久

KURACHI Yoshihisa


キーワード

薬理学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/pharma2/www/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 医学部 医学科 卒業 医学博士 1978年03月

職歴 【 表示 / 非表示

生物化学総合研究機構 生理学研究所・助手 1980年04月 ~ 1981年04月
岡崎国立共同研究機構 生理学研究所・助手 1981年05月 ~ 1984年12月
東京大学医学部第2内科医員 1985年01月 ~ 1985年04月
東京大学助手 1985年05月 ~ 1990年07月
Mayo Medical School Assistant Professor 1990年07月 ~ 継続中
Mayo Medical School Associate professor 1992年07月 ~ 1993年08月
山形大学客員教授 (併任) 1993年04月 ~ 1998年03月
大阪大学医学部薬理学第2講座・教授 1993年09月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学系研究科情報伝達医学系情報薬理学講座・教授(改組) 1998年04月 ~ 継続中
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター・センター長(併任) 2004年11月 ~ 2010年06月
大阪大学大学院医学系研究科病態制御医学専攻薬理学 分子・細胞薬理学講座・教授 2005年05月 ~ 継続中
大阪大学臨床医工学融合研究教育センター・地域連携部門長(併任) 2012年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • イオンチャネルの分子薬理に関する研究

    in silico technologyによる異分野融合領域の創成

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本薬理学会

  • 日本循環器学会

  • 日本生理学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Multi-stability in early afterdepolarizations as a potential mechanism that triggers life-threatening arrhythmias in human ventricle,Kunichika Tsumoto, Yasutaka Kurata, Yoshihisa Kurachi,the 10th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session (APHRS 2017) and the 64th Annual Meeting of the Japanese Heart Rhythm Society (JHRS2017),2017年09月,国際会議(proceedingsなし)

  • Hysteretic dynamics of multi-stable early afterdepolarisations with repolarisation reserve attenuation: a potential dynamical mechanism for cardiac arrhythmias,Kunichika Tsumoto, Yasutaka Kurata, Kazuharu Furutani, Yoshihisa Kurachi,Scientific Reports,7:10771,2017年09月,学術論文

  • Integrative approach with electrophysiological and theoretical methods reveals a new role of S4 positively charged residues in PKD2L1 channel voltage-sensing,Tomohiro Numata, Kunichika Tsumoto, Kazunori Yamada, Tatsuki Kurokawa, Shinichi Hirose, Hideki Nomura, Mitsuhiro Kawano, Yoshihisa Kurachi, Ryuji Inoue, Yasuo Mori, Scientific Reports,7:9760,2017年08月,学術論文

  • Structural determinants at the M2 muscarinic receptor modulate the RGS4-GIRK response to pilocarpine by impairment of the receptor voltage sensitivity.,Chen IS, Furutani K, Kurachi Y.,Sci Rep,7(1) 6110,2017年07月,学術論文

  • 心臓興奮伝導における生理学的および病態生理学的モデリング研究,津元国親, 倉智嘉久,Jourmal of Physiological Sciences,67(supp.1) S23, S78-S23, S78,2017年03月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Patch Clamp Techniques: From Beginning to Advanced Protocols,Furutani K, Kurachi Y.,Springer ,ISBN,4431539921,2012年04月

  • 専門著書,Direct regulation of ion channels by G proteins.,Inanobe A, Kurachi Y,Academic Press,ISBN,9780123877383,2011年12月

  • 専門著書,最新パッチクランプ実験技術法,古谷和春, 倉智嘉久,吉岡書店,ISBN,484270358X,2011年06月

  • 教科書,NEW薬理学6版,古谷和春, 倉智嘉久,南江堂,ISBN,4524260889,2011年04月

  • 教科書,ギャノング生理学23版,古谷和春, 倉智嘉久,丸善株式会社,ISBN,4621083198,2011年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞 [心臓・循環分野],津元国親,日本生理学会,2017年03月

  • Young Investigator's Award (Finalist) in the Japanese Society of Electrocardiology,Kuncihika Tsumoto, Takashi Ashihara, Ryo Haraguchi, Kazuo Nakazawa, Yoshihisa Kurachi.,日本心電学会,2011年09月

  • 循環器学研究振興財団第一回内田賞 ,倉智 嘉久,,1991年

  • 日本循環器学会第4回Young Investigator Award最優秀賞 ,倉智 嘉久,,1987年

  • 日本心電学会第一回木村栄一賞最優秀賞 ,倉智 嘉久,,1985年

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第32回大阪大学医工情報連携シンポジウム,閉会の挨拶,2015年09月

  • 山形国際シンポジウム,Multi-level Simulation for Assessing the Risk of Drug-induced Cardiac Arrhythmia,2008年05月