基本情報

写真b

前田 真一郎

MAEDA Shinichiro


キーワード

臨床薬学

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b026/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年07月01日 ~ 2014年04月15日,薬学研究科 附属実践薬学教育研究センター,助教,専任

  • 2014年04月16日 ~ 継続中,薬学研究科 附属実践薬学教育研究センター,講師,専任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院薬剤部 2002年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬理学
    医療薬学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本臨床薬理学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本病院薬剤師会

  • 日本医療薬学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Verification of pharmacogenomics-based algorithms to predict warfarin maintenace dose using resistered data of Japanese patients. ,Sasano, M., Ohno, M., Fukuda, Y., Nonen, S., Hirobe, S., Maeda, S., Miwa, Y., Yokoyama, J., Nakayama, H., Miyagawa, S., Sawa, Y., Fujio, Y., Maeda, M.,75(7) 901-911,2019年07月,学術論文

  • Verification of pharmacogenomics-based algorithms to predict warfarin maintenance dose using registered data of Japanese patients. ,Sasano M, Ohno M, Fukuda Y, Nonen S, Hirobe S, Maeda S, et al,75(7) 901-911,2019年07月,学術論文

  • Efficiency of sirolimus delivery to the skin is dependent on administration route and formulation.,Kitayama K, Maeda S, Nakamura A, Katayama I, Wataya-Kaneda M. ,94(3) 350-353,2019年06月,学術論文

  • Verification of pharmacogenomics-based algorithms to predict warfarin maintenance dose using registered data of Japanese patients. ,Sasano M, Ohno M, Fukuda Y, Nonen S, Hirobe S, Maeda S, Miwa Y, Yokoyama J, Nakayama H, Miyagawa S, Sawa Y, Fujio Y, Maeda M.,Eur J Clin Pharmacol. ,2019年03月,学術論文

  • Eukaryotic translation initiation factor 3 subunit C is associated with acquired resistance to erlotinib in non-small cell lung cancer.,Shintani T, Higashisaka K, Maeda M, Hamada M, Tsuji R, Kurihara K, Kashiwagi Y, Sato A, Obana M, Yamamoto A, Kawasaki K, Lin Y, Kijima T, Kinehara Y, Miwa Y, Maeda S, Morii E, Kumanogoh A, Tsutsumi Y, Nagatomo I, Fujio Y.,Oncotarget,9(101) 37520-37533,2018年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Environmental Contamination,Maeda, S., Oishi, M., Miwa, Y., Kurokawa, N,InTech,ISBN,978-953-51-0120-8,2012年02月