基本情報

写真b

川端 重忠

KAWABATA Shigetada


キーワード

細菌学,分子生物学,免疫学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2896

FAX番号

06-6879-2180

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年04月01日 ~ 2006年04月30日,歯学研究科 分子病態口腔科学専攻,助教授,専任

  • 2006年05月01日 ~ 2012年03月31日,歯学研究科 分子病態口腔科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 歯学部 歯学科 卒業 1989年03月
大阪大学 歯学研究科 歯学臨床系専攻 修了 歯学 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

米国アラバマ大学バーミンガム校研究員 1993年10月 ~ 1995年02月
大阪大学助手 1995年03月 ~ 1997年11月
大阪大学講師 1997年12月 ~ 1998年08月
大阪大学助教授 1998年09月 ~ 2006年04月
大阪大学教授 2006年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 溶血性レンサ球菌の細胞侵入機構,う蝕原性細菌の病原因子

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際歯科研究学会(IADR)

  • 米国細胞生物学会(ASCB)

  • 歯科基礎医学会

  • 日本感染症学会

  • 日本細菌学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thermosensitive pilus production by FCT type 3 Streptococcus pyogenes controlled by Nra regulator translational efficiency.,Nakata M, Sumitomo T, Patenge N, Kreikemeyer B, Kawabata S.,Molecular Microbiology ,in press,2019年11月,学術論文

  • Streptococcus pneumoniae surface adhesin PfbA exhibits host specificity by binding to human serum albumin but not bovine, rabbit and porcine serum albumins.,Sankar S, Yamaguchi M, Kawabata S, Ponnuraj K.,The Protein journal,in press,2019年11月,学術論文

  • Streptococcus pneumoniaeのコリン結合タンパク質が感染成立に果たす役割,後藤花奈,山口雅也,川端重忠,大阪大学歯学雑誌,Vol. 64, 1, pp5-7 ,2019年10月,解説・総説

  • Surface pre-reacted glass filler contributes to tertiary dentin formation through a mechanism different than that of hydraulic calcium-silicate cement ,Okamoto M, Ali M, Komichi S, Watanabe M, Huang H, Ito Y, Miura J, Hirose Y, Mizuhira M, Takahashi Y, Okuzaki D, Kawabata S, Imazato S, Hayashi M.,Journal of Clinical Medicine,8(9) 1440-1440,2019年09月,学術論文

  • Streptococcus pyogenes transcriptome changes in inflammatory environment of necrotizing fasciitis.,Hirose Y., Yamaguchi M., Okuzaki D., Motooka D., Hamamoto H., Hanada T., Sumitomo T., Nakata M., Kawabata S.,Applied and Environmental Microbiology,Vol. 85. e01428-19. ,2019年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Streptococcal Enolase and Immune Evasion, In Moonlighting proteins: Novel virulence factors in bacterial infections.,Masaya Yamaguchi. Shigetada Kawabata,Wiley-Blackwell,ISBN,978-1-118-95111-8,2017年04月

  • 教科書,口腔微生物学・免疫学 第4版,川端重忠,小松澤均,大原直也,寺尾豊,浜田茂幸,医歯薬出版,ISBN,4263457919,2015年12月

  • 専門著書,口腔内細菌,130-134項.病原微生物学-基礎と臨床-.荒川宜親,神谷茂,柳雄介編,川端重忠,東京化学同人,ISBN,4807908278,2014年12月

  • 教科書,ブラック微生物学 第3版 原書8版,川端重忠,丸善出版,ISBN,4621088130,2014年03月

  • 教科書,最新歯科衛生士教本 疾病の成り立ち及び過程の促進2 微生物学,木村重信,中川一路,川端重忠,大原直也,小松澤均,医歯薬出版,ISBN,4263428145,2011年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 小林六造記念賞,化膿レンサ球菌の細胞付着・侵入機構に関する研究,日本細菌学会,2005年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • Analysis identifies key bacterial virulence gene,BioWorld Science, in Clarivate Analytics,2019年03月

  • Winning the Arms Race: Analysis Reveals Key Gene for Bacterial Infection,AlphaGalileo,2019年03月

  • Analysis reveals key gene for bacterial infection,Phys.org,2019年03月

  • Winning the arms race: Analysis reveals key gene for bacterial infection,ScienceDaily,2019年03月

  • Analysis Reveals Key Gene for Bacterial Infection,Infection Control Today,2019年03月

全件表示 >>