基本情報

写真b

川上 茂樹

KAWAKAMI Shigeki


キーワード

ウイルス学、タンパク質工学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6878-5066

FAX番号

06-6878-5066

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年12月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,特任講師,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2005年12月31日,工学研究科,特任講師(常勤),専任

  • 2006年01月01日 ~ 2006年05月31日,先端科学イノベーションセンター,特任研究員,専任

  • 2006年06月01日 ~ 2007年02月28日,工学研究科 ビジネスエンジニアリング専攻,特任助教授,専任

  • 2007年03月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 附属フロンティア研究センター,特任助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年09月30日,工学研究科 附属フロンティア研究センター,特任准教授,専任

  • 2007年10月01日 ~ 2008年07月31日,工学研究科 附属フロンティア研究センター,特任研究員,専任

  • 2008年08月01日 ~ 2011年03月31日,工学研究科 附属高度人材育成センター,特任准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2014年11月15日,産業科学研究所,特任准教授,専任

  • 2016年11月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,特任准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

帝京大学 理工学部 バイオサイエンス学科 卒業 学士 1992年03月
広島大学 理学研究科 遺伝子科学 修了 修士(理学) 1995年03月
東京農工大学 農学研究科 生物生産 修了 博士(農学) 1997年03月
東京農工大学 連合農学研究科 生物生産学専攻 修了 博士(農学) 1998年03月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学・未来開拓研究研究員 1997年04月 ~ 1998年12月
東京大学大学院総合文化研究科・未来開拓研究員 1998年04月 ~ 1999年12月
東京大学・日本学術振興会PD特別研究員 1999年01月 ~ 2002年12月
東京大学大学院総合文化研究科・日本学術振興会・特別研究員 2000年01月 ~ 2003年12月
Donald Danforth Plant Science Center・ Dr. Roger N. Beachy laboratory ・Research fellow 2000年10月 ~ 2004年10月
ドナルド ダンフォース プラント サイエンス センター・博士研究員 2000年10月 ~ 2004年11月
大阪大学フロンティア研究機構・特任講師 2004年11月 ~ 2006年05月
大阪大学工学研究科先端生命工学専攻・特任講師 2004年11月 ~ 継続中
大阪大学先端科学イノベーションセンター・VBL部門・特任研究員 2005年10月 ~ 2006年05月
大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻・特任助教授 2006年06月 ~ 2007年02月
大阪大学フロンティア研究センター・特任准教授 2007年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生体分子の高感度検出システムの研究開発
    循環器内科学関連,泌尿器科学関連,膠原病およびアレルギー内科学関連

  • タバコモザイクウイルスの細胞間移行の研究
    ウイルス学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

  • American Society for Virology

  • 日本植物病理学会 日本ウイルス学会 アメリカウイルス学会 分子生物学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Domains of Tobacco mosaic virus movement protein essential for its membrane association,M. Fujiki, S. Kawakami, W. Kim, R.N. Beachy,J General Virology,87 / 9 , 2699-2707,2006年04月,学術論文

  • Transformation of yeast using bioactive beads with surface-immobilized yeast artificial chromosomes,Kawakami S, Harashima S, Kobayashi A, Fukui K.,Methods Mol Biol.,349, 61-65,2006年02月,学術論文

  • Stimulated parametric emission microscopy,K. Isobe, S. Kataoka, R. Murase, W. Watanabe, T. Higashi, S. Kawakami, S. Matsunaga, K. Fukui and K. Itoh,Optics Express,14 / 2 , 786-793,2006年02月,学術論文

  • TMV Infection Spreads Cell to Cell as intact Replication Complexes,S. Kawakami, Y. Watanabe, R.N. Beachy,Proc. Natl. Acad. Sci. U S A.,101(16): 6291-6296,2004年04月,学術論文

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,YAC Protocols Second Edition Edited by Alasdair MacKenzie,S. Kawakami, S. Harashima, A. Kobayashi, and K. Fukui,Humana Press Inc.,2006年02月

  • 専門著書,植物ウイルスのmovement protein (MP)をめぐる話題,川上茂樹、渡辺雄一郎,ウイルス,2000年08月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,票的物質の高感度検出法、検出キットおよび検出装置,川上茂樹、榎木啓真,特願2006-239607(登録),2006年09月

  • 日本,分子間相互作用測定方法及びこの方法を用いた測定装置,川上茂樹、福井希一、内山進、西川聡,特願2005-242273(登録),2005年08月

  • 日本,無細胞タンパク質翻訳系を用いたRNAi分析法,川上、福井、松永、大久保,特願2005-14564(登録),2005年01月

  • 日本,核酸の新規合成を検出する方法,川上、岡村、渡辺、三瀬、古沢、 外1名,平11-203576(登録),2001年02月

  • 日本,ウイルスを検出する方法,川上、岡村、渡辺、三瀬、古沢、他一名,平11-203474(登録),2000年11月