基本情報

写真b

川合 知二

KAWAI Tomoji


キーワード

DNAナノテクノロジー

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4307

FAX番号

06-6875-4307

URL

http://www-kawai.sanken.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月01日 ~ 2010年03月31日,産業科学研究所,教授,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2014年09月30日,産業科学研究所,特任教授(常勤),専任

  • 2014年10月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,特任教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2008年08月31日,大阪大学,総長補佐,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学部 化学科 卒業 1969年03月
東京大学 理学系研究科 化学専攻 修了 1971年03月
東京大学 理学系研究科 化学専攻 修了 理学博士 1974年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学 日本学術振興会奨励研究員 1974年04月 ~ 1975年06月
東京工業大学 工学部化学工学科 助手 1975年07月 ~ 1976年06月
国立分子科学研究所 基礎電子化学部門 助手 1976年07月 ~ 1983年03月
大阪大学 産業科学研究所 助教授 1983年04月 ~ 1992年03月
大阪大学 産業科学研究所 教授 1992年04月 ~ 2010年03月
大阪大学 産業科学研究所 高次インターマテリアル研究センター長 併任 2001年04月 ~ 2002年03月
大阪大学 産業科学研究所 産業科学ナノテクノロジーセンター長 併任 2002年04月 ~ 2004年03月
大阪大学 産業科学研究所 所長 2004年04月 ~ 2008年03月
大阪大学 総長補佐 2007年04月 ~ 2008年08月
大阪大学・産業科学研究所・特任教授(常勤) 2010年04月 ~ 2014年09月
大阪大学 産業科学研究所・特任教授 2014年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 多機能が調和した材料・デバイス・システムの創成、走査プローブ顕微鏡による極微な科学

  • 多機能が調和した人工生体情報材料の創成、DNAナノテクノロジー

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国物理学会

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Electrical Nucleotide Sensor Based on Synthetic Guanine-Receptor-Modified Electrodes,Takahito Ohshiro, Rajiv Kumar Verma, Kazumichi Yokota, Makusu Tsutsui, Sanjukta Mukherjee, Tomoji Kawai, Kazuhiko Nakatani, Masateru Taniguchi,ChemistrySelect,3(13), 3819-3824,2018年04月,学術論文

  • Electrical Nucleotide Sensor Based on Synthetic Guanine‐Receptor‐Modified Electrodes,Takahito Ohshiro, Rajiv Kumar Verma, Kazumichi Yokota, Makusu Tsutsui, Sanjukta Mukherjee, Tomoji Kawai, Kazuhiko Nakatani, Masateru Taniguchi,Chemistry Select,3(13), 3819-3824,2018年04月,学術論文

  • Quantitative Evaluation of Dielectric Breakdown of Silicon Micro- and Nanofluidic Devices for Electrophoretic Transport of a Single DNA Molecule,Mamiko Sano, Noritada Kaji, Qiong Wu, Toyohiro Naito, Takao Yasui, Masateru Taniguchi, Tomoji Kawai, Yoshinobu Baba,Micromachines,9(4), 180(1-9),2018年04月,学術論文

  • Atomic force microscopy analysis of SasA‐KaiC complex formation involved in information transfer from the KaiABC clock machinery to the output pathway in cyanobacteria,Reiko Murakami, Hitomi Hokonohara, Dock-Chil Che,Tomoji Kawai,Takuya Matsumoto, Masahiro Ishiura,Genes Cells Wiley Online Library , 01-013,2018年03月,学術論文

  • Development of Single-Molecule Electrophoretic Control Method For Single-Molecule Tunnel-Current based Nucleotide Identification by Nano-fluid integrated Nano-gap Devices,Takahito Ohshiro , Makusu Tsutsui , Kazumichi Yokota , Masateru Taniguchi,APS March Meeting 2018,2018年03月,国際会議(proceedingsなし)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,実践ナノテクノロジー「走査プローブ顕微鏡と局所分光」第7章:局所分光の実践例 1節:有機・バイオ分子の解析,松本卓也、川合知二,裳華房、総ページ数429(p.371-388) (2005.11.20),2005年11月

  • 専門著書,先端化学シリーズⅥ「界面・コロイド、ナノテクノロジー、分子エレクトロニクス、ナノ分析」,日本化学会編:松本卓也, 川合知二(分担執筆),丸善㈱、総ページ数:310頁(pp.198-204),2004年04月

  • その他,つかめ!最新テクノロジー〈4〉ナノテクノロジー 1mの10億分の1が未来を変える,苅宿俊文、川合知二,偕成社, 47p, (2004.3),2004年03月

  • その他,日経トレンディムック マンガ先端科学入門 ビジネスマン必読!!,川合知二、榊佳之、安井至,日経ホーム出版社, 総113p, (2003.12),2003年12月

  • その他,ナノテクノロジー大事典,川合知二 監修,工業調査会, 総989p, (2003.12),2003年12月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 台湾,流路デバイスおよび微粒子濃縮方法(TW),殿村渉、筒井真楠、横田一道、有馬彰秀、谷口正輝、川合知二,107116514(台湾)(出願),2018年05月

  • 日本,単分子識別方法、装置、及びプログラム,川合 知二、谷口 正輝、大城 敬人,特開2018-151397(P2018-151397A)(2018.9.27)(公開),2018年05月

  • PCT,流路デバイスおよび微粒子濃縮方法(PCT),殿村渉、筒井真楠、横田一道、有馬彰秀、谷口正輝、川合知二,PCT/JP2018/017992(出願),2018年05月

  • PCT,サンプルの分析方法、及びサンプル分析用デバイス(PCT),矢崎啓寿、安井隆雄、加地範匡、馬場嘉信、川野聡恭、土井謙太郎、柳田剛、福山真央,PCT/JP2017/036124(出願),2017年10月

  • PCT,生体物質検出用デバイス、生体物質検出用検出総理、イオン電流の測定方法、及び、生体物質の識別方法,筒井真楠, 横田一道, 谷口正輝, 川合知二, 大河内美奈, 田中祐圭, 馬場嘉信, 加地範匡, 安井隆雄, 宮原裕二,堀口諭吉 ,PCT/JP2017/016041(出願),2017年04月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀研究賞 (化学とマイクロ・ナノシステム学会 第36回研究会),有馬彰秀, 堀口諭吉, 筒井真楠, 殿村渉, 横田一道, 谷口正輝, 宮原裕二, 川合知二,化学とマイクロ・ナノシステム学会,2017年10月

  • The 75st JSAP Autumn Meeting, 2014 Poster Award,Makusu Tsutsui, Akihide Arima, Kentaro Doi, Satoyuki Kawano, Tomoji Kawai, Masateru Taniguchi,The Japan Society of Applied Physics,2014年10月

  • The 75st JSAP Autumn Meeting, 2014 "Poster Award" 2014.10.1,Makusu Tsutsui, Akihide Arima, Kentaro Doi, Satoyuki Kawano, Tomoji Kawai, Masateru Taniguchi,JSAP,2014年10月

  • Top Cited Article 2005-2010 Award 2010年8月5日,Masateru Taniguchi、Tomoji Kawai,Elsevir, ”DNA electronics” Physica E, 33 (2006) 1-12,2010年08月

  • 最先端研究支援プロジェクト 中心研究者,川合知二,内閣府,2010年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 塩基配列決定装置 開発VB設立 阪大,日刊工業新聞 2013(H25)年10月16日,2013年10月

  • 遺伝子解析で医療変革,日本経済新聞 2013(H25)年7月1日,2013年07月

  • 遺伝情報応用 早く安く,日本経済新聞 2013(H25)年5月23日(木),2013年05月

  • 微小RNAを解析,日経産業新聞 2012(H24)年7月11日(水),2012年07月

  • 高速、安価なDNA解析に一歩=電流で短い塩基配列解読-大阪大,時事通信 2012(H24)7月10日,2012年07月