基本情報

写真b

石本 憲司

ISHIMOTO Kenji


キーワード

脂質代謝,薬剤学,薬物動態

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b011/member.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年09月01日 ~ 2009年10月31日,医学部附属病院,特任研究員,専任

  • 2009年11月01日 ~ 2011年08月15日,薬学研究科 生命情報環境科学専攻,助教,専任

  • 2011年08月16日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,特任研究員,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2013年03月31日,医学部附属病院,特任助教(常勤),専任

  • 2013年04月01日 ~ 2015年05月31日,薬学研究科 附属創薬センター,特任講師(常勤),専任

  • 2016年04月01日 ~ 2016年09月30日,薬学研究科,特任講師(常勤),専任

  • 2016年10月01日 ~ 2017年03月31日,薬学研究科 創成薬学専攻,特任研究員(常勤),専任

  • 2017年04月01日 ~ 2017年08月31日,薬学研究科 創成薬学専攻,特任講師(常勤),専任

  • 2017年09月01日 ~ 継続中,薬学研究科 附属創薬センター,特任講師(常勤),専任

  • 2018年06月01日 ~ 継続中,国際医工情報センター,特任講師(常勤),兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京薬科大学 薬学部  卒業 学士 2001年03月
北海道大学 薬学研究科  修了 修士(薬学) 2003年03月
大阪大学 薬学研究科  修了 博士(薬学) 2006年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院未来医療センター・特任研究員 2006年08月 ~ 2009年10月
大阪大学大学院薬学研究科・助教 2009年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 難水溶性の機能性素材を可溶化する技術開発
    医療薬学関連

  • 脂質代謝を制御する転写因子とその遺伝子発現調節に関する研究
    薬系衛生および生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本薬剤学会

  • 日本DDS学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Degradation of human Lipin-1 by BTRC E3 ubiquitin ligase.,1. Ishimoto K, Hayase A, Kumagai F, Kawai M, Okuno H, Hino N, Okada Y, Kawamura T, Tanaka T, Hamakubo T, Sakai J, Kodama T, Tachibana K, Doi T.,488(1):159-164,2017年06月,学術論文

  • Ubiquitination of Lysine 867 of the Human SETDB1 Protein Upregulates Its Histone H3 Lysine 9 (H3K9) Methyltransferase Activity.,Ishimoto K, Kawamata N, Uchihara Y, Okubo M, Fujimoto R, Gotoh E, Kakinouchi K, Mizohata E, Hino N, Okada Y, Mochizuki Y, Tanaka T, Hamakubo T, Sakai J, Kodama T, Inoue T, Tachibana K, Doi T.,PLoS One,11(10):e0165766,2016年10月,学術論文

  • Sterol-mediated regulation of human lipin 1 gene expression in hepatoblastoma cells,Ishimoto K, Nakamura H, Tachibana K, Yamasaki D, Ota A, Hirano K, Tanaka T, Hamakubo T, Sakai J, Kodama T, Doi T.,J. Biol. Chem.,2009年08月,学術論文

  • Structural development of 1H-pyrazolo-[3,4-b]pyridine-4-carboxylic acid derivatives as human peroxisome proliferator-activated receptor alpha (PPARα)-selective agonists.,Miyachi H, Yuzuriha T, Tabata R, Fukuda S, Nunomura K, Lin B, Kobayashi T, Ishimoto K, Doi T, Tachibana K,Bioorganic & medicinal chemistry letters,29(16) 2124-2128,2019年08月,学術論文

  • β-Carotene solid dispersion prepared by hot-melt technology improves its solubility in water.,Ishimoto K, Miki S, Ohno A, Nakamura Y, Otani S, Nakamura M, Nakagawa S,Journal of food science and technology,56(7) 3540-3546,2019年07月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,「血管生物医学事典」第5章転写因子 SP1,AP-1,土井健史、石本憲司,(日本血管生物医学会 編) 浅野書店,2011年12月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ピラゾロピリジン誘導体およびその使用,土井健史、橘 敬祐、小林直之、杠 智博、石本憲司、宮地弘幸,特願2015-223167(出願),2015年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度 日本薬学会近畿支部奨励賞,石本 憲司,日本薬学会近畿支部,2011年01月