基本情報

写真b

西條 將文

SAIJO Masafumi


キーワード

分子生物学, 生化学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年07月01日 ~ 2002年03月31日,細胞生体工学センター,助教授,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2007年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 薬学部 薬学科 卒業 1984年03月
東京大学 薬学系研究科 薬学専攻 修了 1987年03月
東京大学 薬学系研究科 薬学専攻 修了 薬学博士 1990年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1990年04月 ~ 1991年03月
対がん10カ年総合戦略リサーチ・レジデント 1991年04月 ~ 1993年10月
大阪大学細胞生体工学センター助手 1993年10月 ~ 2001年06月
大阪大学細胞生体工学センター助教授 2001年07月 ~ 2002年03月
大阪大学大学院生命機能研究科助教授 2002年04月 ~ 2007年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ヌクレオチド除去修復の分子機構の研究
    分子生物学関連,放射線影響関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of the conserved NER helicases (XPB and XPD) and UV-induced DNA damage in Hydra,Alisha A. Galande, Nusrat Perween, Masafumi Saijo, Saroj S. Ghaskadbi, Surendra Ghaskadbi,BBA - General Subjects,1862 2031-2042,2018年09月,学術論文

  • Generation of splice switching oligonucleotides targeting the Cockayne syndrome group B gene product in order to change the diseased cell state.,Yooksil Sin, Futaba Makimura, Masafumi Saijo, Satoshi Obika,Biochemical and Biophysical Research Communications,500(2) 163-169,2018年06月,学術論文

  • Inhibition of UVSSA ubiquitination suppresses transcription-coupled nucleotide excision repair deficiency caused by dissociation from USP7.,Mitsuru Higa, Kiyoji Tanaka, Masafumi Saijo,FEBS Journal,285(5) 965-976,2018年03月,学術論文

  • DGCR8 Mediates Repair of UV-Induced DNA Damage Independently of RNA Processing.,Calses PC, Dhillon KK, Tucker N, Chi Y, Huang J-w, Kawasumi M, Nghiem P, Wang Y, Cluman BE, Jacquemont C, Gafken PR, Sugasawa K, Saijo M, Taniguchi T,Cell Reports,19(1) 162-174,2017年04月,学術論文

  • Stabilization of Ultraviolet (UV)-stimulated Scaffold Protein A by Interaction with Ubiquitin-specific Peptidase 7 Is Essential for Transcription-coupled Nucleotide Excision Repair.,M. Higa, X. Zhang, K. Tanaka, M. Saijo,The Journal of Biological Chemistry,291, 26, 13771-13779,2016年06月,学術論文

全件表示 >>