基本情報

写真b

西田 宏記

NISHIDA Hiroki


生年月

1957年12月

キーワード

発生生物学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5472

FAX番号

06-6850-5472

URL

http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/bio_web/lab_page/nishida/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 生物科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 理学部 生物学科 卒業 理学学士 1980年03月
京都大学 理学研究科 動物学専攻 修了 理学修士 1984年03月
京都大学 理学研究科 動物学専攻 修了 理学博士 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1987年04月 ~ 1988年03月
神戸大学教養部生物学教室助手 1988年04月 ~ 1990年03月
神戸大学教養部生物学教室講師 1990年04月 ~ 1991年09月
東京工業大学生命理工学部助教授 1991年10月 ~ 2003年03月
大阪大学理学研究科生物科学専攻教授 2003年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 動物胚発生過程における細胞の発生運命決定機構
    発生生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 国際発生生物学会

  • 米国発生生物学会

  • 日本動物学会

  • 日本発生生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A chordate species lacking Nodal utilizes calcium oscillation and Bmp for left-right patterning.,Onuma TA*, Hayashi M, Gyojya F, Kishi K, Wang K and Nishida H.,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America.,in press,2020年02月,学術論文

  • Protein phosphatase 2A is essential to maintain meiotic arrest, and to prevent Ca2+ burst at spawning and eventual parthenogenesis in the larvacean Oikopleura dioica. ,Matsuo M*, Onuma TA, Omotezako T and Nishida N,Developmental Biology.,in press,2019年12月,学術論文

  • ANISEED 2019: 4D exploration of genetic data for an extended range of tunicates.,Dardaillon J, Dauga D, Simion P, Faure E, Onuma TA, DeBiasse M, Louis A, Nitta K, Naville M, Besnardeau L, Reeves W, Wang K, Fagotto M, Guéroult-Bellone M, Fujiwara S, Dumollard R, Veeman M, Volff JN, Roest Crollius H, Douzery E, Ryan J, Davidson B, Nishida H, Dantec C* and Lemaire P*,Nucleic Acids Research,in press,2019年10月,学術論文

  • Wavy movements of epidermis monocilia drive the neurula rotation that determines left–right asymmetry in ascidian embryos.,Yamada S#, Tanaka Y#, Imai KS, Saigou M, Onuma TA and Nishida N* (#equal contribution) ,Developmental Biology.,448(2): 173-182.,2019年04月,学術論文

  • Vitelline membrane proteins promote left-sided nodal expression after neurula rotation in the ascidian, Halocynthia roretzi.,Tanaka, Y., Yamada, S., Connop, S. L., Hashii, N., Sawada, H., Shih, Y., and Nishida, H.,Dev. Biol,449, 52-61,2019年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,細胞周期フロンティア,西田宏記 他,共立出版,2010年01月

  • 専門著書,研究をささえるモデル生物,西田宏記 他,化学同人,2009年10月

  • 専門著書,神経系の多様性:その起源と進化,西田宏記 他,培風館,2007年07月

  • 専門著書,生物学データ大百科事典(下),西田宏記 他,朝倉書店,2002年01月

  • 一般著書,たった一つの卵から - 発生現象の不思議,西田宏記 他,東京化学同人,2001年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 加藤淑裕記念賞,西田宏記,日本発生生物学会,1991年05月

  • 日本動物学会奨励賞,西田宏記,日本動物学会,1995年09月

  • 井上学術賞,西田宏記,井上科学振興財団,2005年02月

  • 大阪科学賞,西田宏記,大阪府・大阪市・大阪科学技術センター,2004年11月

  • 日本動物学会賞,西田宏記,日本動物学会,2003年09月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 多細胞動物におけるDNAiクラブ,ザ サイエンティスト,2015年07月

  • たんぱく合成DNAが阻害,読売新聞,2015年06月

  • 忙人寸語,千葉日報,2003年02月

  • 筋肉作り遺伝子発見,朝日新聞,2001年04月

  • ホヤの卵の中に筋肉つくる物質,東京新聞、中日新聞、デイリー東北、他10社,2001年02月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本発生生物学会,大会長,2019年05月

  • 国際会議,7th International Tunicate Meeting ,2013年07月

  • 国際会議,2nd International Workshop on Tunicate Information System,2012年11月

  • 国際会議,Halocynthia genome annotation Jamboree,2012年11月

  • 国内重要会議,日本動物学会,大会長,2012年09月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本発生学会,理事,2019年05月 ~ 2021年04月

  • 学会,日本動物学会,理事および近畿支部長,2016年08月 ~ 2018年08月

  • 学会,日本発生生物学会,運営委員,2015年01月 ~ 2016年12月

  • 学会,日本発生学会,運営委員,2013年01月 ~ 2014年12月

  • 学会,日本動物学会,評議員,2011年01月 ~ 2012年09月

全件表示 >>