基本情報

写真b

西村 純一

NISHIMURA Junichi


キーワード

発作性夜間ヘモグロビン尿症、RNAアプタマー

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年08月01日 ~ 2009年04月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2009年05月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

川崎医科大学 医学部  卒業 MD 1988年03月
大阪大学 医学研究科  修了 PhD 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Duke University Medical Center, Assistant Research Professor 2002年05月 ~ 2008年07月
Osaka University Graduate School of Medicine, Specialy Appointed Assistant Profesor 2007年08月 ~ 2009年04月
Osaka University Graduate School of Medicine, Assistant Profesor 2009年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学
    血液および腫瘍内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Society of Hematology

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 補体の関与する血液疾患,西村 純一,血液内科 ,75:585-590,2017年11月,解説・総説

  • 【補体と腎疾患】発作性夜間ヘモグロビン尿症,西村 純一,腎と透析,83:618-621,2017年10月,解説・総説

  • PIGT-PNH 患者における自己炎症メカニズムの解明  その2 ヒト単球細胞株での解析,大里 幸真子、村上 良子、村田 祥吾、植田 康敬、西村 純一、金倉 譲、木下 タロウ,第54回日本補体学会学術集会,2017年09月,会議報告/口頭発表

  • PIGT-PNH 患者における自己炎症メカニズムの解明  その1 患者検体からの検討,村田 祥吾、村上 良子、大里 幸真子、植田 康敬、西村 純一、井上 徳光、川本 未知、幸原 伸夫、木下 タロウ,第54回日本補体学会学術集会,2017年09月,会議報告/口頭発表

  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症,高森弘之, 植田康敬, 西村純一,最新醫学 別冊 診断と治療のABC 125,pp116-128,2017年08月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,難治性貧血の診療ガイド「発作性夜間ヘモグロビン尿症」,西村純一, 金倉 譲,南江堂,2011年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第70回日本血液学会学術総会(10.10-12: 京都市)コーポレートセミナー New Advancements in the Progression and Treatment of PNH,発作性夜間ヘモグロビン尿症の新規治療法の開発,2008年10月