基本情報

写真b

西村 純一

NISHIMURA Junichi


キーワード

発作性夜間ヘモグロビン尿症、RNAアプタマー

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年08月01日 ~ 2009年04月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2009年05月01日 ~ 2010年09月30日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教,専任

  • 2010年10月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

川崎医科大学 医学部  卒業 MD 1988年03月
大阪大学 医学研究科  修了 PhD 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Duke University Medical Center, Assistant Research Professor 2002年05月 ~ 2008年07月
Osaka University Graduate School of Medicine, Specialy Appointed Assistant Profesor 2007年08月 ~ 2009年04月
Osaka University Graduate School of Medicine, Assistant Profesor 2009年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 血液内科学
    血液および腫瘍内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Society of Hematology

 

論文 【 表示 / 非表示

  • PIGT-PNH 患者における自己炎症メカニズムの解明  その2 ヒト単球細胞株での解析,大里 幸真子、村上 良子、村田 祥吾、植田 康敬、西村 純一、金倉 譲、木下 タロウ,第54回日本補体学会学術集会,2017年09月,会議報告/口頭発表

  • PIGT-PNH 患者における自己炎症メカニズムの解明  その1 患者検体からの検討,村田 祥吾、村上 良子、大里 幸真子、植田 康敬、西村 純一、井上 徳光、川本 未知、幸原 伸夫、木下 タロウ,第54回日本補体学会学術集会,2017年09月,会議報告/口頭発表

  • Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria caused by PIGT mutations; Atypical PNH,Yoshiko Murakami , Michi Kawamoto , Norimitsu Inoue , Makiko Osato , Shogo Murata , Sho Murase , Hajime Yoshimura , Yasutaka Ueda , Jun-ichi Nishimura , Yuzuru Kanakura , Nobuo Kohara , and Taroh Kinoshita ,58th ASH Annual Meeting and Exposition ,2016年12月,国際会議(proceedingsあり)

  • Interim analysis of post-marketing surveillance of eculizumab for paroxysmal nocturnal hemoglobinuria in Japan.,Ninomiya H, Obara N, Chiba S, Usuki K, Nishiwaki K, Matsumura I, Shichishima T, Okamoto S, Nishimura JI, Ohyashiki K, Nakao S, Ando K, Kanda Y, Kawaguchi T, Nakakuma H, Harada D, Akiyama H, Kinoshita T, Ozawa K, Omine M, Kanakura Y,Int J Hematol,104(5) 548-558,2016年11月,学術論文

  • Interim analysis of post-marketing surveillance of eculizumab for paroxysmal nocturnal hemoglobinuria in Japan,Ninomiya H, Obara N, Chiba S, Usuki K, Nishiwaki K, Matsumura I, Shichishima T, Okamoto S, Nishimura J, Ohyashiki K, Nakao S, Ando K, Kanda Y, Kawaguchi T, Nakakuma H, Harada D, Akiyama H, Kinoshita T, Ozawa K, Omine M, Kanakura Y,International Journal of Hematology,104(5):548-558,2016年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,難治性貧血の診療ガイド「発作性夜間ヘモグロビン尿症」,西村純一, 金倉 譲,南江堂,2011年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第70回日本血液学会学術総会(10.10-12: 京都市)コーポレートセミナー New Advancements in the Progression and Treatment of PNH,発作性夜間ヘモグロビン尿症の新規治療法の開発,2008年10月