基本情報

写真b

西川 敦

NISHIKAWA Atsushi


キーワード

身体運動制御学,生体医工学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2003年03月31日,基礎工学研究科,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2005年03月31日,基礎工学研究科 機能創成専攻,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 機能創成専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年03月31日,基礎工学研究科 機能創成専攻,准教授,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 機能創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 機械工学科 卒業 1990年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 1992年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻 修了 博士(工学) 1995年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1994年04月 ~ 1996年03月
米国南カリフォルニア大学客員研究員 1995年04月 ~ 1996年03月
大阪大学助手 1996年04月 ~ 2005年03月
大阪大学助教授 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学准教授 2007年04月 ~ 2010年03月
信州大学教授 2010年04月 ~ 2019年03月
大阪大学教授 2019年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 機能的電気刺激によるヒト身体運動のモデリングと制御
    医用システム関連,生体医工学関連

  • ウェアラブルセンサを用いたヒト身体運動の計測と医療応用
    医用システム関連,生体医工学関連

  • 手術支援ならびに身体運動理解のための医用画像解析
    医用システム関連,生体医工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会

  • 日本コンピュータ外科学会

  • 日本ロボット学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • わが国における医療用ロボットの開発―内視鏡下手術支援ハンドアイロボットシステム―,西川敦, 宮崎文夫,外科治療, Vol. 90, No. 1, pp. 57-63,Vol. 90, No. 1, pp. 57-63,2004年01月,解説・総説

  • Contour Based Hierarchical Part Decomposition Method for Human Body Motion Analysis from Video Sequence,Kengo Koara, Atsushi Nishikawa, Fumio Miyazaki,Proceedings of the 3rd International Conference on Machine Automation (ICMA2000), pp. 371-376, Osaka, Japan,Japan,2000年10月,学術論文

  • Using Foveated Vision for Robust Object Tracking: Three-Dimensional Horopter Analysis,Naoki Oshiro, Atsushi Nishikawa, Fumio Miyazaki,Robust Vision for Vision-Based Control of Motion, Chapter 11, pp. 137-143,11, pp. 137-143,2000年04月,学術論文

  • 術中変形を伴う臓器内腫瘍位置の実時間内視鏡画像合成システム,山口哲, 西川敦, 宮崎文夫, 島田順一, 加藤大志朗, 川上誠, 池田文昭, 山本裕,生体医工学, Vol. 42, No. 4,Vol. 42, No. 4, pp. 318-327,2005年03月,学術論文

  • 実時間遠隔コミュニケーションを支援する相互視界共有システム,西川敦, 貴島茂雄, 加藤朋宏, 丸谷誠慶, 山口哲, 宮崎文夫,電子情報通信学会論文誌, Vol.J88-D-I, No. 2,Vol.J88-D-I, No. 2, pp.292-304,2005年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,ロボティクス入門,宮崎文夫, 升谷保博, 西川敦,共立出版,2000年10月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,医療用マニピュレータ及びこれを用いた医療用マニピュレータ装置,西川敦、宮崎文夫、谷口和弘、門田守人、関本貢嗣,特願2006-144487(登録),2006年05月,2006年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • IBC International Scientist of the Year 2005,Atsushi Nishikawa,International Biographical Centre,2005年08月

  • Osaka University 2003-2004 Best 10 Papers,Atsushi Nishikawa,Osaka University,2004年11月

  • 生体医工学シンポジウム2004ベストリサーチアワード,西川敦,日本エムイー学会,2004年09月

  • CARS 2003 Poster Award,Atsushi Nishikawa,The International Society for Computer Aided Surgery,2003年06月

  • Marquis Who's Who in the World 2006,Atsushi Nishikawa,Marquis Who's Who,2005年11月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第6回In-Slico Human 学術研究集会,内視鏡下手術支援ロボティクス・メカトロニクス技術,2005年09月

  • 第35回バイオメックフォーラム21研究会,腹腔鏡手術支援ロボットと胸腔鏡手術ナビゲーションシステム,2004年12月

  • 第3回日本コンピュータ外科学会教育セミナー,腹腔鏡手術の術者インタフェースについて,2004年12月

  • 第2回ディスプレイ医療応用研究会,液晶ディスプレイの医療応用―手術ナビゲーションから内視鏡ロボットの制御まで―,2004年07月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,CARS2006,開催地部会委員,2006年06月

  • その他,最先端の物理を高校生に,運営委員、実行委員、プログラム委員,2005年10月

  • 国内重要会議,生体医工学シンポジウム2005,プログラム委員,2005年09月