基本情報

写真b

西 竜治

NISHI Ryuji


キーワード

電子光学、電子計測

電話番号

06-6879-7941

FAX番号

06-6879-7942

URL

http://www.uhvem.osaka-u.ac.jp/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2003年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 附属原子分子イオン制御理工学センター,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,超高圧電子顕微鏡センター,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電子工学科 卒業 1990年03月
大阪大学 工学研究科 電子工学専攻 修了 1992年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1992年04月 ~ 継続中
大阪大学学内講師 2004年11月 ~ 継続中
大阪大学准教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 電子光学
    計測工学関連

  • 超高圧電子顕微鏡装置の開発
    計測工学関連

  • 電子線トモグラフィーシステムの開発
    計測工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • (社)日本顕微鏡学会

  • (社)応用物理学会

  • (社)情報処理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Spherical aberration correction with in-lens N-fold symmetric line currents,S. Hoque, R. Nishi, H. Ito, and A.Takaoka,Tenth International Conference on Charged Particle Optics,2018年10月,国際会議(proceedingsなし)

  • Investigation of electromagnetic-SYLC for chromatic aberration correction,R. Nishi, S. Hoque, H. Ito, and A.Takaoka,Tenth International Conference on Charged Particle Optics,2018年10月,国際会議(proceedingsなし)

  • Spherical aberration correction with an in-lens N-fold symmetric line currents model,Shahedul Hoque, Hiroyuki Ito, Ryuji Nishi,Ultramicroscopy,vol. 187, pp. 135-143,2018年04月,学術論文

  • Axial geometrical aberration correction up to 5th order with N-SYLC,Shahedul Hoque, Hiroyuki Ito, Akio Takaoka, Ryuji Nishi,Ultramicroscopy,182 68-80,2017年11月,学術論文

  • Automatic system for electron tomography data collection in the ultra-high voltage electron microscope,Meng Cao, Ryuji Nishi, Fang Wang,Micron,Vol. 33, pp. 29-33,2017年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Scanning Probe Microscopy: Characterization, Nanofabrication and Device Application of Functional Materials, Part II Fundamentals of Scanning Probe Techniques "Functions of NC-AFM on Atomic Scale",S. Morita, N. Oyabu, T. Nishimoto, R. Nishi, O. Custance, I. Yi and Y. Sugawara,Kluwer Academic Publishers,2004年12月

  • 専門著書,FUNCTIONS OF NC-AFM ON ATOMIC SCALE,Seizo Morita, Noriaki Oyabu, Takahiro Nishimoto, Ryuji Nishi, Oscar Custance, Insook Yi and Yasuhiro Sugawara,NATO Advanced Study Institute,2000年10月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第79回応用物理学会秋期学術講演会シンポジウム,代表世話人,2018年09月

  • 国際会議,2nd Handai Nanoscience and Nanotechnology International Symposium,事務局,2006年11月

  • 国内重要会議,第26回表面科学講演大会,会場小委員会副委員長,2006年11月

  • 国内重要会議,第9回実用表面分析セミナー,実行役員,2006年10月

  • 国際会議,9th International Conference on Noncontact Atomic Force Microscopy,事務局長,2006年07月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,日本顕微鏡学会電子光学設計技術分科会,幹事,2018年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本学術振興会第132委員会,幹事,2012年01月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本顕微鏡学会電子光学設計技術研究部会,幹事,2015年05月 ~ 2018年03月

  • 公益法人,日本顕微鏡学会,代議員,2014年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,日本学術振興会第132委員会,委員,2011年07月 ~ 2012年01月

全件表示 >>