基本情報

写真b

生越 專介

OGOSHI Sensuke


キーワード

有機金属化学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.chem.eng.osaka-u.ac.jp/~ogoshi-lab/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2004年03月31日,工学研究科,講師,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1988年03月
大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 修了 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1992年04月 ~ 1993年03月
大阪大学助手 1993年04月 ~ 継続中
日本学術振興会海外特別研究員 (アルバータ大学) 1996年02月 ~ 1997年09月
大阪大学講師 1999年04月 ~ 継続中
大阪府立大学先端科学研究所非常勤教員 2001年04月 ~ 2004年03月
大阪大学助教授 2004年03月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科教授 2007年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ニッケルを触媒とするカルボニル化合物とアルケン、アルキンとのカップリング反応
    有機合成化学関連

  • オリゴシラン、ポリシラン合成を指向したヒドロシラン類とニッケル化合物との反応
    有機合成化学関連,高分子化学関連

  • ニッケル錯体上での結合形成
    有機合成化学関連

  • 白金・パラジウムのプロパルギル錯体の反応性,遷移金属とルイス酸との組み合わせによる新しい有機金属の創製

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 近畿化学協会

  • 日本化学会

  • American Chemical Society

  • ケイ素化学協会

  • 錯体化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Aza-Nickelacycle Key Intermediate in Nickel(0)-Catalyzed Transformation Reactions,M. Ohashi, Y. Hoshimoto and S. Ogoshi,Dalton Transactions,2015, Advance Article,2015年04月,学術論文

  • Synthesis, Characterization, and Unique Catalytic Activities of a Fluorinated Nickel Enolate,R. Doi, K. Kikushima, M. Ohashi and S. Ogoshi,Journal of the American Chemical Society,just accepted ,2015年02月,学術論文

  • Catalytic Transformations of Fluorinated Olefins,M. Ohashi and S. Ogoshi,Topics in Organometallic Chemistry,in Press,2014年12月,学術論文

  • Highly Efficient Activation of Organosilanes with eta(2)-Aldehyde Nickel Complexes: Key for Catalytic Syntheses of Aryl-, Vinyl-, and Alkynyl-Benzoxasiloles,Hoshimoto Yoichi, Yabuki Hayato, Kumar Ravindra, Suzuki Haruka, Ohashi Masato, Ogoshi Sensuke,JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,136(48), 16752–16755,2014年12月,学術論文

  • Nickel(0)-Catalyzed [2+2+1] Carbonylative Cycloaddition of Imines and Alkynes or Norbornene Leading to gamma-Lactams,Hoshimoto Yoichi, Ohata Tomoya, Sasaoka Yukari, Ohashi Masato, Ogoshi Sensuke,JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,136(45), 15877–15880,2014年11月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,有機基で置換された含フッ素オレフィンの製造方法,生越 専介、大橋 理人 柴沼 俊、足達 健二 永井 隆文,2013-029500(出願),2013年02月

  • 日本,含フッ素ビニル亜鉛の製造方法,生越 専介、大橋 理人 柴沼 俊、足達 健二 永井 隆文,2012-273662(出願),2012年12月

  • PCT,PREPARATION METHOD FOR FLUORINE-CONTAINING OLEFINS HAVING ORGANIC-GROUP SUBSTITUENTS ,NAGAI TAKABUMI; ADACHI KENJI; SHIBANUMA TAKASHI; OGOSHI SENSUKE; OHASHI MASATO,WO 2012121345(公開),2012年03月

  • PCT,Preparation of fluoroolefins having organic substituents,Nagai, Takabumi; Adachi, Kenji; Shibanuma, Takashi; Ogoshi, Sensuke; Ohashi, Masato,WO 2012121340(公開),2012年03月

  • PCT,Preparation of fluoroolefins having organic substituents from fluoroolefins and organoboron compounds,Nagai, Takabumi; Adachi, Kenji; Shibanuma, Takashi; Ogoshi, Sensuke; Ohashi, Masato,WO 2012121345(公開),2012年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Asian Core Program Lectureship Award,生越 專介,ICCEOA-3,2014年12月

  • 第3回大阪大学総長顕彰(研究部門),生越 專介,大阪大学,2014年07月

  • 日本化学会第31回学術賞,生越 專介,日本化学会,2014年03月

  • 第2回大阪大学総長顕彰(研究部門),生越 專介,大阪大学,2013年06月

  • 2011年度(第3回)有機合成化学協会日産化学・有機合成新反応/手法賞,生越 專介,有機合成化学協会,2012年02月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 燃料電池用樹脂原料、簡単に合成 阪大、1段階の合成法で,日経産業新聞,2011年05月