基本情報

写真b

清水 俊

SHIMIZU Suguru


キーワード

素粒子実験

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年05月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 物理学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 物理学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学 理学部 応用物理学科 卒業 1991年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1, K中間子崩壊による基本対称性および低エネルギーQCDの研究
    2, 未知中性粒子X0の探索

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of π/K Differential Fitch-type Cherenkov Counter for J-PARC K1.1BR Beamline,豊田晃久, 五十嵐洋一(2 番目), 今里純(3 番目), 内田誠(5 番目), 清水俊(6 番目), 山崎寛仁,2010年01月,会議報告/口頭発表

  • Measurement of μ+ Relaxation Rates in Al and Mg Alloys for the Precise μ+  TransversePolarization Experiment TREK at J-PARC,J. Imazato and S. Shimizu,Proceedings of the 11th International Conference on Muon Spin Rotation, Relaxation and Resonance (2008),2008年01月,国際会議(proceedingsあり)

  • Test of Lepton Flavor Universality by Precise (Ke2)/(K) Measurement Using Stopped Positive Kaons at J-PARC,S.Shimizu, H.Yamazaki, J.Imazato, Y.Igarashi, A.Toyoda, M.Uchida (他 J-PARC TREK collaboration),19th International Conference on Particles and Nuclei(PANIC11),2011年08月,国際会議(proceedingsあり)

  • Search for Non-Standard Model Physics Using the Transverse Muon Polarization in Stopped K+ Decay,S.Bianchin, S.Shimizu, H.Yamazaki, J.Imazato, Y.Igarashi, A.Toyoda, M.Uchida (他 J-PARC TREK collaboration),19th International Conference on Particles and Nuclei(PANIC11),2011年08月,国際会議(proceedingsあり)

  • The design and basic performance of a spiral fiber tracker for the J-PARC E36 experiment,O. Mineev, S. Bianchin, M.D. Hasinoff, K. Horie, Y. Igarashi, J. Imazato, H. Ito, H. Kawai, S. Kodama, M. Kohl, Yu. Kudenko, S. Shimizu, M. Tabata, A. Toyoda, N. Yershov,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A,847, 136-141,2017年03月,http://dx.doi.org/doi:10.1016/j.nima.2016.11.057,学術論文

全件表示 >>