基本情報

写真b

勢田 道生

SETA Michio


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2013年03月31日,文学研究科 文化表現論専攻,助教,専任

  • 2016年01月01日 ~ 2017年09月30日,文学研究科 文化表現論専攻,特任講師(常勤),専任

  • 2017年10月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化表現論専攻,准教授,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 『大日本史』論賛における歴史の展開と天皇,勢田道生,文化史のなかの光格天皇―朝儀復興を支えた文芸ネットワーク―,pp.187-208,2018年06月,学術論文

  • 紹介 荒木浩著『徒然草への途―中世びとの心とことば,勢田道生,語文,106・107号,pp.178-179,2017年02月,その他

  • 茨城県立歴史館蔵『往復書案』紙背『大日本史』草稿について―寛文~延宝期における『大日本史』本文の実態―,勢田道生,第九回皇學館大學人文學會大会,2016年07月,会議報告/口頭発表

  • 主題『神皇正統記』をめぐる諸問題 相互討論,糸賀茂男,所功,勢田道生,藝林,65巻,1号,pp.156-178,2016年04月,その他

  • 南朝史受容と神皇正統記,勢田道生,藝林,65巻,1号,pp.55-77,2016年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,近世日本の歴史叙述と対外意識,井上泰至,倉員正江,勢田道生,勉誠出版,ISBN,978-4585221524,2016年07月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第十回日本近世文学会賞,勢田道生,日本近世文学会,2014年05月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  •  2019年度春期 大阪・京都文化講座 第6回,楠木正成―〈忠臣〉の虚像と実像―■コーディネーター,2019年06月

  • 懐徳堂記念会 2019年度古典講座,『太平記』の名場面を読む―建武の新政から後醍醐天皇の死去まで― ,2019年04月

  • Handai-Asahi中之島塾,「南北朝時代はどのようにして論じられてきたか」,2018年11月

  • 2018年度春期 大阪・京都文化講座「講座で巡る京都・大阪-円の寺々」,「天野山金剛寺の歴史と文化財」,2018年06月

  • 平成30年度 懐徳堂古典講座,『太平記』の名場面を読む-鎌倉幕府滅亡まで-,2018年04月

全件表示 >>