基本情報

写真b

菅沼 克昭

SUGANUMA Katsuaki


キーワード

実装工学,複合材料工学,無機材料工学,金属工学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8520

FAX番号

06-6879-8522

URL

http://www.eco.sanken.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 工学部 原子核工学科 卒業 1977年03月
東北大学 工学系研究科 原子核専攻 修了 工学博士 1982年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学産業科学研究所助手 1982年04月
防衛大学校助教授 1986年05月 ~ 1996年03月
大阪大学産業科学研究所教授 1996年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 無機金属系材料で異相界面制御技術を元に、実装工学、複合材料工学の分野に幅広く取り組む。
    金属材料物性関連,無機物質および無機材料化学関連,金属生産および資源生産関連,材料加工および組織制御関連,構造材料および機能材料関連,複合材料および界面関連,無機材料および物性関連,電気電子材料工学関連

  • セラミックスと金属の接合,鉛フリーはんだ付け,導電性接着剤技術,セラミックスと金属の複合

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 粉体粉末冶金協会

  • 軽金属学会

  • 日本金属学会

  • 日本セラミックス協会

  • エレクトロニクス実装学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Highly conductive wiring and reliable bonding for stretchable electronics,Cai-Fu Li, Hao Zhang; Wanli Li; Tohru Sugahara; ZhiQuan Liu; Katsuaki Suganuma,The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) 2019 Annual Meeting & Exhibition, ,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • A novel joining process for the die attachment of next generation Power Devices,Hao Zhang、 Seungjun Noh、 Zhi-quan Liu、 Caifu Li、 Norio Asatani、Yukiharu Kimoto、 Aiji Suetake、Shijo Nagao、Tohru Sugahara、Katsuaki Suganuma,The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) 2019 Annual Meeting & Exhibition, ,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • A novel joining process for the die attachment of next generation Power Devices,Hao Zhang、 Seungjun Noh、 Zhi-quan Liu、 Caifu Li、 Norio Asatani、Yukiharu Kimoto、 Aiji Suetake、Shijo Nagao、Tohru Sugahara、Katsuaki Suganuma,The Minerals, Metals & Materials Society (TMS) 2019 Annual Meeting & Exhibition, ,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • Thermal shock reliability of a GaN die-attach module on DBA substrate with Ti/Ag metallization by using micron/submicron Ag sinter paste,D. J. Kim, C. T. Chen, C. Pei, Z. Zhang, S. Nagao, A. Suetake, T. Sugahara,and K. Suganuma,58 SBBD15,2019年03月,学術論文

  • Thermal shock reliability of a GaN die-attach module on DBA substrate with Ti/Ag metallization by using micron/submicron Ag sinter paste,D. J. Kim, C. T. Chen, C. Pei, Z. Zhang, S. Nagao, A. Suetake, T. Sugahara,and K. Suganuma,58 SBBD15,2019年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,高詳細スクリーン印刷における印刷条件最適化とトラブル対策,菅沼克昭,技術情報協会,2003年01月

  • 専門著書,環境調和型エレクトロニクスの信頼性向上,菅沼克昭,シーエムシー出版,2009年06月

  • 専門著書,プリンテッド・エレクトロニクス技術,菅沼克昭,工業調査会,2009年01月

  • 専門著書,鉛フリーはんだ技術・材料ハンドブック,菅沼克昭,工業調査会,2007年07月

  • 専門著書,金属ナノ粒子ペーストのインクジェット微細配線,菅沼克昭,シーエムシー出版,2006年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,金属銀の形成材料、それを用いた金属銀の製造方法およびそれを用いた金属銀,菅沼克昭、山口俊郎,畑村眞理子,特願2005-195320(登録),2005年01月

  • 日本,ゴム材料およびゴム材料の製造方法,菅沼克昭、石黒浩、井上雅博、河崎俊実、六波羅哲雄、宮下敬宏,特願2005-342021(登録),2005年01月

  • 日本,金属銀の形成材料、それを用いた金属銀の製造方法およびそれを用いた金属銀,辻本眞宣、梁勇、菅沼克昭、金槿銖、小島高司、重松沙織、小林克成、石川武,特願2005-289493(登録),2005年01月

  • 日本,セラミックス電子回路基板の製造方法,菅沼克昭,特許第2642574号(登録),1994年01月,1999年05月

  • 日本,繊維強化金属,菅沼克昭,特許第1945261号(登録),1993年01月,1997年06月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Paper of Symposium/Best Paper of Session in the 33rd International Symposium on Microelectronics IMAPS2000,菅沼克昭,IMAPS,2001年10月

  • The Richard M. Fularth Pacific Award,菅沼克昭,American Ceramic Society/Fulrath記念会,1995年11月

  • 科学技術庁長官賞研究功績者,菅沼克昭,科学技術庁,1994年04月

  • IEEE CPMT Japan Chapter Young Award,Chuantong Chen,ICEP,2018年04月

  • Outstanding Technical Paper Award (International Conference of Electronics Packaging 2004),Masahiro Inoue, Tokuji Miyamoto, Katsuaki Suganuma,JIEP, iMaps-Japan, IEEE CPMT,2005年04月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • ナノペーストを用いたIJ工法でSiPを試作,電波新聞,2004年09月

  • 銀の微粒子印刷し発光,フジサンケイビジネス,2004年09月

  • インクジェット式回路形成SIP試作で実証,化学工業日報,2004年09月

  • 微細接続技術で築く新市場,電波新聞,2003年01月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノ粒子による配線形成方法

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第82回(平成29年度) 産研テクノサロン 「産業科学からイノベーションへ」,「次世代パワー半導体のための耐熱実装技術」,2017年02月

  • JEITA鉛フリーはんだ実用化検討成果報告会2004,Sn-Zn系はんだ実用化プロジェクト活動,2004年06月

  • 鉛フリーはんだ接合研究会,鉛含有はんだの規制動向と鉛フリーはんだの開発状況,2004年05月

  • 日本実装技術振興協会高密度実装技術部会第106回定例会,導電性接着剤およびナノペーストを用いた実装技術の現状,2004年03月

  • エレクトロニクス実装学会平成16年春季大会,ナノテクノロジーの切り開く実装の世界,2004年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,MES2004 マイクロエレクトロニクスシンポジウム,2004年10月

  • その他,小学生、中学生のための「はじめての鉛フリーはんだ付け教室」,2004年08月

  • その他,鉛フリー実装フォーラム(II)~電子デバイスの鉛フリー対応と低温化,2004年07月

  • 国内重要会議,MES2003 マイクロエレクトロニクスシンポジウム,2003年10月

  • 国内重要会議,低温鉛フリーはんだ実装技術,実行委員長,2002年11月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,社団法人電子情報産業技術協会,低温鉛フリーはんだ実装基盤技術標準化研究委員会委員長,2004年10月 ~ 継続中

  • 学会,社団法人エレクトロニクス実装学会,錫ウィスカ研究会主査,2004年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,社団法人エレクトロニクス実装学会関西支部,支部長,2003年12月 ~ 継続中

  • 公益法人,社団法人日本学術振興会,学術システムセンター専門研究員,2003年10月 ~ 継続中

  • 公益法人,社団法人日本金属学会,欧文誌編集委員,2002年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • プログラム実装コンソーシアム,2002年10月 ~ 2006年

  • 関西鉛フリー実装サミット,2002年04月 ~ 継続中