基本情報

写真b

菅原 武

SUGAHARA Takeshi


キーワード

化学工学, ガスハイドレート, ラマン分光分析, 高圧相平衡測定, 潜熱蓄熱材

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/ohgakilab/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2003年03月31日,基礎工学研究科,助手,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 化学工学科 卒業 学士(工学) 1997年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻 化学工学分野 修了 修士(工学) 1999年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻 化学工学分野 修了 博士(工学) 2001年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 助手 大学院基礎工学研究科 2001年04月 ~ 2007年03月
大阪大学 助教 2007年04月 ~ 継続中
Colorado School of Mines, Visiting Research Scholar 2008年12月 ~ 2009年11月
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 協力研究員(招へい型) 2016年04月 ~ 2019年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ガスハイドレートを利用した水素貯蔵技術に関する研究
    移動現象および単位操作関連,基礎物理化学関連,地球資源工学およびエネルギー学関連

  • 気体包接化合物の構造・機能と地球温暖化・エネルギー資源問題への応用研究
    基礎物理化学関連,地球資源工学およびエネルギー学関連,地球資源工学およびエネルギー学関連,移動現象および単位操作関連

  • ガスハイドレートの高圧相平衡測定とラマン分光分析
    移動現象および単位操作関連,基礎物理化学関連

  • 有機クラスレート化合物の利用研究
    機能物性化学関連,基礎物理化学関連,反応工学およびプロセスシステム工学関連

  • 潜熱蓄熱材の晶析技術に関する研究
    地球資源工学およびエネルギー学関連,移動現象および単位操作関連,結晶工学関連,エネルギー関連化学,基礎物理化学関連,熱工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 日本高圧力学会

  • American Chemical Society

  • GH研究会

  • 日本エネルギー学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Colossal Barocaloric Effects in Plastic Crystals,B. Li, Y. Kawakita, S. Ohira-Kawamura, T. Sugahara, H. Wang, J. Wang, Y. Chen, S. I. Kawaguchi, S. Kawaguchi, K. Ohara, K. Li, D. Yu, R. Mole, T. Hattori, T. Kikuchi, S. Yano, Z. Zhang, Z. Zhang, W. Ren, S. Lin, O. Sakata, K. Nakajima, Z. Zhang,Nature,567, 506-510 (2019),2019年03月,学術論文

  • Memory Effect in Tetra-n-Butyl Ammonium Bromide Semiclathrate Hydrate Reformation: the Existence of Solution Structures after Hydrate Decomposition,H. Machida, T. Sugahara, I. Hirasawa,CrystEngComm,20, 3328-3334,2018年06月,学術論文

  • Thermodynamic Properties of Tetra-n-butylammonium 2-Ethylbutyrate Semiclathrate Hydrate for Latent Heat Storage,Takeshi Sugahara, Hironobu Machida, Sanehiro Muromachi, Norio Tenma,International Journal of Refrigeration,106, 113-119 (2019),2019年10月,学術論文

  • Observation of solution structures and supercooling suppression in semiclathrate hydrate recrystallization,Takeshi Sugahara, Hironobu Machida, Izumi Hirasawa,19th International Conference on Crystal Growth and Epitaxy (ICCGE-19),2019年08月,国際会議(proceedingsなし)

  • Phase Equilibrium Relations for Tetra-n-Butylphosphonium Acetate Semiclathrate Hydrate Systems in the Presence of Methane, Carbon Dioxide, Nitrogen, or Ethane,Masami Shimada, Jin Shimada, Takeshi Sugahara, Katsuhiko Tsunashima,Fluid Phase Equilibria,488, 48-53 (2019),2019年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,海水の疑問50,日本海水学会編, 上ノ山周編著,成山堂書店,ISBN,978-4-425-83091-6,2017年09月

  • 専門著書,水素利用技術集成Vol.4 高効率貯蔵技術、水素社会構築を目指して,NTS編集部,エヌ・ティー・エス,ISBN,978-4-86469-082-9,2014年04月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ガスハイドレート反応生成物生成方法,谷篤史, 菅原武, 大垣一成, 井上達也,6032527(登録),2012年03月,2016年11月

  • 日本,ガスハイドレートの貯蔵方法及びガスハイドレートの貯蔵装置,大垣一成, 佐藤博, 菅原武, 橋本俊輔, 三町博子, 高橋正浩, 木下貴博, 岩崎徹,5896469(登録),2012年10月,2016年03月

  • 日本,エタンハイドレートの貯蔵方法,三町博子, 高橋正浩, 岩崎徹, 大垣一成, 佐藤博, 菅原武,2012-111734(公開),2010年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 「大阪大学“飛翔30”若手プログラム」大阪大学飛翔研究フェロー,菅原 武,大阪大学,2010年10月

  • 日本高圧力学会 奨励賞,菅原 武,日本高圧力学会,2005年10月

  • Poster Presentation Awards (Researcher),Hironobu Machida, Takeshi Sugahara, Izumi Hirasawa,5th international symposium & Exhibition on “Aqua Science and Water Resources (ISASWR’17)”,2017年08月

  • 審査員特別賞,菅原 武、橋本俊輔、牧野貴至、佐藤 博、大垣一成,大阪大学先端科学イノベーションセンター VBL部門,2007年02月

  • 中国四国支部長賞「模擬堆積層中のメタンハイドレート分解挙動」,金子隆治、橋本俊輔、菅原 武、大垣一成,化学工学会 中国四国支部,2004年09月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 室温で小さな圧力→多くの熱を出し入れ 原子力機構など、固体冷媒の候補発見,日刊工業新聞,2019年03月

  • メタンハイドレート保存 大気圧中も可能 零下10度で阪大が実験,日経産業新聞,2003年02月

  • 天然ガスをボール状に,日本工業新聞,2002年01月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度科学講演会,エネルギー問題とガスハイドレート –燃える氷の不思議–,2019年06月

  • 青少年のための科学の祭典 - 2017おもしろ科学まつり - 和歌山大会,氷が燃える!? メタンハイドレートを観察してみよう,2017年11月

  • Gas Hydrate Workshop,Gas Hydrates,2009年11月

  • Hydrate seminor,Gas Hydrate Research in Osaka Univ.,2009年02月

  • 夏の小学生科学体験教室,氷が燃える? ガスハイドレートを触ってみよう,2008年08月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,8th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS '18),Organizing Committee,2018年09月

  • 国内重要会議,化学工学会第45回秋季大会,セッションオーガナイザー,2013年09月

  • 国内重要会議,第53回高圧討論会,実行委員,2012年11月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本潜熱工学研究会,幹事,2018年12月 ~ 継続中

  • 学会,化学工学会,基礎物性部会 幹事,2016年05月 ~ 継続中

  • その他,ガスハイドレート産業創出イノベーション(GHIC),幹事,2016年04月 ~ 2019年03月

  • 学会,アメリカ化学会 Journal of Chemical & Engineering Data,編集委員,2015年01月 ~ 2017年12月