基本情報

写真b

菅原 康弘

SUGAWARA Yasuhiro


キーワード

原子間力顕微鏡, 走査型プローブ顕微鏡、表面科学、ナノテクノロジー

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7853

FAX番号

06-6879-7856

URL

http://nanophysics.ap.eng.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2002年04月30日,工学研究科,助教授,専任

  • 2002年05月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 工学研究科 電気及通信工学専攻 修了 工学博士 1987年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東北大学助手 1987年04月 ~ 継続中
岩手大学助手 1988年01月 ~ 継続中
広島大学助手 1990年01月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1996年07月 ~ 継続中
大阪大学教授 2002年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 固体表面の物性に関する研究
    ナノ構造化学関連

  • 原子間力顕微鏡の開発と応用に関する研究
    ナノ構造化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本電子顕微鏡学会

  • 日本物理学会

  • 応用物理学会

  • 真空協会

  • 日本表面科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Subatomic-scale resolution with SPM: Co adatom on p(2 x 1)Cu(110):O,Robert Turansky, Krisztian Palotas, Jan Brndiar, Yanjun Li, Yasuhiro Sugawara, Ivan Stich ,Nanotechnology,30 095703(1)-095703(7),2019年01月,学術論文

  • Direct observation of atomic step edges on the rutile TiO2(110)-(1× 1) surface using atomic force microscopy,Huan Fei Wen, Masato Miyazaki, Quanzhen Zhang, Yuuki Adachi, Yan Jun Li, and Yasuhiro Sugawara,Phys. Chem. Chem. Phys.,20 28337-28337,2018年11月,学術論文

  • Measurement and Manipulation of the Charge State of Adsorbed Oxygen Adatom on Rutile TiO2(110)-1×1 Surface by nc-AFM and KPFM,Quanzhen Zhang, Yan Jun Li, Huan Fei Wen, Yuuki Adachi, Masato Miyazaki, Yasuhiro Sugawara, Rui Xu, Zhi Hai Cheng, Ján Brndiar, Lev Kantorovich, and Ivan Štich,Journal of American Chemical Society,140(46) 15668-15674,2018年10月,学術論文

  • Direct visualization of Oxygen Reaction with Paired Hydroxyl on TiO2(110) Surface at 78 K by Atomic Force Microscopy,Huan Fei Wen, Quanzhen Zhang, Yuuki Adachi, Masato Miyazaki, Yoshitaka Naitoh, Yan Jun Li, and Yasuhiro Sugawara,Direct visualization of Oxygen Reaction with Paired Hydroxyl on TiO2(110) Surface at 78 K by Atomic Force Microscopy,122 17395-17399,2018年07月,学術論文

  • Stable Contrast Mode on TiO2(110) Surface with Metal-Coated Tips Using AFM,Yanjun Li, Huanfei Wen, Q. Zhang, Y. Adachi, Eiji Arima, Yukinori Kinoshita, Hikaru Nomura, Zongmin Ma, Lili Kou, Yoshitaka Naitoh, Yasuhiro Sugawara, Rui Xu, Zhihai Cheng,Ultramicroscopy,191 51-55,2018年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Kelvin Probe Force Microscopy From Single Charge Detection to Device Characterization,Yan Jun Li, Haunfei Wen, Zong Min Ma, Lili Kou, Yoshitaka Naitoh, and Yasuhiro Sugawara,Springer Series in Surface Science,2018年03月

  • 専門著書,新アクチュエータ開発の最前線,菅原康弘、李艶君、内藤賀公,エヌ・ティー・エヌ,2011年08月

  • 専門著書,Next Generation Actuators Leading Breakthroughs,Y. Sugawara, Y. J. Li, Y. Naitoh and M. Kageshima,Springer,2010年01月

  • 専門著書,走査プローブ顕微鏡,菅原 康弘,共立出版,2009年03月

  • 専門著書,ナノイメージング,菅原 康弘,エヌ・ティー・エヌ,2008年05月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,高速でヒシテリシスのない圧電素子の高速制御,菅原康弘,影島賢巳,2006-205376(登録),2006年07月

  • 日本,走査型プローブ顕微鏡,菅原 康弘,特開平10-48224(登録),1998年02月

  • 日本,走査型プローブ顕微鏡,松山克宏, 酒井信明, 森田清三, 菅原康弘,H10-48224(登録),1996年08月

  • 日本,走査型プローブ顕微測定法および走査型プローブ顕微鏡,菅原 康弘,特開平7-159155(登録),1995年06月

  • 日本,原子間力顕微鏡,菅原 康弘,特開平6-180222(登録),1994年06月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • ナノプローブテクノロジー賞,菅原康弘,日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会,1999年05月

  • (財)安藤研究所第5回安藤博記念学術奨励賞,菅原 康弘,,1992年

  • (財)金属研究助成会第30回金属研究助成金研究奨励賞,菅原 康弘,,1990年

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • The 4th International Symposium on Ubiquitous Knowledge Network Environment,Manipulation of Dimer pattern on Si(001) Surface with Noncontact Atomic Force Microscopy (NC-AFM,2007年03月

  • CHINA-JAPAN SALC 2006,"Identification of Subsurface Atom Species Using Noncontact AFM,2006年03月

  • 日本学術振興会ナノプローブテクノロジー第167委員会企画,走査プローブ顕微鏡のロードマップ,2006年03月

  • 光メカトロニクス公開シンポジウム,"原子間力近接場光学顕微鏡によるニア原子分解能の達成「光メカトロニクス」",2005年10月

  • 日本学術振興会薄膜第131委員会基礎講座「薄幕評価技術」,"薄膜の界面・表面特性評価―SPMによる評価",2005年10月

全件表示 >>