基本情報

写真b

杉原 達

SUGIHARA Tooru


キーワード

日本学,文化交流史,社会史

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化形態論専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 経済学部 経済学科 卒業 1975年03月
大阪市立大学 経済学研究科 理論経済学・経済史専攻 修了 1977年03月

職歴 【 表示 / 非表示

関西大学助手 1977年04月 ~ 継続中
関西大学専任講師 1981年04月 ~ 継続中
関西大学助教授 1984年04月 ~ 継続中
関西大学教授 1991年04月 ~ 継続中
大阪大学助教授 1992年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 1997年05月 ~ 継続中
大阪大学大学院教授 1999年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 日本アジア関係史に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土地制度史学会

  • 日本移民学会

  • ドイツ現代史学会

  • 社会思想史学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 中国人強制連行・西松安野和解事業とその意義――『和解報告書』の刊行によせて――,杉原達,歴史学研究,931号,pp.35-40,2015年05月,学術論文

  • 越境と文化,杉原達,日本学報,33号,pp.1-6,2014年03月,その他

  • 戦争と人の移動,杉原達,人の移動事典,pp.56-57,2013年11月,その他

  • 越境と文化――問題提起,杉原達,2013年度・日本学方法論の会「越境と文化」,2013年07月,会議報告/口頭発表

  • 発信する「猪飼野」――2009年8月・大阪府立桃谷高校の試みから――,杉原達,海港都市研究センター,5号,pp.57-63,2010年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,日本社会と移民,杉原達,明石書店,1996年07月

  • 一般著書,中国人強制連行,杉原達,岩波書店,2002年05月

  • 一般著書,「アジア」を考える 2000~2015,藤原書店編集部,杉原達,藤原書店,2015年06月

  • 専門著書,西松安野友好基金和解事業報告書,曲啓傑,張振侖,杉原達,西松安野友好基金運営委員会,2014年10月

  • 一般著書,東アジアのウフカジ,杉原達,かもがわ出版,2010年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 「花岡事件」運動のこれから,朝日新聞(秋田版),2002年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 政治大学外国語文学院公開学術演講会(台湾),日本與亜洲的交会ーー従文化交流史来論述,2004年03月

  • 大阪市教育センター「帰国・来日等の子どもの教育の研修会」,これからの多文化共生の教育,2004年02月

  • 国際シンポジウム「東アジアの「戦後」を問う」,コメント,2004年01月

  • 思想史・文化理論研究会,帝国の痕跡をめぐって,2004年01月

  • 歴史セミナー「未来を拓く朝鮮半島と日本列島」,敗戦と解放から,2003年11月

全件表示 >>