基本情報

写真b

水垣 共雄

MIZUGAKI Tomoo


キーワード

触媒設計

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-6260

FAX番号

06-6850-6260

URL

http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/Mizugakilabo/home.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年07月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教,専任

  • 2007年08月01日 ~ 2019年09月30日,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

  • 2019年10月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 化学工学科 卒業 学士 1994年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 博士(工学) 1999年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Ibnu Sina Institute for Fundamental Science Studies, Universiti Teknologi Malaysia, Visiting Professor 2013年11月
大阪大学大学院基礎工学研究科助手 1999年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科 助教 2007年04月 ~ 2007年07月
大阪大学大学院基礎工学研究科・准教授 2007年08月 ~ 2019年09月
大阪大学大学院基礎工学研究科・教授 2019年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 環境調和型固体触媒の開発
    触媒プロセスおよび資源化学プロセス関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 触媒学会

  • 日本化学会

  • アメリカ化学工学会

  • アメリカ化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structural Change of Cerium Oxide-supported Ruthenium Catalyst during the Biorefinery of Platform Chemicals,Tomoo Mizugaki,SPring-8/SACLA Research Frontiers 2018,2019年08月,その他

  • バイオマス由来含酸素化合物の炭素-炭素結合切断による脱酸素官能基化反応触媒の開発,水垣共雄,触媒,61(4), 196-202,2019年08月,解説・総説

  • Development of High Performance Heterogeneous Catalysts for Selective Cleavage of C-O and C-C Bonds of Biomass-derived Oxygenates,Tomoo Mizugaki, Kiyotomi Kaneda,The Chemical Record,19(7) 1179-1198,2019年07月,解説・総説

  • Air-stable and reusable cobalt ion-doped titanium oxide catalyst for alkene hydrosilylation,Takato Mitsudome, Shu Fujita, Min Sheng, Jun Yamasaki, Keita Kobayashi, Tomoko Yoshida, Zen Maeno, Tomoo Mizugaki, Koichiro Jitsukawa, Kiyotomi Kaneda,Green Chemistry,21, 4566-4570,2019年07月,学術論文

  • Design of High-Performance Heterogeneous Catalysts Using Hydrotalcite for Selective Organic Transformations,Kiyotomi Kaneda, Tomoo Mizugaki,Green Chemistry,21, 1361-1389,2019年01月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,Dendritic Nanocatalysts. Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology the 3rd Edition,Kiyotomi Kaneda, Tomoo Mizugaki,CRC Press.,2014年03月

  • 専門著書,触媒の設計・反応制御 事例集,金田清臣, 水垣共雄, 満留敬人, 實川浩一郎,技術情報協会,ISBN,978-4-86014-478-6 C3043,2013年04月

  • 専門著書,触媒の設計・反応制御 事例集,金田清臣, 水垣共雄, 満留敬人, 實川浩一郎,技術情報協会,ISBN,978-4-86014-478-6 C3043,2013年04月

  • 一般著書,グリーン・サステイナブルケミストリーを指向した固体金属触媒の開発,金田清臣, 水垣共雄,日本化学会 化学と工業,2012年08月

  • 専門著書,クロスカップリング反応 基礎と産業応用 第3編 第14章 リサイクル型固定化Pd 触媒の開発,金田 清臣,シーエムシー出版,2010年11月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度 大阪大学総長奨励賞,水垣共雄,大阪大学,2014年07月

  • 平成19年度 大阪大学教育・研究功績賞,水垣共雄,大阪大学,2008年01月

  • 平成18年度 触媒学会奨励賞,水垣共雄,触媒学会,2007年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 入門触媒科学セミナー,金属表面と触媒作用 ‐パラジウムなどの貴金属ナノ粒子触媒の設計‐,2017年10月

  • 入門触媒科学セミナー,金属表面と触媒作用 ‐パラジウムなどの貴金属ナノ粒子触媒の設計‐,2016年10月

  • 触媒学会 第10回触媒道場,不均一系触媒を用いた高効率液相有機合成反応 ,2016年08月

  • 入門触媒科学セミナー,金属表面と触媒作用 ‐パラジウムなどの貴金属ナノ粒子触媒の設計‐,2015年10月

  • 入門触媒科学セミナー,金属表面と触媒作用 ‐パラジウムなどの貴金属ナノ粒子触媒の設計‐,2014年10月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,触媒学会 固体酸塩基点の作用と設計研究会,触媒学会 固体酸塩基点の作用と設計研究会 世話人,2019年04月 ~ 継続中

  • その他,SPring-8利用推進協議会 SPring-8グリーンサスティナブルケミストリー研究会,SPring-8グリーンサスティナブルケミストリー研究会 主査,2017年04月 ~ 継続中

  • 公益法人,触媒学会 ファインケミカルズ合成触媒研究会,触媒学会 ファインケミカルズ合成触媒研究会 世話人代表,2016年03月 ~ 継続中