基本情報

写真b

仁木 恒夫

NIKI Tsuneo


キーワード

裁判,法専門職,対話調停,紛争

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2007年03月31日,法学研究科 法学・政治学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年03月31日,法学研究科 法学・政治学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,法学研究科 法学・政治学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

九州大学 法学研究科  単位取得満期退学 修士(法学) 1996年03月

職歴 【 表示 / 非表示

九州大学法学部助手 1996年04月 ~ 1998年03月
立教大学法学部助手 1999年04月 ~ 2000年03月
久留米大学法学部講師 2000年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院法学研究科助教授 2004年04月 ~ 継続中
 

論文 【 表示 / 非表示

  • 紛争過程における断行の仮処分,仁木恒夫,阪大法学,67巻3・4号 87-104頁,2017年11月,学術論文

  • 要後見人の高齢者の司法アクセス,仁木恒夫,法と実務,13巻 203-213頁,2017年05月,学術論文

  • 裁判外紛争処理研究において《法》を見る,仁木恒夫,法社会学,83号 11-20頁,2017年03月,学術論文

  • Possibility of Development of Mediation System in Timor-Lesteese Society,仁木 恒夫,ICD NEWS,38‐46頁,2017年02月,学術論文

  • 東ティモール社会における調停の発展可能性,仁木 恒夫,ICD NEWS,68号 18-24頁,2016年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,アクチュアル民事訴訟法 「紛争のはじまり」,仁木恒夫,法律文化社,2012年09月

  • 教科書,民事法総合学修入門,三宅弘人・大澤恒夫編,仁木恒夫・下村眞美ほか著,日本評論社,ISBN,978-4-535-51755-4,2012年06月

  • 一般著書,「人体実験」と患者の人格権(共著),仁木恒夫,御茶の水書房,2003年05月

  • 一般著書,少額訴訟の対話過程,仁木恒夫,信山社,2002年04月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • サイエンスカフェ@待兼山No.151,対話型調停の核心,2019年03月

  • モンゴル弁護士会およびモンゴル法曹協会との友好協定締結記念シンポジウム】「モンゴルの調停の現状」,モンゴル調停の特徴と課題,2019年03月

  • ADR シンポジウム,民事調停・ADRの現在と未来:研究者の視点から,2019年02月

  • RCSL,The Mimetic Gesture in a Facilitative Mediation Process,2018年09月

  • サイエンスカフェ@待兼山(2017年度) No. 144:司法にたどり着けない人々の救済―法テラスと司法ソーシャルワーク,コーディネーター,2018年02月

全件表示 >>