基本情報

写真b

真田 昌爾

SANADA Shoji


キーワード

循環器内科学、臨床薬理学、心臓血管生理学、規制科学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年07月01日 ~ 2012年10月31日,保健センター,助教,専任

  • 2012年11月01日 ~ 2014年05月31日,医学系研究科 医学専攻,特任講師(常勤),専任

  • 2014年06月01日 ~ 2014年06月30日,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

  • 2016年07月01日 ~ 2016年07月31日,医学系研究科 医学専攻,講師,専任

  • 2016年08月01日 ~ 2019年06月30日,医学部附属病院,特任准教授(常勤),専任

  • 2019年07月01日 ~ 継続中,医学部附属病院,特任准教授,専任

  • 2012年11月01日 ~ 2014年05月31日,医学部附属病院,特任講師(常勤),兼任

  • 2016年08月01日 ~ 継続中,医学部附属病院,特任准教授(常勤),兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部医学科  卒業 学士(医学) 1994年03月
大阪大学大学院 医学系研究科  修了 博士(医学) 2002年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院 第一内科 医員(研修医) 1994年06月 ~ 1995年05月
大阪府立病院 臨床研修部 医員(研修医) 1995年06月 ~ 1996年05月
大阪府立病院 心臓内科 レジデント 1996年06月 ~ 1998年03月
日本学術振興会 特別研究員(PD) 2002年04月 ~ 2004年06月
米国ハーバード大学ブリガムアンドウィメンズ病院 循環器科 研究員 2005年01月 ~ 2007年07月
大阪府立急性期・総合医療センター 心臓内科 医長 2007年08月 ~ 2009年03月
大阪大学 保健センター 助教 2010年07月 ~ 2012年10月
大阪大学 大学院医学系研究科 循環器内科学/医学部附属病院 未来医療開発部 未来医療センター 特任講師(常勤) 2012年11月 ~ 2014年05月
大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 臨床研究センター/大学院医学系研究科 循環器内科学 特任准教授(常勤) 2016年08月 ~ 継続中
大阪大学 大学院医学系研究科・医学部附属病院 産学連携・クロスイノベーションイニシアティブ オフィサー 2016年12月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 内因性心筋ストレス保護因子の解明
    循環器内科学関連,生理学関連,薬系化学および創薬科学関連,医療薬学関連

  • 創薬における早期臨床試験法の開発
    医療薬学関連,薬系化学および創薬科学関連,薬理学関連

  • 医療シーズの効率的臨床開発戦略の構築
    医療薬学関連,内科学一般関連

  • 虚血心筋保護機序の研究と再灌流障害の治療法の開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本循環器学会(専門医)

  • 日本臨床薬理学会(専門医)

  • American Heart Association (Fellow; F.A.H.A.)

  • American College of Cardiology (Fellow; F.A.C.C.)

  • European Society of Cardiology (Felow; F.E.S.C.)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Interleukin-33 prevents apoptosis and improves survival after experimental myocardial infarction through ST2 signaling.,Sanada S*, Seki K*, Kudinova AY, Steinhauser ML, Handa V, Gannon J, Lee RT.,Circ Heart Fail.,2009;2:684-91.,2009年08月,学術論文

  • IL-33 and ST2 comprise a critical biomechanically induced and cardioprotective signaling system.,Sanada S, Hakuno D, Higgins LJ, Schreiter ER, McKenzie AN, Lee RT.,J Clin Invest.,2007;117:1538-49.,2007年07月,学術論文

  • Optimal Windows of Statin Use for Immediate Infarct-limitation: 5’-Nucleotidase as Another Downstream Molecule of Phosphatidylinositol-3 Kinase.,Sanada S, Asanuma H, Minamino T, Node K, Takashima S, Okuda H, Shinozaki Y, Ogai A, Asano Y, Fujita M, Hirata A, Kim J, Mori H, Tomoike H, Kitamura S, Hori M, Kitakaze M.,Circulation,2004;110:2143-9.,2004年11月,学術論文

  • Protein Kinase A as Another Mediator of Ischemic Preconditioning Independent of Protein Kinase C.,Sanada S, Asanuma H, Tsukamoto O, Minamino T, Node K, Takashima S, Fukushima T, Ogai A, Shinozaki Y, Fujita M, Hirata A, Okuda H, Shimokawa H, Tomoike H, Hori M, Kitakaze M.,Circulation,2004;110:51-7.,2004年07月,学術論文

  • Lamr1-functional retroposon causes right ventricular dysplasia in mice.,Asano Y, Takashima S, Asakura M, Shintani Y, Liao Y, Minamino T, Asanuma H, Sanada S, Kim J, Ogai A, Fukushima T, Oikawa Y, Okazaki Y, Kaneda Y, Sato M, Miyazaki J, Kitamura S, Tomoike H, Kitakaze M, Hori M.,Nat Genet.,2004;36:123-30.,2004年01月,学術論文

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,高分子化ニトロキシドラジカル化合物を含有する虚血再灌流障害の処置剤,長崎幸夫、真田昌爾、北風政史、吉冨徹,特願 2012-29427(出願),2012年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学 総長奨励賞,真田 昌爾,大阪大学,2014年06月

  • 日本心臓財団 研究奨励賞,真田 昌爾,日本心臓財団,2008年12月

  • 日本心不全学会 臨床系 Young Investigator's Award  (若手研究奨励賞),真田 昌爾,日本心不全学会,2007年08月

  • 日本成人血管病研究振興財団 岡本研究奨励賞,真田 昌爾,成人血管病研究振興財団,2003年08月

  • 日本循環器学会 Young Investigator's Award  (若手研究奨励賞),真田 昌爾,日本循環器学会,2003年04月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第7回人を対象とする医学系研究実施のための講習会,先進医療・患者申出療養とその周辺制度 ~ その考え方、注意点と出口戦略 ~,2017年11月

  • AMED上級者CRC養成研修会,患者申出療養と周辺制度、再生医療について,2017年10月

  • 研究者教養セミナー,患者申出療養と周辺関連制度,2017年10月

  • AMED治験・臨床研究IRB委員養成研修会,倫理審査でおさえるべき要点,2017年09月

  • 臨床研究推進センターセミナー,患者申出療養とその周辺制度 ~その考え方と出口戦略~,2017年06月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,第18回 日本血管生物医学会総会第8回 Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology,準備委員,2010年12月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 厚生労働省 先進医療技術審査部会 構成員,2016年10月 ~ 継続中

  • 日本循環器学会 健保対策委員会 将来計画WG 委員,2015年04月 ~ 2016年03月