基本情報

写真b

深澤 隼

FUKAZAWA Jun


キーワード

固体NMR

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,理学研究科,特任研究員(常勤),専任

  • 2012年04月01日 ~ 2013年03月31日,理学研究科 化学専攻,特任研究員,専任

  • 2013年04月01日 ~ 2015年12月31日,蛋白質研究所,特任研究員,専任

  • 2016年01月01日 ~ 2016年03月31日,蛋白質研究所,特任研究員(常勤),専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,特任助教(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学研究科 化学専攻 修了 博士(理学) 2011年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院理学研究科ERATO村田脂質活性構造プロジェクト特任研究員(常勤) 2011年04月 ~ 2012年03月
大阪大学大学院理学研究科化学専攻特任研究員(非常勤) 2012年04月 ~ 2013年03月
大阪大学蛋白質研究所特任研究員(非常勤) 2013年04月 ~ 2015年12月
大阪大学蛋白質研究所特任研究員(常勤) 2016年01月 ~ 2016年03月
大阪大学蛋白質研究所特任助教(常勤) 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 固体NMR
    分析化学関連,基礎物理化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本核磁気共鳴学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Advanced instrumentation for DNP-enhanced MAS NMR for higher magnetic fields and lower temperatures,Matsuki Yoh, Idehara Toshitaka, Fukazawa Jun, Fujiwara Toshimichi,JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE,264 107-115,2016年03月,学術論文

  • Post-processing of individual signals for de-noising,J. Fukazawa, K. Takeda, K. Takegoshi,J. Magn. Reson.,211 (2011) 52-59,2011年07月,https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1090780711001212,学術論文

  • 14N Quadrupolar Coupling of Amide Nitrogen and Peptide Secondary Structure As Studied by Solid-State NMR Spectroscopy,J. Fukazawa, S. Kato, T. Ozaki, A. Shoji, K. Takegoshi,J. Am. Chem. Soc.,132, 4290-4294 (2010),2010年03月,http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ja909931j,学術論文

  • Phase Covariance in NMR Signal,J. Fukazawa, K. Takegoshi,Phys. Chem. Chem. Phys.,12, 11225-11227 (2010),2010年10月,https://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2010/cp/c0cp00644k#!divAbstract,学術論文

  • 高磁場DNPの高速定量的シミュレーションによる高効率核磁化増大法の研究,深澤隼,藤原敏道,松木陽,第55回NMR討論会, 38-39,2016年11月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>