論文

分割表示 >> /  全件表示  448 件中 1 - 448 件目
  1. Measurement System for Biomechanical Properties of Cell Sheet,K Uesugi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2013), Tokyo(Japan),2013年11月,国際会議(proceedingsあり)

  2. MultipleMicrofluidic Stream based Manipulation for Single Cell Handling,Y. Yalikun, Yoshitake Akiyama, Keisuke Morishima,IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2013), Tokyo(Japan),2013年11月,国際会議(proceedingsあり)

  3. Bio-micro-manipulation based on Hydrodynamic Forces of Multiple Micro Stream,Y. Yalikun, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013),東京,2013年09月,会議報告/口頭発表

  4. 遺伝子導入した体性筋バイオアクチュエータの光応答評価,廣岡正也,ベースーピン,星野隆行,秋山佳丈,星野啓太,辻村秀信,岩淵喜久男,森島圭祐,第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013),東京,2013年09月,会議報告/口頭発表

  5. 金ナノ粒子修飾電極を用いた昆虫体液バイオ燃料電池の開発,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013),東京,2013年09月,会議報告/口頭発表

  6. 細胞シート把持具を用いた引張試験による細胞シート力学特性測定,上杉薫,秋山佳丈,星野隆行,秋山義勝,大和雅之,岡野光夫,森島圭祐,第31回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2013),東京,2013年09月,会議報告/口頭発表

  7. Voluntary Movement Controlled by the Surface EMG Signal for Tissue-engineered Skeletal Muscle on a Gripping Tool,K. Kabumoto, T. Hoshino, Y. Akiyama, K. Morishima,Tissue Engineering A,19(15-16) 1695-1703,2013年08月,学術論文

  8. Visual servo of muscle-powered optogenetic bioactuator,S.P.Beh. M.Hirooka, T.Hoshino, Y.Akiyama, H.Tsujimura, K.Morishim,Transducers’13, the 17th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators, and Microsystems and Eurosensors XXVII(Transducers2013), Barcelona(Spain), 1444-1447,2013年06月,国際会議(proceedingsあり)

  9. Gold Nanoparticle-based Biofuel Cell Using Insect Body Fluid Circulation,K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, N. Nakamura, H. Ohno, , K. Morishima,Transducers’13, the 17th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators, and Microsystems and Eurosensors XXVII(Transducers2013), Barcelona(Spain), 2811-2814,2013年06月,国際会議(proceedingsあり)

  10. Bio-Manipulation Method Based on Hydrodynamic Forces of Multiple Microfluidic Streams,Y. Yalikun, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,Journal of Robotics and Mechatronics,25(4) 611-618,2013年02月,学術論文

  11. Measuring Adhesion Force of a Cell Sheet by the Ninety-degree Peel Test Using a Multi Hook Type Fixture,K. Uesugi, Y. Akiyama, T. Hoshino, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, K. Morishima,Journal of Biomechanical Science and Engineering,8(2) 129-138,2013年02月,学術論文

  12. Multiple Microfluidic Stream based Manipulation System for 3D Cell Handling,Y. Yalikun, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013),2013年05月,会議報告/口頭発表

  13. 昆虫サイボーグ創製に向けた昆虫搭載型バイオ燃料電池の開発―背脈管を駆動源とした体液循環システム―,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013),筑波,2013年05月,会議報告/口頭発表

  14. 細胞シート力学特性評価システムの開発―細胞シート自動把持具による細胞シート引張試験―,上杉薫,秋山佳丈,星野隆行,秋山義勝,大和雅之,岡野光夫,森島圭祐,ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC2013),筑波,2013年05月,会議報告/口頭発表

  15. Measuring mechanical properties of cell sheet by tensile test using self-attachable fixture,K. Uesugi, Y. Akiyama, T. Hoshino, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, K. Morishima,Journal of Robotics and Mechatronics,25(4) 603-610,2013年02月,学術論文

  16. Evaluation of mechanical stimulation effect on cellular orientation under confluence based on 2D-FFT and principal component analysis,Y. Akiyama, T. Hoshino, M. Hashimoto, K. Morishima,Journal of Micro-Nano Mechatronics,2012年12月,学術論文

  17. Stable ejection of micro droplets containing microbeads by a piezoelectric inkjet head,S. Yamaguchi, A. Ueno, K. Morishima,Journal of Micro-Nano Mechatronics,2012年12月,学術論文

  18. Cardiomyocyte-driven gel network for bio mechano-informatic wet robotics,T. Hoshino, K. Imagawa, Y. Akiyama, K. Morishima,Biomedical Microdevices,2012年12月,学術論文

  19. Insect biofuel cells using trehalose included in insect hemolymph leading to an insect-mountable biofuel cell,K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, T. Hoshino, N. Nakamura, H. Ohno, K. Morishima,Biomedical Microdevices,2012年12月,学術論文

  20. Rapidly-moving insect muscle-powered microrobot and its chemical acceleration,Y. Akiyama, K. Odaira, K. Sakiyama, T. Hoshino, K. Iwabuchi, K. Morishima,Biomedical Microdevices,2012年12月,学術論文

  21. Cell patterning through inkjet printing of one cell per droplet,S. Yamaguchi, A. Ueno, Y. Akiyama, K. Morishima,Biofabrication,2012年12月,学術論文

  22. 世界を救うEcockroach,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,Nature Industry Award,2012年11月,国際会議(proceedingsあり)

  23. 細胞シート引張試験システムによる細胞シートの力学特性評価,上杉薫,秋山佳丈,星野隆行,秋山義勝,大和雅之,岡野光夫,森島圭祐,第34回日本バイオマテリアル学会大会,2012年11月,会議報告/口頭発表

  24. Ejection of a Single Cell in a Single Droplet using Piezoelectric Inkjet Head,Shuichi Yamaguchi, Ryanto The, Akira Ueno, Yoshitake Akiyama, Keisuke Morishima,The 23rd International symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science Symposium, Japan,2012年11月,国際会議(proceedingsあり)

  25. Insect Batteries Using Insect Hemolymph for Insect Robots,K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, N. Nakamura, H. Ohno and K. Morishima,International Conference on Bioelectronics, Biosensors, Biomedical Devices and BioMEMS/NEMS Applications 2012 (Bio4Apps2012), Singapre,2012年11月,国際会議(proceedingsあり)

  26. Development of 3D cell aggregation system using magneto-Archimedes effect,Y. Akiyama, K. Morishima,International Conference on Biofabrication 2012 (Biofabrication 2012),2012年10月,国際会議(proceedingsあり)

  27. BIO-HYBRID CAPILLARY PULSATION DRIVEN BY A HEART MUSCLE OF INSECT,Kei Funakoshi, Yoshitake Akiyama, Takayuki Hoshino, Kikuo Iwabuchi and Keisuke Morishima,MicroTAS 2012,the 15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences, Japan,2012年10月,国際会議(proceedingsあり)

  28. Cell Detection in Inkjet Nozzle Tip by Image Processing for High Speed Cell Printing,The Ryanto,Yamaguchi Shuichi,Akiyama Yoshitake,Ueno Akira,Hoshino Takayuki,Morishima Keisuke,第30回日本ロボット学会記念学術講演会(RSJ2012),2012年09月,会議報告/口頭発表

  29. バイオアクチュエータの光制御に向けた遺伝子導入した骨格筋の光応答ダイナミクスに関する研究,廣岡正也,ベースーピン,星野隆行,秋山佳丈,辻村秀信,岩淵喜久男・森島圭祐,第30回日本ロボット学会記念学術講演会(RSJ2012),2012年09月,会議報告/口頭発表

  30. 昆虫搭載型電源に向けた体液循環システムの開発,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,星野隆行,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,第30回日本ロボット学会記念学術講演会(RSJ2012),2012年09月,会議報告/口頭発表

  31. Micro tensile test system for the quality evaluation of cell sheet,K Uesugi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,2012 Summer School of the HeKKSaGOn Consortium, Japan,2012年09月,国際会議(proceedingsあり)

  32. Room temperature operable autonomously moving bio-microrobot powered by insect dorsal vessel tissue,Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Iwabuchi, K. Morishima,PLoS ONE,7(7), e38274,2012年07月,学術論文

  33. Emergent Functionality of Cellular Buildup Wet Robotics,K. Morishima, ,CIMTEC 2012, p.128,2012年06月,国際会議(proceedingsあり)

  34. 昆虫体液中トレハロースを用いた昆虫搭載型バイオ燃料電池の開発,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,星野隆行,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,応用動物昆虫学会,2012年03月,会議報告/口頭発表

  35. Closed-looped Nano Stimulation Microscope for Living Cell Membrane,Takayuki Hoshino, Keisuke. Morishima,the 7th IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (NEMS),Kyoto(Japan),2012年03月,国際会議(proceedingsあり)

  36. 微小張力測定システムによる細胞シート引張強度測定,上杉薫,秋山佳丈,星野隆行,秋山義勝,大和雅之,岡野光夫,森島圭祐,第21回インテリジェント材料/システムシンポジウム,2012年01月,会議報告/口頭発表

  37. LABEL-FREE ULTRARAPID SPHEROID FORMATION IN MICROFLUIDIC CHIP USING MAGNETO-ARCHIMEDES EFFECT,Y. Akiyama,K. Morishima,The 25th International Conference on Micro Electro Mechanical Systems IEEE MEMS 2012,2012年01月,国際会議(proceedingsあり)

  38. Insect-mountable Biofuel Cell with Self Circulation System,K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, T. Hoshino, N. Nakamura, H. Ohno and K. Morishima,The 25th International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (IEEE MEMS2012), Paris(France),pp. 1249-1252,2012年01月,国際会議(proceedingsあり)

  39. 生命機械融合ウェットロボティクスの創製,森島圭祐, ,第72回阪大融合技術懇談会,2011年11月,会議報告/口頭発表

  40. SPHEROID ARRAY FORMATION BY NON-LABEL CELL MANIPULATION USING MAGNETO-ARCHIMEDES EFFECT,Y. Akiyama, K. Morishima,IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2011), IEEE,2011年11月,国際会議(proceedingsあり)

  41. 生命機械融合ウェットロボティクスの創製,森島圭祐,第72回阪大融合技術懇談会,2011年11月,会議報告/口頭発表

  42. 細胞シート評価のための細胞シート力学特性測定システムの開発,上杉薫,秋山佳丈,星野隆行,秋山義勝,大和雅之,岡野光夫,森島圭祐,第33回日本バイオマテリアル学会大会,2011年11月,会議報告/口頭発表

  43. Spheroid array formation by non-label cell manipulation using magneto-Archimedes effect,Y. Akiyama and K. Morishima,The 23th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2011),Nagoya(Japan) ,pp. 45-50 ,2011年11月,国際会議(proceedingsあり)

  44. Self-Circulation System of Insect Hemolymph for Insect-Mountable Biofuel Cell,K. Shoji, Y. Akiyama, M. Suzuki, Takayuki Hoshino, N. Nakamura, H. Ohno, and K. Morishima,Proc. the 11th Workshop on Micro and Nanotechnology for Power Generation and Energy Conversion Applications (PowerMEMS 2011), Seoul (Korea),pp. 27-30,2011年11月,国際会議(proceedingsあり)

  45. Optical Controlled Microfluidic Components By Optogentetic Bioactuator,Takayuki Hoshino, Kiyofumi Suzumura, Taichi Kimura, Kei Funakoshi, Yoshitake Akiyama, Hidenobu Tsujimura, Kikuo Iwabuchi, and Keisuke Morishima,The 15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Science (µTAS 2011), USA,2011年10月,国際会議(proceedingsあり)

  46. Expression of trehelose trsnsporter in msmmalian cells for cryopreservation,Kei Funqkoshi, Yoshitake Akiyama, Takqyuki Hoshino, Keisuke Morishima,lnternational Conference Biofabrication,UK,2011年10月,国際会議(proceedingsあり)

  47. Micro stretching test system for the quality evaluation of cell sheet,K. Uesugi, Y. Akiyama, T. Hoshino, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, K. Morishima,Biofabrication201, Toyama(Japan),2011年10月,国際会議(proceedingsあり)

  48. 水溶液中の電子線励起反応を用いたナノ空間の細胞膜の機能制御,星野隆行, 森島圭祐,第3回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,2011年09月,会議報告/口頭発表

  49. 筋組織の凍結保存を目指したマウス由来筋芽細胞へのトレハローストランスポータ1の発現,富名腰敬, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,第63回日本生物工学会大会, 日本生物工学会,2011年09月,会議報告/口頭発表

  50. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの機能創発-光感受性イオンチャネルをもつ筋細胞のトランスデューサ機構の制御-,鈴村清史,星野隆行,冨名腰敬,秋山佳丈,岩淵喜久男,辻村秀信,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  51. 昆虫筋細胞を駆動源とした室温環境駆動型マイクロポンプの作製―ナノシートによる昆虫筋細胞のパーツ化―,清水恒志,秋山佳丈,星野隆行,岩淵喜久男,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  52. 神経‐筋相互作用により運動発達する生体ロボティクス培養神経活動を用いた筋収縮モデル構築の検討,株本憲一郎, 星野隆行, 森島圭祐,第26回生体・生理工学シンポジウム,2011年09月,会議報告/口頭発表

  53. 液相中の電子線励起化学成長法による細胞膜のナノ加工と導電性細胞インターフェースへの応用,星野隆行,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  54. 昆虫筋組織で駆動するマイクロポンプ,富名腰敬,清水恒志,秋山佳丈,星野隆行,岩淵喜久男,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  55. 細胞から構築する生体ロボティクス-神経・筋・コンピュータを融合したロボットの制御方法-,株本憲一郎,星野隆行,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  56. 磁気アルキメデス細胞アセンブリ法による多層スフェロイドの形成,秋山佳丈,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2011),2011年09月,会議報告/口頭発表

  57. 昆虫搭載型トレハロースバイオ燃料電池の開発-C-MEMSを用いた高表面積電極の作製-,庄司観,秋山佳丈,鈴木将登,星野隆行,中村暢文,大野弘幸,森島圭祐,第29回日本ロボット学会学術講演会,2011年09月,会議報告/口頭発表

  58. Demonstration of on-line desalination for LC-MS using phosphate adsorption onto TiO2-coated magnetic microparticles within a microchannel,Y. Akiyama, Y. Takahashi, I. Akutagawa, A. Ono, K. Morishima, K. Chiba,International Journal of Mass Spectrometry,306(1), pp. 37-43,2011年09月,学術論文

  59. トレハローストランスポータ発現による哺乳類細胞 への凍結耐性付与プロセッシング,富名腰敬, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,セルプロセッシング計測評価研究部会 第3回 若手研究シンポジウム, 日本生物工学会セルプロセッシング計測評価研究部会,2011年07月,会議報告/口頭発表

  60. Electron-Beam Direct Processing on Living Cell Membrane,Takayuki Hoshino, Keisuke Morishima,Applied Physics Letters,99, pp.174102,2011年07月,学術論文

  61. 昆虫筋組織を駆動源としたマイクロポンプの開発,富名腰敬, 清水恒志, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,第23回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会(23rd CHEMINAS), 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2011年06月,会議報告/口頭発表

  62. トレハロースバイオ燃料電池の開発 -昆虫に搭載可能なオンサイト電源に向けて-,庄司観, 鈴木将登, 秋山佳丈, 星野隆行, 中村暢文, 大野弘幸, 森島圭祐,,第23回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会(23rd CHEMINAS), 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2011年06月,会議報告/口頭発表

  63. 磁気アルキメデス効果を用いたラベルフリー細胞アセンブリによるスフェロイドアレイの構築”, 第23回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会(23rd CHEMINAS),秋山佳丈, 森島圭祐,第23回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会(23rd CHEMINAS), 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2011年06月,会議報告/口頭発表

  64. Chemical Switching of Micro Jellyfish-Shaped Robot Consisting Only of Cardiomyocyte Gel,R. Takemura, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,The 16th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2011), IEEE, Beijing(China),pp. 2442-2445,2011年06月,国際会議(proceedingsあり)

  65. Size Fractionation of Primary Muscle Cells Using Hydrodynamics in Microchannels,K. Funakoshi, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,The 16th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2011), IEEE, Beijing(China),pp. 274-277,2011年06月,国際会議(proceedingsあり)

  66. Biofuel Cells with Trehalose toward an Insect-Implanted Power Source,K. Shoji, M. Suzuki, Y. Akiyama, Takayuki Hoshino, N. Nakamura, K. Morishima,IEEE The 16th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2011), Beijing(China),pp. 2762-2765,2011年06月,国際会議(proceedingsあり)

  67. 磁気アルキメデス効果による3次元組織構築―細胞挙動の磁場解析による予測と実験データとの比較―,秋山佳丈, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 45(1A2-e08),2011年05月,会議報告/口頭発表

  68. 流体デバイスによる筋細胞の分画操作組織形成― 筋幹細胞濃縮による良質筋組織形成 ―,富名腰敬, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 41(1A2-C03),2011年05月,会議報告/口頭発表

  69. 神経‐筋相互作用により運動発達する生体ロボティクス―培養神経ネットワークによる筋組織の運動制御―,株本憲一郎, 遠山佳祐, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 214(2P2-D04),2011年05月,会議報告/口頭発表

  70. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの機能創発―心筋細胞ゲルを用いた心筋細胞の3次元構築によるクラゲ型バイオマイクロマシンの構築と推進機構の創発―,竹村龍一, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,p. 44(1A2-E04),2011年05月,会議報告/口頭発表

  71. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの機能創発―大気中で駆動可能なバイオマイクロマニピュレータの創成製―,清水恒志, 佐久間徹, 秋山佳丈, 富名腰敬, 星野隆行, 岩淵喜久男, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,p. 44(1A2-E06),2011年05月,会議報告/口頭発表

  72. 電子線照射によるリアルタイム細胞機能制御―低加速電子による生体分子加工の提案―,星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,p. 44(1A2-E03),2011年05月,会議報告/口頭発表

  73. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの機能創発-カーボンナノコイルを利用したナノマシンの開発および3次元磁場制御による細胞内操作への応用-,松本拓巳, 星野隆行, 秋山佳丈, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 39(1A2-B07),2011年05月,会議報告/口頭発表

  74. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの機能創発―チャネルロドプシン2 発現筋細胞による光応答性バイオアクチュエータの制御―,鈴村清史, 星野隆行, 冨名腰敬, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 辻村秀信, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,p. 特別原稿によりページなし(1A2-E09),2011年05月,会議報告/口頭発表

  75. 昆虫埋め込み型発電システムの創製―昆虫体液中トレハロースを用いたバイオ燃料電池の開発―,庄司観, 富名腰敬, 鈴木将登, 秋山佳丈, 星野隆行, 中村暢文, 大野弘幸, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC2011), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,p. 44(1A2-E05),2011年05月,会議報告/口頭発表

  76. Construction of Mechano-Bionic System using an Environmentally robust Insect Muscle Tissue,K. Morishima, Takayuki Hoshino Y. Akiyama,The 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2011), Shanghai(China),pp. 4110-4114,2011年05月,国際会議(proceedingsあり)

  77. Emergent functionality of regenerative biomechanical systems powered by muscle cells toward wet nano-robotics,K. Morishima, ,Workshop Medical micro-robots: potential  challenges ″ strategies and dreams ",2011年03月,国際会議(proceedingsあり)

  78. 水溶液中の電子線励起堆積およびアブレーションによる生細胞への電子線直接描画,星野隆行, 森島圭祐,第58回応用物理学関係連合講演会,2011年03月,会議報告/口頭発表

  79. 磁気アルキメデス効果による非標識細胞マニピュレーションと3次元血管様組織の構築,秋山佳丈, 森島圭祐,第10回日本再生医療学会総会, (社)日本再生医療学会,,p. 179,2011年03月,会議報告/口頭発表

  80. A Novel Application of Carbon Nano Coils for Intracellular Nano-Robots,Takumi Matsumoto, Takayuki Hoshino, Yoshitake Akiyama, and Keisuke Morishima,the 6th IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2011), Kaohsiung(Taiwan),2011年02月,国際会議(proceedingsあり)

  81. Label-free cell aggregate formation based on the magneto-Archimedes effect,Y. Akiyama, K. Morishima,Applied Physics Letters,98, 163702,2011年02月,学術論文

  82. 細胞ビルドアップ型ウエットナノロボティクスの構築と機能創発,森島圭祐, ,日本機械学会 安全・安心な社会を支える運動と振動の制御 研究分科会,2011年01月,会議報告/口頭発表

  83. 磁気アルキメデス効果によるノンラベル細胞マニピュレーション法の開発,秋山佳丈, 森島圭祐, (社)未踏科学技術協会 インテリジェント材料・システム研究会,p. 16,2011年01月,会議報告/口頭発表

  84. 水溶液中の電子線励起堆積およびアブレーションによる生細胞への電子線直接描画,星野隆行, 森島圭祐,第20回インテリジェント材料/システムシンポジウム, (社)未踏科学技術協会 インテリジェント材料・システム研究会,p.16,2011年01月,会議報告/口頭発表

  85. Teleoperated Muscle-Powered Micro Gripper controlled by Electromyogram,K. Kabumoto, T. Hoshino, K. Morishima,The 24th IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS 2011), IEEE,pp. 1277-1280,2011年01月,国際会議(proceedingsあり)

  86. Electron Beam Direct Drawing on Living Cell,T. Hoshino, K. Morishima,The 24th IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS 2011), IEEE,pp. 241-244,2011年01月,国際会議(proceedingsあり)

  87. Long-Term and Room Temperature Operable Bio-Microrobot Powered by Insect Heart Tissue,Y. Akiyama, K. Odaira, K. Iwabuchi, K. Morishima,The 24th IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS 2011), IEEE,2011年01月,国際会議(proceedingsあり)

  88. A Light Regulated Bio-Micro-Actuator Powered by Transgenic Drosophila Melanogaster Muscle Tissue,K Suzumura, K Funakoshi, Takayuki Hoshino, K Iwabuchi, Y Akiyama, H Tsujimura, K Morishima,The 24th International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS 2011), Cancun(Mexico),pp.149-152,2011年01月,国際会議(proceedingsあり)

  89. Construction and Function Emergence of Cellular Build up Wet Nano Robotics,K. Morishima, ,9th iCeMS International Symposium: Mesoscale Control and Engineering of Self-Organized and Excitable Systems in Biology and Chemistry,p. 36,2010年12月,国際会議(proceedingsあり)

  90. 昆虫背脈管組織および細胞のバイオマイクロデバイスへの応用,秋山佳丈, 清水恒志, 森島圭祐,科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学 バイオ操作 最終報告会,2010年12月,会議報告/口頭発表

  91. 形から運動をつくる,星野隆行, 森島圭祐,科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学 バイオ操作 最終報告会,2010年12月,会議報告/口頭発表

  92. マイクロ流体デバイスによる細胞のサイズ分画プロセッシング,富名腰敬, P. Lohachala, 株本憲一郎, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,農工大・電通大第7回合同シンポジウム「ナノ未来材料とコヒーレント光科学」,p. 35,2010年12月,会議報告/口頭発表

  93. バイオマイクロアクチュエータ開発に向けたChannelrhodopsin-2発現筋細胞の光制御,瀧澤健介, 鈴村清史, 辻村秀信, 星野隆行, 秋山佳丈, 森島圭祐,第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会(BMB2010),p. 125,2010年12月,会議報告/口頭発表

  94. 細胞ビルドアップ型ウエットロボティクスの構築と機能創発,森島圭祐, ,機械工学専攻先端研究会(トピックス:先端知能メカトロニクス),2010年11月,会議報告/口頭発表

  95. マイクロ流体デバイスによる初代筋細胞のサイズ分画操作,富名腰敬, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,マイクロ流体デバイスによる初代筋細胞のサイズ分画操作”, 「細胞を創る」研究会3.0, 「細胞を創る」研究会,p. 117,2010年11月,会議報告/口頭発表

  96. 電子線で細胞膜を操ることはできるか?,星野隆行, 森島圭祐,「細胞を創る」研究会3.0, 「細胞を創る」研究会,p. 118,2010年11月,会議報告/口頭発表

  97. Magnetically Control of Nano-Structures for Intracellular Nano-Robots,T. Matsumoto, T. Hoshino, Y. Akiyama, K. Morishima,2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Robotics and Automation Society, IEEE,pp. 109-114,2010年11月,国際会議(proceedingsあり)

  98. The Design Analysis of Self-organized and Frameless swimming Bio-Robots With Cardiomyocyte Gel,R. Takemura, T. Hoshino, Y. Akiyama, K. Morishima,2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Robotics and Automation Society, IEEE,pp. 485-490,2010年11月,国際会議(proceedingsあり)

  99. Design and Fabrication of Temperature-Tolerant Micro Bio-Robot Driven by Insect Heart Tissue,Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Iwabuchi, K. Morishima,2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Robotics and Automation Society, IEEE,pp. 115-120,2010年11月,国際会議(proceedingsあり)

  100. Performance Evaluation of a Tiny Insect Muscle-Powered Bioactuator Using Gene Modified Drosophila Melanogaster’s Dorsal Vessel Tissue,K. Suzumura, K. Takizawa, H. Tsujimura, K. Iwabuchi, T. Hoshino, K. Morishima,2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2010), Robotics and Automation Society, IEEE,pp. 168-173,2010年11月,国際会議(proceedingsあり)

  101. Construction and Function Emergence of Cellular Build up Wet Nano Robotics,K. Morishima, ,59th ICAT/JTTAS Joint International Smart Actuator Symposium,2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  102. 細胞ビルドアップウェットナノロボティクスの構築と機能創発,森島圭祐, ,分子系の複合電子機能第181委員会第9回研究会,pp. 47-48,2010年10月,会議報告/口頭発表

  103. Construction and Function Emergence of Cellular Build up Wet Nano Robotics,K. Morishima, ,日本-フランス先端工学シンポジウム(JFFOE),pp. 85-87,2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  104. Demonstration of Muscle-Powered Autonomous Micro Mobile Gel,K. Morishima, K. Imagawa, T. Hoshino, S. Maruo,2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2010),p. 161,2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  105. Desalination Interface Device For LC-MS Using TiO2-Coated Magnetic Microparticles,Y. Akiyama, Y. Takahashi, I. Akutagawa, A. Ono, K. Morishima, K. Chiba,The 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Science (µTAS 2010), The Chemical and Biological Microsystems Society (CBMS),pp. 602-604,2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  106. Electron-beam Induced In Situ Spatiotemporal Nanofabrication toward Intracellular Nanorobotics,T. Hoshino, K. Morishima,The 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Science (µTAS 2010), The Chemical and Biological Microsystems Society (CBMS),pp. 1637-1639,2010年10月,国際会議(proceedingsあり)

  107. マイクロ流体デバイスによる初代筋細胞のサイズ分画操作,富名腰敬, P. Lohachala, 株本憲一郎, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 165,2010年09月,会議報告/口頭発表

  108. バイオマイクロアクチュエータ作製に向けたキイロショウジョウバエ背脈管の収縮力測定,鈴村清史, 秋山佳丈, 富名腰敬, 星野隆行, 辻村秀信, 岩淵喜久男, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 209,2010年09月,会議報告/口頭発表

  109. 昆虫背脈管細胞による室温で自律駆動するマイクロピラーアクチュエータの創製,清水恒志, 秋山佳丈, 星野隆行, 岩淵喜久男, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 207,2010年09月,会議報告/口頭発表

  110. 液相中の電子線励起化学成長法による細胞膜のナノ加工-加工メカニズムと細胞応答-,星野隆行, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 166,2010年09月,会議報告/口頭発表

  111. 細胞内駆動ロボットを目指した磁気制御システムの試作および評価,松本拓巳, 星野隆行, 秋山佳丈, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 247,2010年09月,会議報告/口頭発表

  112. 反磁性細胞マニピュレーションによる非標識での超高速スフェロイド形成,秋山佳丈, 森島圭祐,第28回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 164,2010年09月,会議報告/口頭発表

  113. 昆虫背脈管を駆動源とする耐環境性マイクロバイオロボットの創成と制御,Y. Akiyama, K. Shimizu, T. Hoshino, K. Iwabuchi, Y. Akiyama, M. Yamato, M. Okano, K. Morishima,第48回(2010年度)日本生物物理学会年会, 第48回日本生物物理学会年会実行委員会,p. S80,2010年09月,会議報告/口頭発表

  114. 心筋ゲルを用いた自己組織化するクラゲ型水中遊泳ロボットの創成の検証,R. Takemura, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,第48回(2010年度)日本生物物理学会年会, 第48回日本生物物理学会年会実行委員会,p. S170,2010年09月,会議報告/口頭発表

  115. “チャネルロドプシン2遺伝子導入キイロショウジョウバエの筋肉を用いた光制御バイオマイクロアクチュエータの創成,K. Takizawa, Y. Akiyama, T. Hoshino, H. Tsujimura, K. Iwabuchi, K. Morishima,第48回(2010年度)日本生物物理学会年会, 第48回日本生物物理学会年会実行委員会,p. S81,2010年09月,会議報告/口頭発表

  116. 昆虫サイボーグ創製に向けた体液中トレハロースによる発電の検証,K. Shoji, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,第48回(2010年度)日本生物物理学会年会, 第48回日本生物物理学会年会実行委員会,p. S81,2010年09月,会議報告/口頭発表

  117. Multi-scale Reconstruction and Performance of Insect Muscle Powered Bioactuator from Tissue to Cell Sheet,K. Shimizu, T. Hoshino, Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, K. Morishima,The 2010 3rd IEEE RAS & EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob 2010), IEEE Robotics and Automation Society & IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,pp. 425-430,2010年09月,国際会議(proceedingsあり)

  118. Bio-Robotics using Interaction between Neuron and Muscle for Development of Living Prosthesis,K. Kabumoto, T. Hoshino, K. Morishima,The 2010 3rd IEEE RAS & EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob 2010), IEEE Robotics and Automation Society & IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,pp. 419-424,2010年09月,国際会議(proceedingsあり)

  119. Cardiomyocyte-Driven Wet Gel Robotics - Chemical Modulation of Cardiac Network Pattern Generator-,T. Hoshino, K. Imagawa, K. Morishima, The 2010 3rd IEEE RAS & EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics (BioRob 2010), IEEE Robotics and Automation Society & IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,pp. 547-552,2010年09月,国際会議(proceedingsあり)

  120. セルラーインプリンティングによる生体機能創発ロボティクスの創製,森島圭祐, 星野隆行,新学術領域「分子ナノシステムの創発化学」2010年度第2回全体会議,p. 39,2010年08月,会議報告/口頭発表

  121. セルラーインプリンティングによる生体機能創発ロボティクスの創製-機能は形に従うのか?-,星野隆行, 森島圭祐,新学術領域「分子ナノシステムの創発化学」A04班会議,2010年06月,会議報告/口頭発表

  122. 細胞とマイクロパーツによる自己組織化構造の創発―方向性を有するマイクロパターンにより生成される細胞運動機能―,星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 195 (2P1-A15),2010年06月,会議報告/口頭発表

  123. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発―陸生準生物システムの創製に向けたバイオマシンの試作とパッケージング方法の開発―,鈴村清史, 當山優太, 吉田祐, 星野隆行, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194(2P1-A10),2010年06月,会議報告/口頭発表

  124. 遺伝子操作によるバイオマイクロマシンの機能発現と制御―飛翔昆虫キイロショウジョウバエの筋細胞バイオアクチュエータの運動性能評価―,鈴村清史, 星野隆行, 辻村秀信, 岩淵喜久男, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194(2P1-A09),2010年06月,会議報告/口頭発表

  125. マイクロ流路を用いた生体分子モーターの三次元集積化に関する研究―微小管マイクロリング状集合体の作製―,川嶋雄太, 角五彰, 星野隆行, 森島圭祐,本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194(2P1-A13),2010年06月,会議報告/口頭発表

  126. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボテックスの構築と機能創発―昆虫細胞シートを用いた室温環境駆動型マイクロポンプの作製―,清水恒志, 星野隆行, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194(2P1-A11),2010年06月,会議報告/口頭発表

  127. イントラセルラーナノロボティクスに向けた電子線照射によるナノ構造制御の提案―ナノメンブレン・ウェットカプセル内での導電性高分子によるナノ造形―,星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194 (2P1-A14),2010年06月,会議報告/口頭発表

  128. 細胞内ナノロボティクスの機能創発―磁気応答ナノデバイスの構築及びに細胞内への導入―,松本拓巳, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 197 (2P1-B14),2010年06月,会議報告/口頭発表

  129. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発―心筋細胞ゲルの機能制御に向けた薬剤投与及び形状制御―,株本憲一郎, 今川健太郎, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 195 (2P1-A24),2010年06月,会議報告/口頭発表

  130. 神経‐筋相互作用により運動発達する生体ロボティクス―細胞から再構築した筋によるマイクロハンドの駆動制御―,株本憲一郎, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 125 (2P1-A25),2010年06月,会議報告/口頭発表

  131. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発―筋細胞バイオアクチュエータを用いた管内移動型ワイヤレスマイクロロボットの開発―,清水恒志, 中山啓, 岩淵喜久男, 星野隆行, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2010 (ROBOMEC2010), 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門,pp. 194(2P1-A12),2010年06月,会議報告/口頭発表

  132. Construction of an Environmentally Robust Mechano-Bionic Actuator Using Insect Muscle Cells,Keisuke Morishima,Yoshitake Akiyama,Kikuo Iwabuchi,ACTUATOR 2010, 12th International Conference on New Actuators & 6th international Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems, Bremen(Germany),1107-1109頁,2010年06月,国際会議(proceedingsあり)

  133. 柔らかい機械をつくる-筋細胞を用いたバイオアクチュエータの応用-,森島圭祐, ,「復元力応用分科会」第9回講演会,2010年05月,会議報告/口頭発表

  134. 細胞ビルドアップウェットロボティクスの創製,森島圭祐, 星野隆行, ,リズム現象の研究会Ⅴ,2010年05月,会議報告/口頭発表

  135. 細胞ビルドアップ型ウエットナノロボティクスの構築と機能発現,森島圭祐,第62回日本細胞生物学会大会ミニシンポジウム「人工細胞研究の最先端」,p. 107,2010年05月,会議報告/口頭発表

  136. Electrical stimulation of cultured lepidopteran dorsal vessel tissue: an experiment for development of bioactuators,Yoshitake Akiyama, Kikuo Iwabuchi, Yuji Furukawa, Keisuke Morishima,46巻5号411-415頁,2010年05月,学術論文

  137. Cell-driven Three-dimensional Manipulation of Micro-parts for a Micro-assembly,Takayuki Hoshino Ayako Higashi, Tomohiro Konno, Kazuhiko Ishihara, Keisuke Morishima,49巻6号06GM03-1 - 06GM03-4頁,2010年05月,学術論文

  138. Two-Step Deformation Mechanism of Self-Forming Three-Dimensional Carbon Micro Structures,Keisuke Usuda, Takayuki Hoshino, Keisuke Morishima,49巻6号06GM03-1 - 06GM03-4頁,2010年05月,学術論文

  139. Rod-shaped Tissue Engineered Skeletal Muscle with Artificial Anchors to Utilize as a Bio-Actuator,Y. Akiyama, R. Terada, M. Hashimoto, T. Hoshino, Y. Furukawa, K. Morishima,5巻3号236-244頁,2010年04月,学術論文

  140. Muscle-powered Cantilever for Microtweezers with an Artificial Micro Skeleton and Rat Primary Myotubes,Takayuki Hoshino, Keisuke Morishima,5巻3号245-251頁,2010年04月,学術論文

  141. ショウジョウバエの背脈管を用いた超小型かつ省エネ駆動型バイオアクチュエータの創製,鈴村清史, 辻村秀信, 岩淵喜久男, 星野隆行, 森島圭祐,文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学「バイオ操作」第8回公開シンポジウム,2010年03月,会議報告/口頭発表

  142. 昆虫細胞シートアクチュエータを用いた室温環境での自律拍動マイクロシステムの創製,清水恒志, 星野隆行, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐,文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学「バイオ操作」第8回公開シンポジウム,2010年03月,会議報告/口頭発表

  143. 神経-筋細胞接続の再構築によって成長するバイオマシンの構築,株本憲一郎, 星野隆行, 森島圭祐,文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学「バイオ操作」第8回公開シンポジウム,2010年03月,会議報告/口頭発表

  144. 生体分子-機械融合ナノ構造を構築・制御する細胞内ナノプロセスへの挑戦,星野隆行, 森島圭祐,文部科学省科学研究費補助金「特定領域研究」マルチスケール操作によるシステム細胞工学「バイオ操作」第8回公開シンポジウム,2010年03月,会議報告/口頭発表

  145. Bio rapid prototyping by extruding/aspirating/refilling thermoreversible hydrogel,K. Iwami, T. Noda, K. Ishida, K. Morishima, M. Nakamura, N. Umeda,2巻1号014108-014112頁,2010年03月,学術論文

  146. セルラーインプリンティングによる生体機能創発ロボティクスの創製,上杉薫, 星野隆行, 森島圭祐,科学研究費補助金新学術領域 分子ナノシステムの創発化学 第1回公開シンポジウム,p. 115,2010年02月,会議報告/口頭発表

  147. 細胞運動による3 次元運動生成,星野隆行, 森島圭祐,科学研究費補助金新学術領域 分子ナノシステムの創発化学 第1回公開シンポジウム,p. 116,2010年02月,会議報告/口頭発表

  148. 細胞ビルドアップ型ウエットロボティクスの創製,森島圭祐, ,第22回バイオエンジニアリング講演会「筋細胞のバイオエンジニアリング」,p. 189,2010年01月,会議報告/口頭発表

  149. 筋細胞によるメカノケミカルカップリング型バイオアクチュエータに関する研究,森島圭祐, ,第3回国際シンポジウム「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」,2010年01月,会議報告/口頭発表

  150. 細胞ビルドアップ型ソフトマシンの構築と機能創発,森島圭祐, ,バイオ・マイクロシステム研究会「バイオ極限計測と細胞マイクロシステムの最先端」,2010年01月,会議報告/口頭発表

  151. Fabrication and Evaluation of Reconstructed Cardiac Tissue and Application to Bio-actuated Microdevices,H. Horiguchi, K. Imagawa, T. Hoshino, Y. Akiyama, K. Morishima,8巻4号349-355頁,2009年12月,学術論文

  152. Construction and Function Emergence of Cellular Build up Wet Nano Robotics toward Quasi-Living Actuator,森島圭祐, ,第4回人工筋肉コンファレンス-生体模倣、人工筋肉とナノバイオに関する第5回国際会議-,2009年11月,会議報告/口頭発表

  153. 微小アンカーによる細胞シートハンドリングツ-ルを用いた細胞シート接着力測定システムの開発,上杉薫, 星野隆行, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐,第31回日本バイオマテリアル学会大会, 日本バイオマテリアル学会,p. 229,2009年11月,会議報告/口頭発表

  154. 昆虫細胞シートアクチュエータを用いた室温環境での自律拍動マイクロシステムの作製,清水恒志, 佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐,第31回日本バイオマテリアル学会大会, 日本バイオマテリアル学会,p. 361,2009年11月,会議報告/口頭発表

  155. 昆虫背脈管組織を駆動源とするバイオアクチュエータのマイクロカプセル化,當山優太, 星野隆行, 岩淵喜久男, 森島圭祐,第31回日本バイオマテリアル学会大会, 日本バイオマテリアル学会,p. 360,2009年11月,会議報告/口頭発表

  156. ショウジョウバエの背脈管を用いた超小型かつ省エネ駆動型バイオアクチュエータの創製,鈴村清史, 辻村秀信, 岩淵喜久男, 星野隆行, 森島圭祐,第20回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(ISMM2009, 20th CHEMINAS), 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 142,2009年11月,会議報告/口頭発表

  157. 昆虫細胞を用いた室温環境でのウエットマイクロシステムの作製,清水恒志, 佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 星野隆行, 森島圭祐,第20回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(ISMM2009, 20th CHEMINAS), 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 141,2009年11月,会議報告/口頭発表

  158. Micro Handling Tool of Cell Sheet for Measurement of Adhesion Force,K. Uesugi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, T. Hoshino, K. Morishima,The 13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2009), The Chemical Biological Microsystems Society,pp. 1844-1846,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  159. SELF ASSEMBLY OF A BIOCOMPATIBLE THREE DIMENSIONAL MICRO CARBON STRUCTURE BY PYROLYZED PHOTORESIST FILM,K. Usuda, T. Hoshino, K. Morishima,The 13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2009), Jeju,Korea,1668-1670頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  160. 3D CELL MANIPULATION METHOD BASED ON MICRO WATER JET,Y. Yalikun, T. Hoshino, K. Morisima,The 13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2009),713-715頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  161. SINGLE CEELL DRIVEN NANO TWEEZERS,T. Hoshino, H. Kuroda, R. Kometani, T. Konno, K. Ishihara, K. Morishima,The 13th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (µTAS 2009), Jeju,Korea,1530-1532頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  162. Micro Handling Tool of Cell Sheet for Measurement of Adhesion Force,K. UESUGI, Y. AKIYAMA, M. YAMATO, T. OKANO, T. HOSHINO, K. MORISHIMA,1844-1846頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  163. Design of Bio-manipulation with Micro Water Jet,Y. Yaxar, T. Hoshino, K. Morishima,2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2009 & Micro-Nano Global COE, Nagoya(Japan),632-637頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  164. Micro-encapsulation of Bio-actuator using Insect Dorsal Vessel,Y. TOUYAMA, T. HOSHINO, K. IWABUCHI, K. MORISHIMA,2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2009 & Micro-Nano Global COE, Nagoya(Japan),644-649頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  165. Fabrication of Self Organized Structureby Controlling Growth Direction of Plant Cells,K. Yamamoto, K. Morishima,2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2009 & Micro-Nano Global COE, Nagoya(Japan),626-631頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  166. Development of Cell-Sheet Handling Tool for Measurement of Cell Sheet Adhesion Force,K. UESUGI, Y. AKIYAMA, M. YAMATO, T. OKANO, T. HOSHINO, K. MORISHIMA,2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS 2009 & Micro-Nano Global COE, Nagoya(Japan),614-619頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  167. Two Steps Deformation Mechanism of a Carling Carbon Micro Tube,K. Usuda, T. Hoshino, K. Morishima,2009 International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2009), Sapporo(Japan),90-91頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  168. Cell-driven Micro locomotion of Micro-parts for Micro assembly,T. Hoshino, K. Morishima,2009 International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 2009), Sapporo(Japan),100-101頁,2009年11月,国際会議(proceedingsあり)

  169. 細胞ビルドアップ型ウエットロボティクスの構築と機能創発,森島圭祐, ,第29回表面科学学術講演会,p. 11,2009年10月,会議報告/口頭発表

  170. 細胞ビルドアップ型ウエットナノロボティクスの構築と機能発見―長期間室温で駆動する昆虫細胞シートの開発,K. Morishima, Y. Sakuma, K. Iwabuchi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano,第47回(2009年度)日本生物物理学会年会, 第47回日本生物物理学会年会実行委員会,p. S46,2009年10月,会議報告/口頭発表

  171. Live-Cell-driven Insertion of a Nanoneedle,T. Hoshino, T. Konno, K. Ishihara, K. Morishima,48巻107002-1 - 107002-6頁,2009年10月,学術論文

  172. 昆虫の筋肉を利用した生命機械システムの構築,森島圭祐, ,日本機械学会ロボメカ部門バイオロボティクス研究会第2回特別講演会「生物を利用したロボット」,2009年09月,会議報告/口頭発表

  173. 細胞ビルドアップ型ウエットナノロボティクスの創製,森島圭祐, ,日本機械学会2009年度年次大会,2009年09月,会議報告/口頭発表

  174. 細胞ビルドアップ型ウエットナノロボティクスの構築,森島圭祐, ,平成21年度日本生物工学会年次大会 シンポジウム「生物と機械の融合-バイオロボティクス-」,2009年09月,会議報告/口頭発表

  175. 心筋細胞ゲルアクチュエータの制御と収縮力の形状依存性,今川健太郎, 星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 3B3-02,p. 357,2009年09月,会議報告/口頭発表

  176. 微小アンカー型ツールを利用した細胞シートマニピュレーションによる接着力測定,上杉薫, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 2B2-06,p. 228,2009年09月,会議報告/口頭発表

  177. オルガネラ機能制御のための細胞内ナノマシンの設計,松本拓巳, 星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会,p. 228,2009年09月,会議報告/口頭発表

  178. カーボン構造体の自己形成とバイオアクチュエータへの応用,臼田敬介, 星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 2B2-04,p. 228,2009年09月,会議報告/口頭発表

  179. 植物細胞の成長特性を利用した微小構造体の作製,山本健太, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 2B2-01,p. 227,2009年09月,会議報告/口頭発表

  180. 微小水流を用いたバイオ操作システムの流体解析と検証実験,Y. Yalikun, 星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 1B3-01,p. 138,2009年09月,会議報告/口頭発表

  181. 昆虫背脈管組織を駆動源とする外骨格構造を有したバイオアクチュエータの開発,當山優太, 星野隆行, 岩淵喜久男, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 1B2-05,p. 95,2009年09月,会議報告/口頭発表

  182. イントラセルラーナノロボティクスのアーキテクチャとなるナノマイクロ操作の開発,星野隆行, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会 vol. 1B1-07,p. 54,2009年09月,会議報告/口頭発表

  183. 昆虫細胞シートアクチュエータを用いた室温環境での自律拍動マイクロポンプの作製,清水恒志, 佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会 vol. 1B2-04,p. 95,2009年09月,会議報告/口頭発表

  184. 自律駆動型バイオマイクロアクチュエータを目指したショウジョウバエの背脈管の評価,鈴村清史, 辻村秀信, 岩淵喜久男, 森島圭祐,第27回日本ロボット学会学術講演会, 社団法人日本ロボット学会 vol. 1B2-03,p. 94,2009年09月,会議報告/口頭発表

  185. Formation of globules and aggregates of DNA chains in DNA/polyethylene glycol/monovalent salt aqueous solutions,H. Kawakita, T. Uneyama, M. Kojima, K. Morishima, Y. Masubuchi, H. Watanabe,131巻9号,2009年09月,学術論文

  186. ナノ構造により制御する細胞膜機能,星野隆行, 森島圭祐,新学術領域「分子ナノシステムの創発化学」平成21年度第一回全体会議,p. 89,2009年08月,会議報告/口頭発表

  187. セルラーインプリンティングによる生体機能創発ロボティクスの創製,森島圭祐, 星野隆行, 秋山佳丈,新学術領域「分子ナノシステムの創発化学」平成21年度第一回全体会議,p. 88,2009年08月,会議報告/口頭発表

  188. Fabrication of Insect Muscle-Powered Sheet toward Wet NanoRobotics,K. Morishima, Y. Sakuma, Y. Akiyama, T. Hoshino, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano,9th IEEE Conference on Nanotechnology: IEEE NANO 2009, Genoa(Italy),635-636頁,2009年07月,国際会議(proceedingsあり)

  189. Muscle-powered Nano Mechanical System Assembled by Optical Tweezers,T. Hoshino, H. Kuroda, R. Kometani, T. Konno, K. Ishihara, K. Morishima,9th IEEE Conference on Nanotechnology: IEEE NANO , Genoa(Italy), 2009,763-766頁,2009年07月,国際会議(proceedingsあり)

  190. Nanoassembly Based on Cell Migration,T. Hoshino, K. Morishima, ,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells,p. 46,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  191. Muscle-Powered Bio-Reorganizing Machines using Living Cells,T. Matsumoto, T. Hoshino, Y. Akiyama, H. Horiguchi, T. Kogure, K. Morishima, ,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells,p. 47,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  192. Long-term Room Temperature Operable Bio-actuator Powered by Insect Muscle Cells,K. Suzumura, Y. Sakuma, Y. Akiyama, K. Iwabuchi, K. Morishima, ,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells,pp. 48-49,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  193. Quasi-Living Actuator toward Regenerative Biorobotic Systems,K. Morishima, ,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells,pp. 44-45,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  194. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発,森島圭祐,「特定領域バイオ操作」第四回若手研究者ワークショップ, 文部科学省,2009年06月,会議報告/口頭発表

  195. 細胞の接着力測定のためのセルシート把持具の試作と性能評価,上杉薫, 森島圭祐,「特定領域バイオ操作」第四回若手研究者ワークショップ, 文部科学省,2009年06月,会議報告/口頭発表

  196. Quasi-Living Actuator toward Regenerative Biorobotic Systems,K. Morishima,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells, JSPS(独立行政法人日本学術振興会),pp. 44-45,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  197. Nanoassembly Based on Cell Migration,T. Hoshino, K. Morishima,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells, JSPS(独立行政法人日本学術振興会),p. 46,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  198. Muscle-Powered Bio-Reorganizing Machines using Living Cells,T. Matsumoto, T. Hoshino, Y. Akiyama, H. .Horiguchi, T. Kogure, K. Morishima,Sweden - Japan Joint Colloquium on Frontiers in Nanobiotechnology from Engineering to Application for Cells, JSPS(独立行政法人日本学術振興会),p. 47,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  199. AUTONOMOUS BEATING AND FLUID PUMPING GEL BY CARDIOMYCYTES DRUG STIMULATION,K. Imagawa, H. Horiguchi, K. Ikeda, Y. Akiyama, T. Hoshino, S. Maruo and K. Morishima,The 15th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2009), USA,769-772頁,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  200. FABRICATION OF A CONTROLLABLE BIO-MICROPUMP DRIVEN BY SKELETAL MUSCLE CELLS,T. Kogure, Y. Akiyama, T. Hoshino, K. Morishima,The 15th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystems (Transducers 2009), USA,124-127頁,2009年06月,国際会議(proceedingsあり)

  201. 昆虫を用いたバイオハイブリット発電 -昆虫サイボーグに搭載する電源の開発-,本名達郎, 村田賢一, 星野隆行, 佐藤宏司, 中村暢文, 大野弘幸, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 1A2-M08(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  202. 植物細胞を用いた自己組織化構造体の構築-パターニングによる成長方向の制御-,山本健太, 星野隆行, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2P1-M07(1) - (3),2009年05月,会議報告/口頭発表

  203. レジスト薄膜の変形を用いた3 次元カーボン構造体の自己組織化とバイオ応用,臼田敬介, 星野隆行, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2P1-M06(1) -(4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  204. 昆虫を用いたバイオハイブリッド発電-昆虫背脈管の自律拍動によるバイオハイブリッド発電システムの構築-,光山亜崇斗, 佐藤宏司, 星野隆行, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2P1-L12(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  205. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発-光ピンセットによるDLC ナノグリッパーへの単一細胞アセンブリ-,黒田啓史, 星野隆行, 米谷玲皇, 金野智浩, 石原一彦, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2P1-L11(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  206. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発-細胞の接着力測定のためのセルシート保持具の試作と性能評価-,上杉薫, 秋山佳丈, 古川勇二, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A2-M03(1) - (3),2009年05月,会議報告/口頭発表

  207. 微小水流によるバイオ操作原理の検証と試作,Y. Yalikun, 星野隆行, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A2-M02(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  208. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発-マイクロカプセル化した昆虫背脈管組織を駆動源とするバイオアクチュエータの開発-,當山優太, 佐久間唯, 星野隆行, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A1-K03(1) - (3),2009年05月,会議報告/口頭発表

  209. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発-骨格筋細胞マイクロポンプを目指した電気刺激制御型細胞シートの作製-,小暮典沙, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A1-J10(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  210. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発 -温度応答性培養表面を用いた長期間室温で駆動する昆虫細胞シートの開発-,佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A1-J09(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  211. 細胞ナノシステムによるバイオハイブリッドナノマシン構築 -ナノマシンの自己組織的組み立てに向けた細胞移動の制御-,星野隆行, 金野智浩, 石原一彦, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009),pp. 2A1-J05(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  212. 細胞ビルドアップ型ウェットナノロボティクスの構築と機能創発 ―流体駆動デバイスの構築及び薬物刺激による駆動性能の影響―,今川健太郎, 堀口裕史, 池田和正, 秋山佳丈, 星野隆行, 丸尾昭二, 森島圭祐,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC2009), 日本機械学会,pp. 2A1-J04(1) - (4),2009年05月,会議報告/口頭発表

  213. 細胞ビルドアップによる自己再生するバイオアクチュエータの創製,森島圭祐, ,第4回SWシンポジウム ソフト&ウェットマターの階層性 - 生物 に学ぶ機能の創発 The 4th LSW Symposium on Soft & Wet Matter Symposium on Hierarchy in Soft Wet Matter -Learning from Function Emergence in Biological System-,2009年01月,会議報告/口頭発表

  214. 柔らかい機械をつくる,森島圭祐, ,工学院大学総合研究所 「スマート機械システム創成技術に基づいた生体医工学研究拠点の形成」第1回研究会,2009年01月,会議報告/口頭発表

  215. Cell-Driven Self-Assembly of Bio-Hybrid Device (細胞を駆動力としたバイオハイブリッド素子の自己組織的構築),T. Hoshino, K. Morishima, ,The 4th LSW Symposium on Soft & Wet Matter,2009年01月,会議報告/口頭発表

  216. Development of a Flexible Direct Photosynthetic/Metabolic Biofuel Cell for Mobile Use,T. Moriuchi, S. Sumida, A. Furuya, K. Morishima, Y. Furukawa,International Journal of Precision Engineering and Manufacturing vol. 10,pp.75-78 ,2009年01月,学術論文

  217. Long-term and room temperature operable bio-actuator powered by insect dorsal vessel tissue,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, and K. Morishima,9巻140-144頁,2009年01月,学術論文

  218. 筋細胞によるメカノケミカルカップリング型バイオアクチュエータに関する研究,森島圭祐, ,文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「ブレイクスルーを生み出す世代アクチュエータ研究」第5回公開シンポジウム資料,2008年12月,会議報告/口頭発表

  219. 高分子アクチュエータを用いた機械刺激によるHUVECの形態観察及び評価実験,櫃本信, 伊原正, 森島圭祐, ,第9回計測自動制御学会(SICE)システムインテグレーション部門講演会SI2008,pp. 565-566,2008年12月,会議報告/口頭発表

  220. マルチ光トラップによる筋細胞を用いたマイクロバイオアクチュエータの組立,黒田啓史, 星野隆行, 丸尾昭二, 森島圭祐, ,第9回計測自動制御学会(SICE)システムインテグレーション部門講演会SI2008,pp. 586-587,2008年12月,会議報告/口頭発表

  221. Design of Water Jet Based-Biomicro Manipulation,Y. Yalikun, Y. Akiyama, K. Morishima, ,第9回計測自動制御学会(SICE)システムインテグレーション部門講演会SI2008,pp. 567-568,2008年12月,会議報告/口頭発表

  222. Demonstration of Autonomously Walking Microdevice Using Insect Dorsal Vessel,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, K. Morishima,Comparative Biochemistry and Physiology Part B vol. 151B,p. 460,2008年12月,国際会議(proceedingsあり)

  223. Demonstration of insect-based power generation using a piezoelectric fiber,T. Honna, Y. Akiyama, K. Morishima,Comparative Biochemistry and Physiology Part B vol. 151B,p. 460,2008年12月,国際会議(proceedingsあり)

  224. Continuous Medium Flow Based Photosynthetic Bacteria Fuel Cell Using Water-Absorbing Polymer,Takeyuki Moriuchi, Akihiro Furuya, Keisuke Morishima, and Yuji Furukawa,The Proceedings of Micro Total Analysis Systems 2008 Conference, San Diego, California(USA),1919-1921頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  225. Fabrication and Evaluation of Temperature-Tolerant Bioatuator Driven by Insect Heart Cells,Yoshitake Akiyama, Kikuo Iwabuchi, Yuji Furukawa, and Keisuke Morishima,The Proceedings of Micro Total Analysis Systems 2008 Conference, San Diego, California(USA),1669-1671頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  226. Minituarized Mechano-Bionic Systems with Muscle Powered Bioactuator,Keisuke Morishima, Yoshitake Akiyama, Hiroshi Horiguchi, Ishisaka, Tomoji, and Hiroshi Sato,The Proceedings of The second IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics 2008, Arizona(USA),408-413頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  227. Biological Contractile Regulation of Micropillar Actuator Driven by Insect Dorsal Vessel Tissue,Yoshitake Akiyama, Kikuo Iwabuchi,Yuji Furukawa, and Keisuke Morishima,The Proceedings of The second IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics 2008, Arizona(USA),501-505.頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  228. A Nano-Needle Interface Self-Assembled by Using Cell Migration for Recording Intracellular Activity: Nano-Needle Durability,Takayuki Hoshino, Tomohiro Konno, Kazuhiko Ishihara, Keisuke Morishima,The Proceedings of The second IEEE/RAS-EMBS International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics 2008, Arizona(USA),.506-510頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  229. Cell Driven Nano Locomotion,Takayuki Hoshino, Yuichi Hori, Tomohiro Konno , Kazuhiro Ishihara, and Keisuke Morishima,The Proceedings of Micro Total Analysis System 2008 Conference, San Diego, California(USA),230-232頁,2008年10月,国際会議(proceedingsあり)

  230. IPMCを用いた小型細胞伸縮ツールの開発‐IPMC駆動中の電解ガスの細胞への影響-,櫃本信, 伊原正, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 154,2008年09月,会議報告/口頭発表

  231. 厚膜レジストへのレーザー溝加工によるマイクロミキサの作製,臼田敬介, 高山秀一, 森島圭祐, 古川勇二, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 215,2008年09月,会議報告/口頭発表

  232. バブル型マイクロポンプの開発と性能評価,今川健太郎, 平松大輔, 廣田輝直, 渡辺敬三, 森島圭祐, 古川勇二, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 216,2008年09月,会議報告/口頭発表

  233. 植物細胞によるマイクロ構造体作製に関する研究,山本健太, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 216,2008年09月,会議報告/口頭発表

  234. 移動運動により細胞内に導入されるナノインターフェース,星野隆行, 金野智浩, 石原一彦, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 94,2008年09月,会議報告/口頭発表

  235. 昆虫背脈管組織を用いた自律移動型マイクロロボットの実証,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 113,2008年09月,会議報告/口頭発表

  236. 心筋細胞を駆動源とするマイクロアクチュエータの創成-心筋細胞ゲルの作製とその薬剤応答-,堀口裕史, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 113,2008年09月,会議報告/口頭発表

  237. 昆虫細胞シート構築に向けた温度応答性培養表面の作製とその評価,佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 128,2008年09月,会議報告/口頭発表

  238. 細胞シート接着力測定システムの開発,上杉薫, 秋山佳丈, 星野隆行, 古川勇二, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 129,2008年09月,会議報告/口頭発表

  239. 空気中駆動を目指した昆虫背脈管組織を駆動源とするバイオアクチュエータに関する研究,當山優太, 星野隆行, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 130,2008年09月,会議報告/口頭発表

  240. 骨格筋を用いたバイオマイクロポンプの作製,小暮典沙, 秋山佳丈, 星野隆行, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 113,2008年09月,会議報告/口頭発表

  241. 昆虫発電システムへの圧電ファイバーの応用,本名達郎, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,第26回日本ロボット学会学術講演会,p. 114,2008年09月,会議報告/口頭発表

  242. Improved Power Capability with Pyrolyzed Carbon Electrodes in Micro Direct Photosynthetic/Metabolic Bio-fuel Cell,Takeyuki Moriuchi, Keisuke Morishima and Yuji Furukawa,International Journal Of Precision Engineering And Manufacturing, Korean Society For Precision Engineering(Korean),9巻2号23-27頁,2008年09月,国際会議(proceedingsあり)

  243. Evaluation of Bacteria Compatible Microporous Surfaces for Biofuel Cells,Takeyuki Moriuchi, Keisuke Morishima and Yuji Furukawa,57巻1号571-574頁,2008年08月,学術論文

  244. 筋細胞ビルドアップマシンの構築と機能制御,森島圭祐, ,特定領域「バイオ操作」 若手研究者第3回ワークショップ,2008年07月,会議報告/口頭発表

  245. 圧電ファイバーを用いた発電デバイスの原理検証,本名達郎, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,日本比較生理生化学会第30回大会,p. 32,2008年07月,会議報告/口頭発表

  246. 背脈管組織の自律的収縮を利用した独立移動型マイクロデバイスの実証,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,日本比較生理生化学会第30回大会,2008年07月,会議報告/口頭発表

  247. Demonstration of Autonomously Walking Microdevice Using Insect Dorsal Vessel,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, K. Morishima,30th Annual Meeting of the Japan Society for Comparative Physiology and Biochemistry vol. 151B,p. 460,2008年07月,国際会議(proceedingsあり)

  248. 体外授精の高効率化を目指した,インクジェット技術による生体試料インジェクションに関する研究,山本健太, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  249. 細胞の移動運動によって構築するナノデバイス,星野隆行, 金野智浩, 石原一彦, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  250. 細胞の移動性を利用したマイクロセルフアセンブリに関する研究,星野隆行, 堀祐一, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  251. 昆虫背脈管組織を用いたチューブ型マイクロポンプの創製に関する研究,秋山佳丈, 坂田昌哉, 岩淵喜久男, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  252. 3次元カーボンマイクロ構造体による骨格筋細胞への電気刺激,巴悠記, 秋山佳丈, 星野隆行, 寺田玲子, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  253. 心筋細胞を用いたマイクロバイオアクチュエータの駆動源の開発,堀口裕史, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  254. 遺伝子操作技術を用いたバイオアクチュエータの発生力向上と力学性能評価に関する研究,當山優太, 岸田綱郎, 松田修, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  255. バイオアクチュエータの創成に向けた昆虫細胞の再構築に関する研究,佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  256. 高分子アクチュエータを用いた多自由度細胞伸縮ツールの開発,櫃本信, 伊原正, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  257. 昆虫背脈管組織を用いたバイオアクチュエータの温度依存性の評価,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008(ROBOMEC2008),2008年06月,会議報告/口頭発表

  258. 昆虫背脈管を用いた長期間室温で駆動するバイオアクチュエータの創製,秋山佳丈,寺田玲子,岩淵喜久男,古川勇二,森島圭祐,日本ロボット学会誌,26巻6号667-673頁,2008年06月,学術論文

  259. メカノバイオニックツールの構築―骨格筋細胞による人工微小骨格の駆動実験―,星野隆行, 森島圭祐,日本ロボット学会誌,26巻6号651-657頁,2008年06月,学術論文

  260. 集束イオンビームにより作製したナノピラーの細胞自己刺入と細胞内活動計測デバイスへの応用,星野隆行, 金野智浩, 石原一彦, 森島圭祐, ,第17回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 (17th CHEMINAS),p. 34,2008年05月,会議報告/口頭発表

  261. マイクロ流体デバイスへの応用を目指した長期間室温で自律拍動する昆虫心臓組織の制御法検討,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,第17回化学と マイクロ・ナノシステム研究会(17th CHEMINAS),p. 79,2008年05月,会議報告/口頭発表

  262. 細胞を用いたバイオアクチュエータによる生命機械システムの創製,森島圭祐, ,第8回機素潤滑部門講演会,2008年04月,会議報告/口頭発表

  263. Minituarized Mechano-ChemicaI Coupling Systems with Muscle Powered Bioactuators,K. Morishima, ,2nd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs,2008年04月,国際会議(proceedingsあり)

  264. オンチップ多段階希釈システムの開発と性能評価,城裕二, 森島圭祐, 古川勇二, ,2008年度精密工学会春季大会,pp. 617-618,2008年03月,会議報告/口頭発表

  265. 生体筋肉の特性分類とバイオアクチュエータへの適用性,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 森島圭祐, 古川勇二, ,2008年度精密工学会春季大会,pp. 767-768,2008年03月,会議報告/口頭発表

  266. 光合成マイクロバイオフューエルセルの出力性能に及ぼす電極構造の影響評価,森内健行, 森島圭祐, 古川勇二, ,2008年度精密工学会春季大会,pp. 619-620,2008年03月,会議報告/口頭発表

  267. 光合成細菌を用いたバイオフューエルセルのフレキシブル構造化,森内健行, 角田史郎, 森島圭祐, 古. 勇二, ,2008年度精密工学会春季大会,pp. 623-624,2008年03月,会議報告/口頭発表

  268. 光合成型バイオフューエルセルの性能向上 -吸水性ポリマーを用いた培地還流システムの開発-,古谷昭博, 森内健行, 森島圭祐, 古. 勇二, ,2008年度精密工学会春季大会,pp. 621-622,2008年03月,会議報告/口頭発表

  269. Fabrication of Micro Bio-fabricated Actuator Powered by Cardiomyocyte,H. Horiguchi, Y. Akiyama, K. Morishima,2008 MRS Spring Meeting, Materials Research Society,2008年03月,国際会議(proceedingsあり)

  270. Cell Self Assembly of Intracellular Interface Using Cell Migration,T. Hoshino, T. Konno, K. Ishihara, K. Morishima,2008 MRS Spring Meeting, Materials Research Society,2008年03月,国際会議(proceedingsあり)

  271. A Miniaturized Cell Stretching Tool using Ionic Polymer Metal Composites Actuator,S. Hitsumoto, T. Ihara, K. Morishima,2008 MRS Spring Meeting, Materials Research Society,2008年03月,国際会議(proceedingsあり)

  272. Fabrication of Thermoresponsive Copolymer-grafted Surface for Insect Cell Driven Actuator,Y. Sakuma, Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Akiyama, M. Yamato, T. Okano, K. Morishima,2008 MRS Spring Meeting, Materials Research Society vol. 1092-BB02-12,2008年03月,国際会議(proceedingsあり)

  273. Culture of Insect Heart Muscle Tissues its Applicability to Bio-Actuators,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, K. Morishima,2008 MRS Spring Meeting, Materials Research Society,2008年03月,国際会議(proceedingsあり)

  274. 筋細胞を用いたバイオアクチュエータ,森島圭祐, ,第59回次世代センサセミナーシリーズ バイオセンサシリーズNo.4「融合科学による新世代バイオデバイスの展開」,2008年01月,会議報告/口頭発表

  275. 昆虫背脈管組織のアクチュエータとしての性能の評価,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,第3回LSW研究会シンポジウム,2008年01月,会議報告/口頭発表

  276. 微小骨格を有する筋細胞駆動マイクロマニピュレータ,星野隆行, 森島圭祐, ,第3回LSW研究会シンポジウム,2008年01月,会議報告/口頭発表

  277. Design and Evaluation of Insect Cell Sheet Using Thermoresponsive Polymer-grafted Surface for Nano Mechano-Bionic Interface,Y. Sakuma, Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Akiyama, T. Okano, K. Morishima,The IEEE International Conference of Nano/Micro Engineered Molecular Systems (IEEE NEMS 2008), IEEE,p. 248,2008年01月,国際会議(proceedingsあり)

  278. Culture of Insect Cells Contracting Spontaneously toward an Environmentally Robust Hybrid Robotic System,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, and K. Morishima,Journal of Biotechnology,133巻261-266頁,2008年01月,学術論文

  279. 細胞の力学的機能を用いた微小生命機械システムの創製,森島圭祐, ,文部科学省科学技術振興調整費新興分野人材養成プログラム 産総研ナノバイオ分野人材養成ユニットシンポジウム,2007年12月,会議報告/口頭発表

  280. 微細加工したIPMCによる細胞刺激システムに関する研究,櫃本信, 伊原正, 森島圭祐, ,第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,pp. 231-232,2007年12月,会議報告/口頭発表

  281. 微小生命機械システムを目指した昆虫細胞再構築法に関する研究,,森島圭祐, 秋山佳丈, 古川勇二, ,日本生物物理学会 vol. 1P175,p. S67,2007年12月,会議報告/口頭発表

  282. Culture of insect Dorsal Vessel-Deviced Selft-Contracting Cells toward a Bio-Actuator ,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, K. Morishima,Comparative Biochemistry and Physiology vol. 148B,p. 342,2007年12月,国際会議(proceedingsあり)

  283. Muscle Cell-Driven Tube shaped Bioactuator Stimulated by Arch-type Muscle Cell Stretching System,S. Suzuki, K. Morishima,The IEEE International Conference on Robotics Biomimetics (ROBIO 2007), IEEE,pp. 1849-1854,2007年12月,国際会議(proceedingsあり)

  284. Improvement of power capability applying pyrolyzed carbon photoresist electrode for Micro Direct Photosynthetic/metabolic Bio-Fuel Cell(DPBFC),T. Moriuchi, K. Morishima, Y. Furukawa,Asian Symposium for Precision Engineering Nanotechnology 2007, Korean Society for Precision Engineering,,2007年11月,国際会議(proceedingsあり)

  285. Development of Flexible Direct Photosyntheticmetabolic Bio-fuel Cell (DPBFC) for Mobile Use,T. Moriuchi, S. Sumida, A. Furuya, K. Morishima, Y. Furukawa,Asian Symposium for Precision Engineering Nanotechnology 2007, Korean Society for Precision Engineering,pp. 693-696,2007年11月,国際会議(proceedingsあり)

  286. Design and Fabrication of Tube typed Muscle Powered Bioactuator Stimulated by Circumferential Stretching System,Sho Suzuki and Keisuke Morishima,Proceedings of IEEE 2007 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Nagoya(Japan),414-417頁,2007年11月,国際会議(proceedingsあり)

  287. Porous Carbon Electrode To Improve Power Of Photosynthetic Bacteria Fuel Cell,Takeyuki Moriuchi, Keisuke Morishima and Yuji Furukawa,Proceedings of PowerMEMS 2007, Freiburg,(Germany),-,2007年11月,国際会議(proceedingsあり)

  288. 昆虫の生体組織を用いた微小生命機械システムの創製,坂田昌哉, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 162,2007年09月,会議報告/口頭発表

  289. 昆虫細胞を利用した耐環境性メカノバイオニックシステムの創製昆虫細胞シート化に向けた温度応答性培養皿の試作とその評価,佐久間唯, 秋山佳丈, 岩淵喜久男, 秋山義勝, 大和雅之, 岡野光夫, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 162,2007年09月,会議報告/口頭発表

  290. チューブ型バイオマイクロアクチュエータ創製のためのアーチ型筋細胞伸縮システムに関する研究,鈴木翔, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 162,2007年09月,会議報告/口頭発表

  291. メカノバイオニックツールの構築筋収縮により駆動するマイクロマニピュレータ,星野隆行, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 235,2007年09月,会議報告/口頭発表

  292. 心臓の拍動エネルギーを電気エネルギーに変換するバイオニック発電素子の開発,石坂友自, 佐藤宏司, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 278,2007年09月,会議報告/口頭発表

  293. 心筋細胞を駆動源とする自律機械システムへの応用に関する研究心筋細胞を用いたマイクロ駆動源の開発,堀口裕史, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 278,2007年09月,会議報告/口頭発表

  294. 自律拍動する昆虫背脈管由来細胞を用いた耐環境性バイオアクチュエータの創製,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 279,2007年09月,会議報告/口頭発表

  295. 筋細胞によるバイオアクチュエータの性能向上に向けたマルチパターン培養筋細胞刺激システムの開発,橋本真幸, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 279,2007年09月,会議報告/口頭発表

  296. 量産型バイオアクチュエータを目指した骨格筋細胞の3次元培養に関する検討,寺田玲子, 秋山佳丈, 古川勇二, 森島圭祐, ,第25回日本ロボット学会学術講演会,p. 280,2007年09月,会議報告/口頭発表

  297. Culture of Insect Dorsal Vessel-Derived Self-Contracting Cells toward a Bio-Actuator,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, K. Morishima, ,7th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry,p. S51,2007年08月,国際会議(proceedingsあり)

  298. Construction of Regenerative Mechanical Systems Using Muscle Cells for a Quasi-Living Machine,K. Morishima, Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa,7th International Congress of Comparative Physiology and Biochemistry, Comp. Biochem. Physiol. Part B vol. 148,2007年08月,国際会議(proceedingsあり)

  299. Improving the performance of a direct photosynthetic/metabolic bio-fuel cell (DPBFC) using gene manipulated bacteria,K. Morishima, M. Yoshida, A. Furuya, T. Moriuchi, M. Ota, Y. Furukawa,Journal of Micromechanics and Microengineering, vol. 17,pp. S274-S279,2007年08月,学術論文

  300. Improving the performance of a direct photosynthetic/metabolic bio-fuel cell (DPBFC) using gene manipulated bacteria,Keisuke Morishima, Makoto Yoshida, Akihiro Furuya, Takeyuki Moriuchi, Masahiro Ota and Yuji Furukawa,JOURNAL OF MICROMECHANICS AND MICROENGINEERING,17巻S274-S279頁,2007年08月,学術論文

  301. Culture of insect dorsal vessel-derived self-contracting cells toward a bio-actuator,Akiyama, Y., Iwabuchi, K., Furukawa, Y., Morishima, K.,Comparative Biochemistry and Physiology, Part B, Newyork(USA),148巻3号342頁,2007年08月,国際会議(proceedingsあり)

  302. 独立駆動デバイスを目指した自律拍動する背脈管由来細胞の培養,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇二, 森島圭祐, ,日本比較生理生化学会第29回大会,2007年07月,会議報告/口頭発表

  303. Bio-Actuated Power Generator using Heart muscle cells on a PDMS Membrane,T. Ishisaka, H. Sato, Y. Akiyama, Y. Furukawa, and K. Morishima,The 14th international Conference on solid-state sensors and actuators (Transducers’07), Lyon(France),903-906頁,2007年06月,国際会議(proceedingsあり)

  304. メカノバイオニックシステムのための筋細胞ブロックアクチュエータの開発 -パリレン構造体への筋細胞培養の試み-,橋本真幸, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC2007),2007年05月,会議報告/口頭発表

  305. 心筋細胞を駆動源とする自律機械システムに関する研究―心筋細胞ゲルを用いたロータリーアクチュエータの試作―,堀口裕史, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC2007),2007年05月,会議報告/口頭発表

  306. 磁性細菌を用いたマイクロ磁気アクチュエータに関する研究;誘電泳動と外部磁場併用による磁性細菌の運動制御,佐久間唯, 田中剛, 松永是, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC2007),2007年05月,会議報告/口頭発表

  307. 外部磁場を用いたアーチ型筋細胞伸展装置の開発,鈴木翔, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC2007),pp. 2A2-O04(1) - (3),2007年05月,会議報告/口頭発表

  308. IPMCアクチュエータを用いた細胞伸展フィルムの開発,櫃本信, 秋山佳丈, 伊原正, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC2007),2007年05月,会議報告/口頭発表

  309. 直接光合成/代謝型バイオ燃料電池に関する研究 -フレキシブル・モバイル形状の開発-,角田史郎, 古谷昭博, 森内健之, 吉田真, 森島圭祐, 古. 勇二, ,第15回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 91,2007年05月,会議報告/口頭発表

  310. 唾液による健康診断システム : 唾液採取/希釈システムの開発と評価,冨川崇, 城裕二, 森島圭祐, T. Shuichi, 古川勇二, 渡邊敬三, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 466-467,2007年01月,会議報告/口頭発表

  311. 高分子アクチュエータを用いた細胞ストレッチフィルムの開発,櫃本信, 秋山佳丈, 伊原正, 森島圭祐, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 20-21,2007年01月,会議報告/口頭発表

  312. 心筋細胞アクチュエータを用いた微小回転機構の試作,堀口裕史, 秋山佳丈, 森島圭祐, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 26-27,2007年01月,会議報告/口頭発表

  313. 走磁性細菌を用いたマイクロ磁気アクチュエータの開発;誘電泳動法による走磁性細菌の運動制御,佐久間唯, 田中剛, 松永是, 森島圭祐, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 334-335,2007年01月,会議報告/口頭発表

  314. メカノバイオニックシステムを目指した筋ブロックに関する研究,橋本真幸, 秋山佳丈, 渡辺秀一, 古川勇二, 森島圭祐, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 392-393,2007年01月,会議報告/口頭発表

  315. アーチ型筋細胞伸展装置の開発,鈴木翔, 森島圭祐, ,第19回バイオエンジニアリング講演会,pp. 212-213,2007年01月,会議報告/口頭発表

  316. Rapid Bonding of Pyrex Glass Microchips,Y. Akiyama, K. Morishima, A. Kogi, Y. Kikutani, M Tokeshi, and T. Kitamori,28巻994-1001頁,2007年01月,学術論文

  317. 心筋細胞アクチュエータを用いたチューブ型マイクロポンプ開発,小畑瑛久, 森島圭祐, ,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2006年12月,会議報告/口頭発表

  318. ICPFアクチュエータを用いた細胞伸展システムの開発,櫃本信 秋山佳丈伊原正 森島圭祐,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門 講演会論文集,183-184頁,2006年12月,会議報告/口頭発表

  319. Fabrication of Bio-Actuated Micro Component Powered by Muscle Cells,K. Morishima, ,3rd International Symposium on Bioprinting Biofabrication,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  320. 細胞の力学的機能を利用した生命機械システムの構築,森島圭祐, ,第28回日本バイオマテリアル学会大会,2006年11月,会議報告/口頭発表

  321. Genetic Conversion of Bacteria and its Application to Micro Direct Photosynthetic/Metabolic Bio-Fuel Cell (DPMFC),K. Morishima, A. Furuya, T. Moriuchi, M. Yoshida, M. Ota, Y. Furukawa,Micro Total Analysis (μTAS2006), Society for Chemistry and Micro-Nano Systems,pp. 482-484,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  322. Reconstruction of Biomechanical Component Using Insect Tissue for a Quasi-Living Actuator,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, and K. Morishima,East Asian Biophysics Symposium & Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, Okinawa, Japan,-,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  323. Bio-Actuated Bulb-Shaped Fluidic Dispenser Powered by Heart Muscle Cells,K. Morishima, Y. Hori, Y. Akiyama, and Y. Furukawa,10th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (μTAS2006), Tokyo, Japan,-,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  324. Development of Bio Hybrid Micro Power Generator using Contractile Force of Cultured Cardiomyocytes,T. Ishisaka, H. Sato, Y. Akiyama, Y. Furukawa, and K. Morishima,2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Nagoya, Japan,-,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  325. Bio-Actuated Power Generator using Cultured Cardiomyocytes on a Polymer Wire,T. Ishisaka, H. Sato, Y. Akiyama, Y. Furukawa, and K. Morishima,10th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences (μTAS2006),Tokyo, Japan(2006.11),1405-1407頁,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  326. Construction of Regenerative Mechanical Systems of Insect Cells for a Quasi-Living Machine,Y. Akiyama, K. Iwabuchi, Y. Furukawa, and K. Morishima,2006 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Nagoya, Japan,-,2006年11月,国際会議(proceedingsあり)

  327. Quasi-Living Actuator toward Biorobotic Systems Powered by Muscle Cells,K. Morishima, ,The 23rd Sensor Symposium on Sensors,Micromachine and Applied Systems,p. 13,2006年10月,会議報告/口頭発表

  328. 微小生命機械システムを目指した昆虫細胞再構築法の開発,秋山佳丈, 岩淵喜久男, 古川勇, 森島圭祐, ,第24回日本ロボット学会学術講演会,p. 279,2006年09月,会議報告/口頭発表

  329. 心筋細胞の運動機能を用いたハイブリッド型バイオ発電素子の開発,石坂友自, 佐藤宏司, 秋山佳丈, 古川勇ニ, 森島圭祐, ,第24回日本ロボット学会学術講演会,p. 83,2006年09月,会議報告/口頭発表

  330. 量産型バイオマイクロアクチュエータを目指した骨格筋細胞収縮の制御法の開発,秋山佳丈, 古川勇二, 森島圭祐, ,第24回日本ロボット学会学術講演会,p. 83,2006年09月,会議報告/口頭発表

  331. Muscle-Actuated Power Generator Using Cultured Cardiomyocytes and PZT,T. Ishisaka, H. Sato, Y. Akiyama, Y. Furukawa, and K. Morishima,28th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,New York, USA, (2006.9).,6685-6688頁,2006年09月,国際会議(proceedingsあり)

  332. Controllable Bio-Microactuator Powered by Muscle Cells,Y. Akiyama, Y. Furukawa, and K. Morishima,28th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, New York, USA,6565-6568頁,2006年09月,国際会議(proceedingsあり)

  333. Improving Performance of Direct Photosynthetic/Metabolic Micro Bio Fuel Cell (DPBFC) by Gene Manipulation of Bacteria,A. Furuya, T. Moriuchi, M. Yoshida, M. Ota, K. Morishima,11th International Conference on Precision Engineering (11th ICPE), The Japan Society for Precision Engineer,2006年08月,国際会議(proceedingsあり)

  334. Design Principle & Prototyping of Direct Photosynthetic/Metabolic Biofuel Cell,Y. Furukawa, T. Moriuchi, K. Morishima,16巻S220-S225頁,2006年08月,学術論文

  335. Bio-Actuated Micro System Powered By Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima, ,北大・産総研包括連携コンファレンス「ナノテクとバイオの融合研究―人工筋肉開発の展望」(第3回人工筋肉コンファレンス)Hokkaido University-AIST collaborative conference A Nanobiotechnology Research-The Perspective of Artificial Muscles (The 3rd Conference on Artificial Muscles),2006年05月,会議報告/口頭発表

  336. 唾液による健康診断システムに関する研究,日沖由理香, 森島圭祐, T. Shuichi, 渡邊敬三, 古. 勇二, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006 (ROBOMEC2006),pp. 1P1-C11,2006年05月,会議報告/口頭発表

  337. 心筋細胞を駆動源とするハイブリッド型バイオ発電素子の開発,石坂友自, 佐藤宏司, 秋山佳丈, 古川勇ニ, 森島圭祐, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006 (ROBOMEC2006),pp. 1P1-C13(1) - (4),2006年05月,会議報告/口頭発表

  338. 心筋細胞アクチュエータを用いた流体駆動デバイスの開発,森島圭祐, 堀曜子, 秋山佳丈, 山田雅子, 古川勇二, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006 (ROBOMEC2006),pp. 1P1-C12(1) - (3),2006年05月,会議報告/口頭発表

  339. 直接光合成・代謝型マイクロバイオフューエルセルの開発 -遺伝子操作細菌と小型化による性能向上-,古谷昭博, 森内健行, 吉田真, 森島圭祐, 太田正廣, 古川勇二, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2006 (ROBOMEC2006),pp. 1P1-C21(1) - (4),2006年05月,会議報告/口頭発表

  340. Bio-Actuated Micro System Powered By Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima,A Nanobiotechnology Research --The Perspective of Artificial Muscles (The Third Conference on Artificial Muscles),2006年05月,国際会議(proceedingsあり)

  341. 遺伝子操作細菌による直接光合成/代謝バイオフューエルセルの性能向上,古谷昭博, 森内健行, 吉田真, 森島圭祐, 太田正廣, 古川勇二, ,2006年度精密工学会春季大会,2006年03月,会議報告/口頭発表

  342. 直接光合成/代謝方式によるマイクロバイオフューエルセルの発電原理と試作,森内健行, Y. Han, 森島圭祐, 古川勇二, ,2006年度精密工学会春季大会,2006年03月,会議報告/口頭発表

  343. メンブレン駆動マイクロポンプの開発―マイクロバブル駆動方式の原理と試作-,山田雅子, 秋山佳丈, 森島圭祐, 古川勇二, ,2006年度精密工学会春季大会,2006年03月,会議報告/口頭発表

  344. An actuated pump on-chip powered by cultured cardiomyocytes,Y. Tanaka, K. Morishima, T. Shimizu, A. Kikuchi, M. Yamato, T. Okano, T. Kitamori,6巻3号362-368頁,2006年03月,学術論文

  345. Demonstration of a PDMS-based bio-microactuator using cultured cardiomyocytes to drive polymer micropillars,Y. Tanaka, K. Morishima, T. Shimizu, A. Kikuchi, M. Yamato, T. Okano, T. Kitamori,6巻2号230-235頁,2006年01月,学術論文

  346. Demonstration of a bio-microactuator powered by cultured cardiomyocytes coupled to hydrogel micropillars,K. Morishima, Y. Tanaka, M. Ebara, T. Shimizu, A. Kikuchi, M. Yamato, T. Okano, T. Kitamori,119巻345-350頁,2006年01月,学術論文

  347. Design Principle and Prototyping of Direct Photosynthetic/Metabolic Bio Fuel Cell (DPBFC),Y. Furukawa, T. Moriuchi, K. Morishima,The 5th International Workshop on Micro and Nanotechnology for Power Generation and Energy Conversion Applications (PowerMEMS 2005), PowerMEMS 2005 Workshop,pp. 182-184,2005年11月,国際会議(proceedingsあり)

  348. Nano Liquid Handling with Bio-Actuated Micro Heart Pump Powered by Cardiomyocytes Sheet,K.Morishima, Y. Tanaka, K. Sato, T. Shimizu, M. Yamato, A. Kikuchi, K. Sato, T. Okano and T. Kitamori,Proceedings of IEEE Nanotechnology, Tokyo, Japan,-,2005年07月,国際会議(proceedingsあり)

  349. 培養心筋細胞を駆動源とするバイオマイクロアクチュエータを用いたBioMEMS デバイスの創成-心筋細胞シートを用いた超微量マイクロポンプの実現-,森島圭祐, 田中陽, 清水達也, 大和雅之, 菊池明彦, 岡野光夫, 北森武彦, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2005 (ROBOMEC2005),pp. 2P1-N-092(1) - (4),2005年06月,会議報告/口頭発表

  350. 心筋細胞を用いたバイオマイクロシステム,森島圭祐, ,ミニシンポジウム「システム工学の最前線」,2005年03月,会議報告/口頭発表

  351. Application of Flowing Thermal Lens to Flow Sensors for Microchemical Chips,Y. Kikutani, K. Morishima, M. Tokeshi, J. Yamaguchi, T. Fukuzawa, A. Hattori, Y. Yoshida, M. Kitaoka, and T. Kitamori,Digest of Technical Papers of Transducers’05, Korea,380-383頁,2005年01月,国際会議(proceedingsあり)

  352. User-Friendly One Touch Lock and Detachable Microfluidic Connector,K. Morishima, Y. Kikutani, M. Kitaoka, and T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis System,Boston, USA,647-649頁,2005年01月,国際会議(proceedingsあり)

  353. Sliding Quantitative Nanoliter Dispensing Device for Multiple Analysis,M. Kuwata, K. Sakamoto, Y. Murakami, K. Morishima, H. Sudo, M. Kitaoka, and T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis System, Boston, USA.,602-604頁,2005年01月,国際会議(proceedingsあり)

  354. スライド型マイクロバルブによるフローインジェクション分析,桑田正弘, 川上智彦, 森島圭祐, 村上裕二, 須藤肇, 北岡光夫, 北森武彦,第10回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年11月,会議報告/口頭発表

  355. マイクロチャネル構造を用いた全血からの血漿分離,羊小海, 火原彰秀, 佐藤記一, 渡慶次学, 森島圭祐, 菊谷善国, 木村博子, 北森武彦, ,第10回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年11月,会議報告/口頭発表

  356. Capillary-Assembled Microchip(Cas-CHIP): A New Method for Integrating Multiple Chemical Functions onto a Single Microfluidic Device,Hideaki Hisamoto, Yuya Nakashima, Chihiro Kitamura, Shun-ichi Funano, Midori Yasuoka, Keisuke Morishima, Yoshikuni Kikutani, Takehiko Kitamori, Shigeru Terabe,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,1巻33-34頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  357. Interchannel Microstructure for Separation and Analyses of Plasma from Whole Blood,X. Yang, A. Hibara, K. Sato, M. Tokeshi, K. Morishima, Y. Kikutani, H. Kimura, T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,1巻120-122頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  358. One Touch Fluidic Tube Connector for Microfluidic Devices,Keisuke Morishima, Yoshikuni Kikutani, Yoshikazu Yoshida and Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004,171-173頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  359. 3D Cellular Imprinting Technique for Fabrication of Bio-Actuated Micro Devices,Keisuke Morishima, Yo Tanaka, Mitsuhiro Ebara, Tatsuya Shimizu, Masayuki Yamato, Akihiko Kikuchi, Teruo Okano, Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,351-353頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  360. Fluid Actuation toward Micropump by Cardiomyocytes,Yo Tanaka, K. Morishima, T. Shimizu, A. Kikuchi, M. Yamato, T. Okano, T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,1巻378-380頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  361. Sliding Micro Valve Injection Device for Quantitative Nanoliter Volume,Masahiro Kuwata, Tomohiko Kawakami, Keisuke Morishima, Yuji Murakami, Hajime Sudo, Yoshikazu Yoshida, Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,342-1344頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  362. High Throughput Bonding Technique of Pyrex Chip using Hot Pressing,Keisuke Morishima, Yoshitake Akiyama, Manabu Tokeshi and Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Malmö, Sweden, (2004).,410-412頁,2004年09月,国際会議(proceedingsあり)

  363. 培養心筋細胞を駆動源とするバイオマイクロアクチュエーターを用いたマイクロ流体システムの開発,森島圭祐, 田中陽, 清水達也, 大和雅之, 菊池明彦, 岡野光男, 北森武彦, , 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2004 (ROBOMEC2004),pp. 2A1-H-31(1) - (3),2004年06月,会議報告/口頭発表

  364. フローイング熱レンズを利用したマイクロ流量センサー,菊谷善国, 森島圭祐, 渡慶次学, 吉田佳一, 北森武彦, ,第9回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 86,2004年05月,会議報告/口頭発表

  365. スライド型マイクロスイッチングバルブの開発,桑田正弘, 須藤肇, 森島圭祐, 村上裕二, 吉田佳一, 北森武彦, ,第9回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年05月,会議報告/口頭発表

  366. 心筋細胞を用いたマイクロダイアフラムポンプの開発,田中陽, 森島圭祐, 清水達也, 菊地明彦, 大和雅之, 岡野光男, 北森武彦, ,第9回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年05月,会議報告/口頭発表

  367. ワンタッチ脱着マイクロコネクタの開発,森島圭祐, 吉田佳一, 北森武彦, ,第9回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年05月,会議報告/口頭発表

  368. 高効率ガラス接合技術の開発,秋山佳丈, 森島圭祐, 渡慶次学, 北森武彦, ,第9回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2004年05月,会議報告/口頭発表

  369. Celluar Imprinting Method for Fabrication of Cell -Actuated 3D Microstructures using Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima, Y. Tanaka, M. Ebara, T. Shimizu, M. Yamato, A. Kikuchi, T. Okano, T. Kitamori,Proceedings of 7th World Biomaterials Congress, Australian Society for Biomaterials (ASB), Australia,p. 65,2004年05月,国際会議(proceedingsあり)

  370. Fabrication of Bio Microactuator Using Cultured Cardiomyocytes and PDMS microstructures,Yo Tanaka, Keisuke Morishima, Mitsuhiro Ebara, Tatsuya Shimizu, Masayuki Yamato, Teruo Okano, and Takehiko Kitamori,Proceedings of 7th World Biomaterials Congress, Sydney, Australia, (2004).,-,2004年05月,国際会議(proceedingsあり)

  371. Capillary-assembled microchip for universal integration of various chemical functions onto a single microfluidic device,H. Hisamoto, Y. Nakashima, C. Kitamura, S. Funano, M. Yasuoka, K. Morishima, Y. Kikutani, T. Kitamori, S. Terabe,76巻11号3222-3228頁,2004年05月,学術論文

  372. Bio-Actuated Micro/Nano Fluidic Systems using Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima,Micro Structure Workshop 2004, Sweden MSW 2004,pp. 153-154,2004年03月,国際会議(proceedingsあり)

  373. スライド型マイクロバルブの開発,桑田正弘, 須藤肇, 村上裕二,森島圭祐, 吉田佳一, 北森武彦, ,第8回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,2003年11月,会議報告/口頭発表

  374. Bio-Actuated Micro/Nano Fluidic Systems using Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima,Sweden-Japan Workshop on Bionanotechnology, The Swedish Foundation for Strategic Research, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology vol. Abstracts,p.67,2003年11月,国際会議(proceedingsあり)

  375. Creation of BioMEMS Device using Biological Components,K. Morishima, ,University of California,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  376. Bio Actuated Microsystem using Cultured Cardiomyocytes,K. Morishima, Y. Tanaka, K. Sato, M. Ebara, T. Shimizu, M. Yamato, A. Kikuchi, T. Okano, T. Kitamori,Proceedings of μTAS 2003 - 7th International Conference on Micro Total Analysis Systems, Society for Chemistry and Micro-Nano Systems,pp. 1125-1128,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  377. Chip-based Risk Evaluation System for Chemicals using E.coli,M. Tokeshi, S. Hiki, Y. Akiyama, K. Morishmia, K. Sato and T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems,Squaw Valley, USA, (2003).,1179-1182頁,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  378. Multichannel Micro ELISA System,Kiichi Sato, Maho Yamanaka, Manabu Tokeshi, Keisuke Morishima and Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems,Squaw Valley, USA, (2003).,781-784頁,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  379. Development of Micro Needle-Head Slide Valve Unit for Microfluidic Devices,K.Morishima, M. Ohnishi, M. Tokeshi and T. Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Squaw Valley, USA, (2003).,1033-1036頁,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  380. 3D Cell Pattening Method for Bio-Actuated Microsystem using Cultured Cardiomyocytes ",K.Morishima, Y. Tanaka, K. Sato,M. Ebara, T. Shimizu, M. Yamato, A. Kikuchi, T. Okano and T. Kitamori,Proceedings of IEEE International Conference on Microprocess and Nanotechnology, , Digest of Papers., pp.320-321, (2003),320-321頁,2003年10月,国際会議(proceedingsあり)

  381. マイクロ ELISA 自動分析装置の開発,佐藤記一, 森絵美, 森島圭祐, 渡慶次学, 北森武彦, ,日本分析化学会第52年会,2003年09月,会議報告/口頭発表

  382. 分析システムの集積化(33);マイクロ ELISA システムのマルチチャネル化,山中麻帆, 佐藤記一, 森島圭祐, 渡慶次学, 木村博子, 北森武彦, ,第64回分析化学討論会,2003年05月,会議報告/口頭発表

  383. マイクロELISA の開発と疾病マーカーの迅速高感度分析,佐藤記一, 山中麻帆, 森絵美, 森島圭祐, 渡慶次学, 木村博子, 北森武彦, ,第7回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 82,2003年04月,会議報告/口頭発表

  384. バクテリアを用いた化学物質安全性マイクロ評価システム,比企伸一郎, 秋山佳丈, 佐藤記一, 森島圭祐, 渡慶次学, 北森武彦, ,第7回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 81,2003年04月,会議報告/口頭発表

  385. 心筋細胞を用いたバイオマイクロアクチュエーターの開発,森島圭祐, 田中陽, 佐藤記一, 荏原充宏, 清水達也, 大和雅之, 菊池明彦, 岡野光夫, 北森武彦, ,第7回化学とマイクロ・ナノシステム研究会,p. 92,2003年04月,会議報告/口頭発表

  386. Creation of BioMEMS Device Development of Multichannel ELISA System,K. Morishima, ,Hosted by Prof. Thomas Laurell,2003年02月,国際会議(proceedingsあり)

  387. Bio Actuated Microsystems Using Cultured Cardiobyocytes,Keisuke Morishima, Yo Tanaka, M. Ebara, T. Shimizu, Masayuki Yamano, A. Kikuchi, Kiichi Sato, Hisamoto Hisamoto, Manabu Tokeshi, Teruo Okano, Takehiko Kitamori,Japan-European Workshop on Chem Micro Mechatronics Systems and Biochips, February 2003, Cachan, France,-,2003年02月,国際会議(proceedingsあり)

  388. Integrated Chemistry Bio-MEMS Devices toward Artificial Organ Devices,K. Morishima, ,The 2nd International Symposium 2002 Nano-Biotechnology at Hanyang University Micro Biochip Center,2002年11月,国際会議(proceedingsあり)

  389. Microchip-Based Enzyme-Linked Immunosorbent Assay (ELISA) System,Kiichi Sato, Maho Yamanaka, Manabu Tokeshi, Keisuke Morishima and Takehiko Kitamori,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems,Nara, Japan, (2002).,311-312頁,2002年11月,国際会議(proceedingsあり)

  390. Toward Sol-Gel Electrochromatographic Separations on a Chip,Keisuke Morishima, Bryson D. Bennett, Maria T. Dulay, Joselito P. Quirino, and Richard N. Zare,25巻1226-1230頁,2002年11月,学術論文

  391. マルチチャネルマイクロチップを用いたマイクロ ELISA システムの集積化,山中麻帆, 佐藤記一, 森島圭祐, 渡慶次学, 木村博子, 北森武彦, ,日本分析化学会第51年会,2002年09月,会議報告/口頭発表

  392. ガラス基板の新しい熱融着方法の開発,青山奈央, 黒澤きよ子, 蓼沼克嘉, 森島圭祐, 渡慶次学, 北森武彦, ,第6回化学とマイクロシステム研究会,p. 24,2002年08月,会議報告/口頭発表

  393. マイクロELISAシステムの開発とマルチチャネル化,山中真帆, 佐藤記一, 森島圭祐, 渡慶次学, 木村博子, 北森武彦, ,第6回化学とマイクロシステム研究会,p. 80,2002年08月,会議報告/口頭発表

  394. 電界制御マイクロ化学プロセスのためのチャネル型バルク電極の作製,松岡晋弥, 久本秀明, 森島圭祐, 渡慶次学, 北森武彦, ,第6回化学とマイクロシステム研究会,p. 46,2002年08月,会議報告/口頭発表

  395. Coupled Electrorotation of Polymer Microspheres for Microfluidic Sensing and Mixing,Clyde F. Wilson, Mark I. Wallace, Keisuke Morishima, Garth J. Simpson, and Richard N. Zare,74巻5099-5104頁,2002年08月,学術論文

  396. Fabrication of "Microchannel Electrode" for Microfluidic Devices,Shinya Matsuoka, Hideaki Hisamoto, Yoshikuni Kikutani, Keisuke Morishima, Takehiko Kitamori,HPLC 2002, 26th International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, June 2002. Montreal, Canada,-,2002年06月,国際会議(proceedingsあり)

  397. Development of Integration ELISA System Using a Multichannel Microchip,Maho Yamanaka, Kiichi Sato, Manabu Tokeshi, Keisuke Morishima, Hajime Katou, Takehiko Kitamori,25th International Symposium on Capillary Chromatography, Riva del Garda, Italy, (2002),-,2002年05月,国際会議(proceedingsあり)

  398. Separation of Target Microbe by Laser Manipulation and Flow Control,Fumihito Arai, Akihito Ichikawa, Toshio Fukuda, Koji Horio, K. Itoigawa, and Keisuke Morishima,14巻2号133-139頁,2002年04月,学術論文

  399. Toward Sol-Gel Electrochromatographic Separations on a Chip,Keisuke Morishima, Bryson D. Bennett, Maria T. Dulay, Joselito P. Quirino, and Richard N. Zare,25巻1226-1230頁,2002年01月,学術論文

  400. CATH.a neuron Cell Analysis on a Chip with Micellar Electrokinetic Chromatography,Aaron Wheeler, Keisuke Morishima, Brian Kirby, Andrew Leach, and Richard N. Zare,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Monterey, CA, (2001).,311-312頁,2001年10月,国際会議(proceedingsあり)

  401. In-situ Preparation of Photopolymerized Sol-Gel Monoliths for Capillary Electrochromatography on a Chip,Keisuke Morishima, Maria T. Dulay, Bryson D. Benett, Aaron Wheeler, Joselito Qurino and Richard N. Zare,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems, Monterey, CA, (2001).,557-558頁,2001年10月,国際会議(proceedingsあり)

  402. Microfabricated Structures for Novel Electrokinetically Driven Separation Methods Fluidic Studies,K. Morishima, ,Xerox PARC Research Center,2001年08月,国際会議(proceedingsあり)

  403. Novel Separation Method on a Chip using Capillary Electrophoresis in Combination with Dielectrophoresis,K. Morishima, D. W. Arnold, A. R. Wheeler, D. J. Rakestraw, R. N. Zare,Micro Total Analysis Systems 2000 (μTAS 2000),pp. 269-272,2000年05月,国際会議(proceedingsあり)

  404. Single Organelle Analysis with Integrated Chip Electrophoresis and Optical Tweezers,Wheeler, A. R, Morishima, K, Arnold, D. W, Rossi, A, Zare, R. N,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems,Enschede, Netherlands, (2000).,25-28頁,2000年05月,国際会議(proceedingsあり)

  405. Novel separation method on a chip using capillary electrochromatography in combination with dielectrophoresis.,"Morishima, K. Arnold, D. W. Rakestraw, D.J. Zare, R. N.",Abstracts of papers of the American Chemical Society, v. 219(pt.1) pp. 466-COLL MAR 26, (2000).,219巻-466頁,2000年03月,国際会議(proceedingsあり)

  406. Novel Separation Method on a Chip using Capillary Electrophoresis in Combination with Dielectrophoresis,Morishima, K, Arnold, D. W, Wheeler, A. R, Rakestraw, D. J, Zare, R. N,Proceedings of the Micro Total Analysis Systems,Enschede, Netherlands, (2000).,269-272頁,2000年01月,国際会議(proceedingsあり)

  407. Micromanipulation System for Handling of Biological Molecule Screening of Microbes in a microchannel on Microfluidic Devices,K. Morishima, ,Hitachi Basic Laboratory,1999年02月,会議報告/口頭発表

  408. Micromanipulation System for Handling of Biological Molecule Screening of Microbes in a microchannel by Electric Field Laser tweezers on Microfluidic Devices,K. Morishima, ,California Institute of Technology,1999年01月,国際会議(proceedingsあり)

  409. Novel separation method on a chip using capillary electrochromatography in combination with dielectrophoresis.,K. Morishima, D. W. Arnold, D. J. Rakestraw, R. N. Zare,12th International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis Related Microscale Techniques,1999年01月,国際会議(proceedingsあり)

  410. Microchannel System for Isolation of a Bacteria Using Laser Tweezers and Dielectrophoresis under Microscope,"Arai, F Morishima, K. Mizuno, T. Fukuda, T. Ogawa, M. Horio, K.",12th International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis and Related Microscale Techniques, Palm Springs, (1999).,-,1999年01月,国際会議(proceedingsあり)

  411. Design of a Microchannel for Capillary Electrophoresis in combination with Dielectrophoresis,"Morishima, K. Arnold, D. W. Rakestraw, D.J. Zare, R. N.",12th International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis and Related Microscale Techniques, Palm Springs, (1999).,-,1999年01月,国際会議(proceedingsあり)

  412. Teleoperated Laser Manipulator with Dielectrophoretic Assistance for Selective Separation of a Microbe,Arai, F, Ogawa, M, Mizuno, T, Fukuda, T, Morishima, K, Horio, K,Proceedings of the 1999 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Vol. 3, 1872-1877, Vancouver, (1999).,3巻1872-1877頁,1999年01月,国際会議(proceedingsあり)

  413. Optical Trapping of Single DNA Molecule Complexed with Cationic Surfactant,Yuichi Yamasaki, Ken Hirano, Keisuke Morishima, Akira Mizuno, Fumihito Arai, Kenichi Yoshikawa,13巻397-403頁,1998年11月,学術論文

  414. Micromanipulation System for Handling of Biological Molecule Screening of Microbes in a microchannel by Electric Field Laser tweezers on Microfluidic Devices,K. Morishima, ,Sandia National Laboratories,1998年07月,国際会議(proceedingsあり)

  415. Screening of Single Escherichia coli in Microchannel System by Electric Field and Laser tweezers,Keisuke Morishima, Fumihito Arai, Toshio Fukuda, Hideo Matsuura and Kenichi Yoshikawa,365巻1月3日号273-278頁,1998年06月,学術論文

  416. Micromanipulation System for Handling of Biological Molecule Screening of Microbes in a microchannel by Electric Field Laser tweezers,K. Morishima, ,Imperial College,1998年05月,国際会議(proceedingsあり)

  417. Bio-Micromanipulation System for High Throughput Screening in Microchannel,Morishima, K. Arai, F. Fukuda, T. Matsuura, H. Yoshikawa, K.",Proceedings 1998 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1198-1203, Leuven, Belgium (1998).,1198-1203頁,1998年05月,国際会議(proceedingsあり)

  418. Micromanipulation System for Handling of Biological Molecule and Screening of Microbes in a microchannel by Electric Field and Laser tweezers,Morishima, K. Arai, F. Fukuda, T. Matsuura, H. Yoshikawa, K.",Proceedings of SPIE Microfluidic Devices and Systems,Santa Clara(USA), (1998).,3515巻144-153頁,1998年01月,国際会議(proceedingsあり)

  419. Microchannel for Isolation of a Bacteria by Electric Field and Laser Tweezers,'"Morishima, K. Arai, F. Ogino, Y. Fukuda, T.",Proceeding of Micro Total Analysis Systems, Banff, Alberta, Canada, (1998).,-,1998年01月,国際会議(proceedingsあり)

  420. Screening of Single Escherichia coli in Microchannel System by Electric Field and Laser tweezers,Keisuke Morishima, Fumihito Arai, Toshio Fukuda, Hideo Matsuura and Kenichi Yoshikawa,365巻1月3日号273-278頁,1998年01月,学術論文

  421. Screening of a single E. coli in Microchannel by Electric Field Laser tweezer,K. Morishima, F.Arai, T. Fukuda, H. Matsuura, K. Yoshikawa,IEEE Proceedings of 8th International Symposium on Micro Mechatronics Human Science, IEEE,pp. 155-160,1997年10月,国際会議(proceedingsあり)

  422. 誘電泳動力によるDNA分子の搬送技術,森島圭祐, 新井史人, 福田敏男, 吉川研一, ,第12回生体成分の分析化学シンポジウム,pp. 268-269,1997年08月,会議報告/口頭発表

  423. Screening of Single Escherichia coli in Microchannel by Electric Field Laser tweezer,森島圭祐, 新井史人, 福田敏男, 吉川研一, ,第12回生体成分の分析化学シンポジウム,pp. 390-391,1997年08月,会議報告/口頭発表

  424. Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA Molecule in Microflow Channels,K. Morishima, T. Fukuda, F. Arai, K. Yoshikawa,10th International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis Related Microscale Techniques, IEEE,1997年07月,国際会議(proceedingsあり)

  425. 光と電場による大腸菌のマニピュレーション,森島圭祐, 新井史人, 福田敏男, 吉川研一, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'97 -心に響く人と機械のネットワーク-,pp. 91-92,1997年06月,会議報告/口頭発表

  426. Manipulation of DNA Molecule Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA,K. Morishima, ,University of Michigan,1997年04月,国際会議(proceedingsあり)

  427. バイオマニピュレーションに関する研究(形態変化を考慮したDNAの非接触マニピュレーション),森島圭祐, 新井史人, 福田敏男, 吉川研一, ,第9回バイオエンジニアリング講演会「バイオ・フロンティアをめざして」,1997年01月,会議報告/口頭発表

  428. Microflow System Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA Molecule,K. Morishima, T. Fukuda, F. Arai, K. Yoshikawa,10th IEEE International Workshop on MICRO ELECTRO MECHANICAL SYSTEMS, IEEE,pp. 389-394,1997年01月,国際会議(proceedingsあり)

  429. Manipulation of DNA Molecule Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA in Microchannel,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Yoshikawa, K.",Proceedings of France-Japan Workshop "From Nano. to Macroscale science and technology through" Microsystems (N2M'97), Tokyo(Japan), (1997),-,1997年01月,国際会議(proceedingsあり)

  430. Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA Molecule in Microflow Channels,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Yoshikawa, K.",Proceedings of Tenth International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis and Related Microscale Techniques, Kyoto(Japan), (1997).,-,1997年01月,国際会議(proceedingsあり)

  431. Microflow System and Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA Molecule,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Yoshikawa, K.",Tenth IEEE International Workshop on MICRO ELECTRO MECHANICAL SYSTEMS, pp.389-394, Nagoya(Japan), (1997).,389-394頁,1997年01月,国際会議(proceedingsあり)

  432. Bio-Micro-Manipulation (New Direction for Operation Improvement),Arai, F. Morishima, K. Kasugai, T. Fukuda, T. ",Proceedings of the 1997 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robotics and Systems, Vol. 3, pp. 1300-1305, Grenoble(France), (1997).,3巻1300-1305頁,1997年01月,国際会議(proceedingsあり)

  433. バイオマニピュレーションに関する研究 -誘電泳動の利用と電場解析-,新井史人, 森島圭祐, 春日井徹, 福田敏男, 吉川研一, ,第14回ロボット学会学術講演会,pp. 1137-1138,1996年11月,会議報告/口頭発表

  434. Microflow System and Noncontact Transportation of DNA Molecule in Microflow Channels by Dielectrophoretic Force,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Yoshikawa, K,1996 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition, MICRO-ELECTRO-MECHANICAL SYSTEMS, DSC-Vol.59, pp.339-344, Atlanta(USA), (1996).,59巻339-344頁,1996年11月,国際会議(proceedingsあり)

  435. 微細流路中での誘電泳動力によるDNA分子の搬送-DNAの構造相転移の活用-,森島圭祐, 福田敏男, 新井史人, 吉川研一,電気学会論文誌E センサ・マイクロマシン部門誌,116-E巻9号387-394頁,1996年11月,学術論文

  436. 構造相転移を活用した誘電泳動力によるDNA分子の搬送,森島圭祐, 福田敏男, 新井史人, 吉川研一, ,第35回計測自動制御学会(SICE'96),pp. 787-788,1996年07月,会議報告/口頭発表

  437. DNA分子の非接触マニピュレーションに関する研究(第1報,誘電泳動力によるDNA分子の搬送),福田敏男, 森島圭祐, 新井史人, 松浦英雄, 吉川研一,日本機械学会論文集(C編),62巻599号249-256頁,1996年07月,学術論文

  438. 誘電泳動力によるDNA分子の搬送実験,森島圭祐, 福田敏男, 新井史人, 石原秀則, 吉川研一, ,第8回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,pp. 409-412,1996年05月,会議報告/口頭発表

  439. Noncontact Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force for Micro DNA Flow System,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Matsuura, H. Yoshikawa, K.,Proceedings 1996 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.2214-2219, Minneapolis, (1996).,2214-2219頁,1996年01月,国際会議(proceedingsあり)

  440. Noncontact Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force Utilizing the Conformational Transition in the Higher Order Structure of DNA,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Matsuura, H. Yoshikawa, K.,IEEE Proceedings of Seventh International Symposium on Micro Machine and Human Science, pp.171-176, Nagoya, (1996).,171-176頁,1996年01月,国際会議(proceedingsあり)

  441. DNA分子の非接触マニピュレーションに関する研究(第1報,誘電泳動力のDNA分子への適用と泳動実験),福田敏男, 森島圭祐, 新井史人, 松浦英雄, 吉川研一, ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会,pp. 424-426,1995年06月,会議報告/口頭発表

  442. Noncontact Transportation of DNA Molecule by Dielectrophoretic Force,Morishima, K. Fukuda, T. Arai, F. Ishihara, H. Matsuura, H. Yoshikawa, K.,IEEE Proceedings of Sixth International Symposium on Micro Machine and Human Science, pp.145-152, Nagoya, (1995).,145-152頁,1995年01月,国際会議(proceedingsあり)

  443. Optically controllable muscle for cell-based microdevice,Toshifumi Asano, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo, Keisuke Morishima,2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2014), Nagoya(Japan), 72-74,2014年11月,国際会議(proceedingsあり)

  444. Non-contact 3D Rotation and Capture Method for Bio-object based on Microfluidic Stream,Yaxaier Yalikun, Asano Toshifumi, Yasunari Kanda, Keisuke Morishima,,2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2014), Nagoya(Japan), 345-348,2014年11月,国際会議(proceedingsあり)

  445. Trehalose Biofuel Cells Using Insect Hemolymph for Insect Robots,Kan Shoji, Yoshitake Akiyama, Masato Suzuki, Toshifumi Asano, Nobuhumi Nakamura, Hiroyuki Ohno, Keisuke Morishima, ,2014 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2014), Nagoya(Japan), 337-338,2014年11月,国際会議(proceedingsあり)

  446. IL-12 involvement in myogenic differentiation of C2C12 in vitro,Sara Romanazzo, Giancarlo Forte, Keisuke Morishima, Akiyoshi Taniguchi,Biomaterials Science,2014年08月,学術論文

  447. Generative Force of Self-Oscillating Gel,Yusuke Hara, Hiroyuki Mayama, Keisuke Morishima,J. Phys. Chem. B,118(9) 2576-2581,2014年02月,学術論文

  448. Atmospheric-operable bioactuator powered by insect muscle packaged with medium,Y. Akiyama, K. Funakoshi, T. Hoshino, K. Iwabuchi, K.Morishima,Lab on a Chip,13(24) 4870-4880,2013年12月,学術論文

このページの先頭へ▲