基本情報

写真b

森原 剛史

MORIHARA Takashi


キーワード

アルツハイマー病

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/psy/www/jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2018年06月30日,医学系研究科,助教,専任

  • 2018年07月01日 ~ 継続中,医学系研究科,寄附講座教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1993年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病研究。具体的には①モデル動物を用いたNSAID、クルクミンやDHAなどによる治療および予防法の開発。②モデル動物を用いたアルツハイマー病理修飾遺伝子の同定。③臨床研究として認知トレーニング。④リスク遺伝子研究。
    精神神経科学関連,医化学関連,医化学関連,薬理学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • In vivo exploration of genetic deletions protective against Alzheimer's disease-like pathology,Kenichi Nagata, Yukio Matsuba, Mika Takahashi, Takashi Morihara and Takaomi C. Saido,第63回日本人類遺伝学会大会 横浜市, 2018.10.13,1,2018年10月,会議報告/口頭発表

  • アルツハイマー病の新規発症メカニズム:Aβを制御するリスク遺伝子と分子パスウエイ,森原剛史、永田健一、Paillard Luc、赤津裕康、橋詰良夫、林紀行、吉山 顕次、池田学,日本認知症学会, 札幌, 2018.10.12-14,1,2018年10月,会議報告/口頭発表

  • アルツハイマー病研究の最前線,森原剛史,千里ライフサイエンスセミナーM3, 大阪, 2018.9.19,1,2018年09月,会議報告/口頭発表

  • アルツハイマー病というcomplex diseaseをどう攻めるか:A mouse-to-human translational research,森原剛史,千里ライフサイエンスセミナーM3, 大阪, 2018.9.19,1,2018年09月,会議報告/口頭発表

  • Heading toward Precision Medicine for Alzheimer's Disease: Abeta modulator gene KLC1,T Morihara,WFSBP Asia Pacific Regional Congress of Biological Psychiatry, 神戸, 2018.9.7-9,1,2018年09月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,100 Papers Selection ANNUAL REPORT OF OSAKA UNIVERSITY-Academic Achievement-/2007-2008,Tagami, S.; Okochi, M.; Yanagida, K.; Ikuta, A.; Fukumori, A.; Matsumoto, N.; Ishizuka-Katsura, Y.; Nakayama, T.; Itoh, N.; Jiang, J.; Nishitomi, K.; Kamino, K.; Morihara, T.; Hashimoto, R.; Tanaka, T.; Kudo, T.; Chiba, S.; Takeda, M.,Osaka University,2009年05月

  • 専門著書,Molecular Neurology of Alzheimer’s disease and Related disease,Greg M Cole, Takashi Morihara, Giselle P. Lim, Frederic Calon, Bruce Teter, Fusheng Yang and Sally A. Frautschy,Karger,2004年12月

  • 専門著書,精神科ケースライブラリー 第7巻「家族性アルツハイマー病」,森原剛史 工藤喬 田中稔久 武田雅俊,中山書店,1998年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座,知って役立つ脳の話,2009年12月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,日本老年医学会近畿地方会,事務局長,2009年12月