基本情報

写真b

森 勇介

MORI Yusuke


キーワード

電気材料工学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7707

FAX番号

06-6879-7708

URL

http://crystal.pwr.eng.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年11月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 電気電子情報工学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年04月30日,工学研究科 電気電子情報工学専攻,准教授,専任

  • 2007年05月01日 ~ 継続中,工学研究科 電気電子情報工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 電気工学科 卒業 1989年03月
大阪大学 工学研究科 電気工学専攻 修了 1991年03月
大阪大学 工学研究科 電気工学専攻 中退 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学工学部助手 1993年04月 ~ 1998年03月
大阪大学大学院工学研究科助手 1998年04月 ~ 1999年04月
大阪大学大学院工学研究科講師 1999年05月 ~ 2000年09月
大阪大学大学院工学研究科助教授 2000年10月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院工学研究科准教授 2007年04月
大阪大学大学院工学研究科教授 2007年05月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ボレート系酸化物結晶、窒化物半導体材料,有機バイオ結晶

所属学会 【 表示 / 非表示

  • レーザー学会

  • 日本結晶成長学会

  • 電気学会

  • 日本応用物理学会

  • 日本知財学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhancement of lateral growth of the GaN crystal with extremely low dislocation density during,M. Hayashi, M. Imanishi, T. Yamada, D. Matsuo, K. Murakami, M. Maruyama, M. Imade, ,Journal of Crystal Growth,Vol.468, pp.827-830,2017年06月,学術論文

  • Increase in the growth rate of GaN crystals by using gaseous methane in the Na flux method,K. Murakami, S. Ogawa, M. Imanishi, M. Imade, M. Maruyama, M. Yoshimura and Y. Mori,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.56, pp.055502-1 - 055502-4,2017年04月,学術論文

  • Effect of flux composition ratio on the coalescence growth of GaN crystals by the Na-flux method,M. Honjo, M. Imanishi, H. Imabayashi, K. Nakamura, K. Murakami, D. Matsuo, M. Maruyama, M. Imade, M. Yoshimura, and Y.e Mori,Optical Materials,Vol.65, pp.38-41,2017年03月,学術論文

  • Development of GaN substrate with a large diameter and small orientation deviation,T. Yoshida, M. Imanishi, T. Kitamura, K. Otaka, M. Imade, M. Shibata, and Y. Mori,Physica Status Solidi B,Vol.254, No.3, pp.1600671/1-4,2017年03月,学術論文

  • Effects of Al additives on growth of GaN polycrystals by the Na flux method,H. Imabayashi, K. Murakami, D. Matsuo, M. Honjo, M. Imanishi, M. Maruyama, M. Imade, M. Yoshimura and Y. Mori,Optical Materials,Vol.65, pp.42-45,2017年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,光学技術の事典,森勇介、吉村政志,朝倉書店,ISBN,978-4-254-21041-5 C3550,2014年08月

  • 専門著書,Nonlinear Optical Borate Crystals,M. Yoshimura, T. Sasaki, and Y. Mori,Wiley-VCH,ISBN,978-3-527-41009-5,2012年04月

  • 専門著書,次世代パワー半導体,森勇介、北岡康夫、川村史郎、今出完、吉村政志、佐々木孝友,株式会社エヌ・ティー・エス,ISBN, 978-4-86043-262-1 ,2009年10月

  • 専門著書,窒化物基板および格子整合基板の成長とデバイス特性,森勇介、北岡康夫、川村史郎、今出完、吉村政志、佐々木孝友,シーエムシー出版,ISBN, 978-4-7813-0133-4,2009年10月

  • 一般著書,コンピューターで薬を創ろう,安達宏昭、井上豪、奥野恭史、片桐豊雅、北島正人、木下誉富、坂田恒昭、佐久間俊広、志水隆一、高田俊和、高野和文、仲西功、福西快文、松村浩由、溝端栄一、南方聖司、水口賢司、村上聡、森勇介,株式会社化学同人,2009年06月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 指定国,非線形光学結晶の製造方法、非線形光学結晶、波長変換光学素子および紫外光照射装置,吉村政志, 森勇介, 佐々木孝友, 北岡康夫, 福島勇児, 溝邉祐介,WO2012/029656(公開),2011年08月

  • 日本,Znがドープされた3B族窒化物結晶、その製法及び電子デバイス,岩井真,東原周平,今井克宏,森勇介,北岡康夫,永井誠二,佐藤峻之,特許5039813(登録),2010年07月,2012年07月

  • 日本,レーザー光発生装置およびレーザー光発生方法,吉村政志,金田有史,森勇介,特開2011-090254(公開),2009年10月

  • 日本,ボレート系結晶の製造方法とレーザー発振装置,佐々木孝友、森勇介、吉村政志、西岡志行、福本悟、松井知代、佐治隆司,特開2009-215167(公開),2009年06月

  • 日本,2H炭化珪素単結晶の製造方法,山崎昌信, 伊藤進朗, 奥田裕之, 今出完, 川村史朗, 北岡康夫, 森勇介,特願2009-116730(出願),2009年05月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第14回山崎貞一賞(材料分野),佐々木孝友, 森勇介, 吉村政志,一般財団法人材料科学技術振興財団,2014年11月

  • 日本結晶成長学会第21回技術賞,森勇介, 吉村政志, 今出完, 丸山美帆子,日本結晶成長学会,2014年11月

  • 第3回大阪大学総長顕彰〔研究部門〕,森勇介,大阪大学,2014年07月

  • 日本学術会議会長賞 半導体製造などで使用される高効率紫外レーザー光源 (CLBO波長変換素子)の実用化,森 勇介,日本学術会議 第11回産学官連携功労者表彰,2013年08月

  • 2012年度日本結晶成長学会賞 第29回論文賞,杉山成、安達宏昭、高野和文、村上聡、井上豪、森勇介、松村浩由,日本結晶成長学会,2012年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • タンパク質の新規結晶化技術を開発,科学新聞,2013年09月

  • 非常識が生んだタンパク質結晶化技術,産経新聞,2008年05月

  • 溶液の結晶化で新手法~攪拌やレーザー照射を駆使~,日刊工業新聞,2007年10月

  • 光・量子ビーム研究拠点の連携加速~文科省、3-4ヶ所整備~,日本経済新聞,2007年10月

  • 異分野の連携‘常識壊す視点、中小にも有効‘,日刊工業新聞,2007年10月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第9回フォトニクス・シンポジウム,拠点での取り組みの紹介,2017年01月

  • 大阪大学未来戦略機構 第六部門(創薬基盤科学研究部門)シンポジウム 「創薬基盤技術と実用化戦略の最先端」,座長,2016年01月

  • 第4回大阪大学COIシンポジウム「潜在力と脳」,パネリスト,2015年10月

  • 大阪大学未来戦略機構国際シンポジウム Opto Osaka 2015,「Crystal Innovation for Photonics Business」,2015年01月

  • 日本物理学会大阪支部公開シンポジウム 「サイエンスからテクノロジーへ−役に立つ物理への出帆−」,「異分野連携で拓く結晶プロジェクトX」  ,2014年12月

全件表示 >>