基本情報

写真b

森 直

MORI Tadashi


キーワード

有機物理化学,不斉有機光化学,キラリティー

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年09月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 応用化学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年05月31日,工学研究科 応用化学専攻,助教,専任

  • 2007年06月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部  卒業 1993年03月
京都大学 理学研究科 化学専攻 修了 1995年03月
京都大学 理学研究科 化学専攻 単位取得満期退学 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 1995年04月 ~ 継続中
日本学術振興会海外特別研究員 1998年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・助手 1998年09月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・助教 2007年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻・准教授 2007年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 有機不斉光反応、キラリティー、電荷移動相互作用、量子化学計算
    構造有機化学および物理有機化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 光化学協会

  • 有機合成化学協会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Diastereoselective Photocycloaddition Reaction of Vinyl Ether Tethered to 1,4-Naphthoquinone,Hiroki Ishikawa, Tim S. Chung, Gaku Fukuhara, Hajime Shigemitsu, Toshiyuki Kida, Thorsten Bach, Tadashi Mori,CHEMPHOTOCHEM,2019, 3, 243-250.,2019年05月,学術論文

  • Diastereoselective photocycloaddition reaction of vinyl ether tethered to 1,4-naphthoquinone,Hiroki Ishikawa, Tim S. Chung, Gaku Fukuhara, Hajime Shigemitsu, Toshiyuki Kida, Thorsten Bach, Tadashi Mori,Chemphotochem,2019, 3, 243–250.,2019年02月,学術論文

  • Symmetry-based rational design for boosting chiroptical responses,森 直,Communications Chemistry,2018年12月,http://orcid.org/0000-0003-3918-0873,その他

  • Solvent and Temperature Effects on Dynamics and Chiroptical Properties of Propeller Chirality and Toroidal Interaction of Hexaarylbenzenes,Tomoyo Kosaka, Satono Iwai, Yoshihisa Inoue, Toshiyuki Moriuchi, Tadashi Mori,The Journal of Physical Chemistry A,2018年09月,http://orcid.org/0000-0003-3918-0873,その他

  • Combined Experimental and Theoretical Study on Circular Dichroism and Circularly Polarized Luminescence of Configurationally Robust D3-Symmetric Triple Pentahelicene,Hiroki Tanaka, Yuka Kato, Michiya Fujiki, Yoshihisa Inoue, Tadashi Mori,The Journal of Physical Chemistry A,2018年09月,http://orcid.org/0000-0003-3918-0873,その他

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 偏光素材の性能向上 非合同の鏡像関係,日刊工業新聞,2018年07月

  • 低温下でのみ機能,化学工業日報,2017年01月

  • 結合力が最強の人工分子、阪大が開発――投薬などに応用,日本経済新聞,2007年12月