基本情報

写真b

森 浩亮

MORI Kohsuke


キーワード

触媒化学、材料化学、光化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7460

FAX番号

06-6879-7460

URL

http://www.mat.eng.osaka-u.ac.jp/msp1/MSP1-HomeJ.htm

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月01日 ~ 2005年11月30日,基礎工学研究科 物質創成専攻,特任助手,専任

  • 2005年12月01日 ~ 2007年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,助教,専任

  • 2009年04月01日 ~ 2011年03月31日,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,講師,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 マテリアル生産科学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 化学工学科 卒業 1999年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻 修了 2000年09月
大阪大学 基礎工学研究科 物質創成専攻 修了 博士(工学) 2003年09月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 2003年04月 ~ 2005年03月
カリフォルニア大学バークレー校博士研究員 2004年03月 ~ 2005年01月
大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻化学工学領域特任助手 2005年04月 ~ 2005年11月
大阪大学工学研究科マテリアル生産科学専攻マテリアル科学コース助手 2005年12月 ~ 2009年03月
大阪大学工学研究科マテリアル生産科学専攻マテリアル科学コース講師 2009年04月 ~ 2011年03月
大阪大学工学研究科マテリアル生産科学専攻マテリアル科学コース准教授 2011年04月 ~ 継続中
京都大学 触媒・電池元素戦略ユニット 拠点准教授(兼任) 2012年10月 ~ 継続中
JSTさきがけ研究者(兼任) 2015年10月 ~ 2019年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノクラスター触媒の設計とグリーンケミストリーへの応用。太陽光で駆動する光機能材料の開発とエネルギー変換反応への利用。複数機能を有する多機能集積型エコ触媒の創成。

    機能物性化学関連,触媒プロセスおよび資源化学プロセス関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 触媒学会

  • 日本化学会

  • 石油学会

  • 金属学会

  • アメリカ化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlled Release of Hydrogen Isotope Compounds and Tunneling Effect in the Heterogeneously-Catalyzed Formic Acid Dehydrogenation,K. Mori, Y. Futamura, S. Masuda, H. Kobayashi, H. Yamashita,Nature Communications,10, 4094,2019年09月,学術論文

  • 化学的水素貯蔵放出を駆動するPdAg合金ナノ粒子触媒,森 浩亮、増田 晋也、山下 弘巳,まてりあ,2020年07月,解説・総説

  • Diesel Soot Combustion over Mn2O3 Catalysts with Different Morphologies: Elucidating the Role of Active Oxygen Species in Soot Combustion,Yasutaka Kuwahara, Genki Kato, Akihiro Fujibayashi, Kohsuke Mori, Hiromi Yamashita,Chemistry - An Asian Journal,15(13) 2005-2014,2020年06月,学術論文

  • 非平衡合金ナノ粒子触媒によるアンモニアボランからの効率的水素生成,増田 晋也、森 浩亮、山下 弘巳,ファインケミカル, 6, 24-31,2020年06月,解説・総説

  • The Additive-Free Aqueous Phase Synthesis of Formic Acid by Direct CO2 Hydrogenation over a PdAg Catalyst on a Hydrophilic N-doped Polymer-Silica Composite Support with High CO2 Affinity,S. Masuda, K. Mori, Y. Kuwahara, C. Louis, H. Yamashita,ACS Applied Energy Materials,3, 5847-5855,2020年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,M. Navlani-García, K. Mori, and H. Yamashita,Colloidal Noble Metal Nanoparticles in Heterogeneous Catalysis: Synthesis and Applications; Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology,American Scientific Publishers,2018年05月

  • 教科書,触媒化学-基礎から応用まで-,田中庸裕, 山下弘巳, 薩摩篤, 町田正人, 宍戸哲也, 神戸宣明, 岩崎孝紀, 江原正博, 森浩亮, 三浦大樹,講談社サイエンティフィク,ISBN,978-4-06-156811-2,2017年11月

  • 専門著書,Nanostructred Photocatalysts: Advanced Functional Materials, Capter26, "Silica-supported Metal complex Photocatalysts”,Kohsuke Mori, Hiromi Yamashita,スプリンガー,2016年06月

  • 専門著書,Nanostructured Photocatalysts:Advanced Functional Materials, Capter29, "Nanometal Loaded Metal-Organic-Framework Photocatalysts",Meicheng Wen, 桒原泰隆, 森浩亮, 山下弘巳,スプリンガー,2016年06月

  • 専門著書,Nanometal loaded metal-organic-framework photocatalysts (Chapter 29 in Nanostructured Photocatalysts, Advanced Functional Materials),Meicheng Wen, Yasutaka Kuwahara, Kohsuke Mori, Hiromi Yamashita,Springer publications,2016年05月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,水素化触媒の製造方法、及び水素キャリア物質の製造方法,森浩亮, 山下弘巳,特願2016-255193(出願),2016年12月

  • 日本,シリカ含有中空粒子およびその製造法、ならびにシリカ含有中空粒子を含む触媒および吸着材,桒原泰隆, 山下弘巳, 森浩亮, 安藤孝浩, 住田裕樹,特願2015-029778(出願),2015年02月

  • 日本, 疎水性ゼオライトの製造法及びその方法で得られた疎水性ゼオライト,山下弘巳、桑原泰隆、森浩亮、亀川孝、松倉実,特許第5504446号(出願),2014年03月

  • 日本,基材の表面に親水性を付与する方法、透光性材料の曇り止め組成物、親水性材料および親水性材料の製造法,山下弘巳、森浩亮、亀川孝、堀内悠、浦治久,特許第5504474号(出願),2014年03月

  • 日本,貴金属微粒子の製造方法,山下弘巳、福康二郎、森浩亮、亀川孝,特願2013-026762(出願),2013年02月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第75 回日本金属学会「功績賞(材料化学部門)」,森浩亮,日本金属学会,2017年03月

  • 平成26年度大阪大学総長奨励賞,森浩亮,大阪大学,2014年07月

  • 平成24触媒学会奨励賞,森浩亮,触媒学会,2013年03月

  • 平成23年度大阪大学功績賞,森浩亮,大阪大学,2011年08月

  • 平成21年度石油学会奨励賞,森浩亮,石油学会,2010年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 輸入に頼っていた高価な重水素を安価な原料から製造,JSTプレスリリース,2019年10月

  • ギ酸と重水を原料とし特殊な重水素を選択的に作り分けることに成功,日本経済新聞,2019年10月

  • 1. ギ酸で水素エネルギー社会を切り拓く – 重水素ガスを作り分ける新たな触媒技術,Academist Journal,2019年11月

  • Nanocatalyst makes heavy work of formic acid,Science Daily,2019年10月

  • 半導体製造に使う「重水素」を安価に 阪大、独自触媒で,朝日新聞,2019年10月

全件表示 >>

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 基材の表面に親水性を付与する 材料とその方法

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 大阪大学 物質・材料科学研究推進機構 講演会 「阪大 物質・材料科学のライジングスター」,「水素輸送のためのギ酸合成/分解触媒の開発」,2017年01月

  • 第97回触媒討論会,4核Pd錯体を前駆体とするPdナノ粒子触媒のサイズ・形状制御,2006年03月

  • 日本化学会第86回春季年会,分子状酸素を用いたアルコール酸化反応における高活性磁性粒子内包Ruハイドロキシアパタイト触媒の開発,2006年03月

  • 日本化学会第86回春季年会,リン酸ジルコニウム固定バナジウム触媒を用いたアダマンタンの酸素酸化反応,2006年03月

  • 日本金属学会2006年春季大会,Pdナノ粒子担持 Ti含有ゼオライト触媒によるフェノールの選択酸化反応,2006年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,触媒学会,触媒学会ナノ構造触媒研究会世話人代表,2020年04月 ~ 継続中

  • 学会,触媒学会,触媒学会触媒誌編集委員,2020年04月 ~ 継続中

  • 学会,近畿化学協会,入門触媒科学セミナー世話人代表,2019年04月 ~ 継続中

  • その他,Elsevier,Applied Catalysis B; Environmental, Editorial Board,2016年04月 ~ 継続中

  • 学会,触媒学会,触媒学会西日本支部企画委員長,2015年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>